人気ブログランキング |
ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

<   2019年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

1人で郡山市内の放射線量を計り続けた元福島県職員の残した手記『毒砂』

小坂正則

d0174710_15165153.jpg

今年の3月11日で福島原発事故から8年。原発事故の『悪夢』はいまだに多くの人々を苦しめている。
東電福島原発事故は「人災」だった。そして、今も放射能はほとんど衰えることもなく事故は続いている。
地震と津波は防ぐことができなかったとしても、もしディーゼル発電機室の扉を防水扉にしていたら津波が襲ってきても発電機は水浸しにはならずに、冷却ポンプは作動して原子炉を冷やし続けられた。もし、駆けつけた電源車のソケットが合っていたら、冷却ポンプは動き爆発事故は免れたかもしれない。
国や東電経営者と、利害関係者の「原発安全神話」と「利益第一主義」が多重防御システムの発想と努力を失わせた結果、事故は起きた。
原発事故後、国と県にマスコミも一緒になって「原発事故は過去の出来事」であるかのように、放射能汚染の実態も甲状腺ガンで苦しむ子どもたちのことも伝えなくなった。そしていま、避難者の帰還と復興を推し進めるために、「風評被害」という名の「戒厳令」が福島を覆っている。
国や県の棄民政策に耐え切れず、その事実を隠し続けるマスコミと、独りでたたかった元福島県職員が残した手記が出版された。
この書籍は非売品です。お読みになりたい方は小坂までお問い合わせください。

故安西宏之さん葛藤の手記 

一冊の本を頂きました。「毒砂」。読みだして最後まで止められませんでした。著者の安西宏之さんは、もと福島県職員。原発事故後の2012年5月に早期辞職され、一人で住んでおられた郡山市内を線量計を持ってくまなく測定して歩き、誰に知られることもなく詳細な線量マップを作られました。そして、多数のマイクロスポットがあること、特に子どもたちが遊ぶ公園等の刷毛ではいたような黒い砂(毒砂)の線量が高いこと等を解明され、原子力資料情報室にデータを託したあと、2017年7月に亡くなられました(享年60)。棄民政策の手駒にされることに耐えきれずに県職を辞職した後、市民運動に加わることはなく、一人で、子どもたちを守ろうとしない国、県、マスコミ等に対する激しい怒りと深い絶望を抱えて生きてこられました。時に能面のように見える公務員の方々の中に、しかしこのような人間としての葛藤があるのだということを胸に刻みました。そして、この方も、福島原発事故の犠牲者であるのは間違いありません。
(井戸謙一弁護士:脱原発弁護団)

d0174710_15171160.jpg

「書評」に代えて私のメモ書き
小坂正則

上の文章を書いたのは2月中旬でした。井戸川謙一弁護士のフェイスブックの文章から、この安西宏之氏の『毒砂』という本のことを知りました。そこで、FB上で井戸川さんの文章に「原子力資料情報室にはまだ書籍が残っているようなので読みたい方は問い合わせて下さい」とありました。すると、その後に誰かの書き込みで「既に原子力資料情報室には在庫はないそうです。ほしい方はたんぽぽ舎にはまだ少し残っているそうなので問い合わせてみて」とあったのです。そこで、私はさっそく「たんぽぽ舎」へ問い合わせたところ、「まだ少し残っていますので、送料だけで送ります」と快く承諾して頂きました。そしてこの原稿を書いた翌日に『つゆくさ通信』を発送したのです。ですから私は『毒砂』を今日やっと読了したのです。私の手元に届いたのは5日ほど前なのですが、仕事が忙しくて、半分だけ読んでそのままにしていました。ところが、『つゆくさ通信』の読者の方から「ぜひ読みたいので送ってください」という手紙を頂いたので、早く読み終えて送らなければならなくなったからです。

「タンポポ舎」へ今から問い合わせても多分もう在庫切れかと思います。 残念ですがどなたかから借りて読んでください。もし借りて読むことができない方は、こちらから郵送して、読んだあと返送してもらえればお貸しすることも可能です。(郵送料215円負担願います)私の持っている1冊はこれから私の周辺の仲間たちによって読み回されることだと思います。この安西さんのことを少しだけ書きます。1957年生まれで、2017年7月に60歳で自室で孤独死をしたそうです。安西さんは2012年まで県庁職員でした。その後2011年3月11日の福島原発事故を迎え、人びとが原発事故の放射能で被爆を強いられているのに、県職員は上からの指示で「何事もなかったかのように」自分の心に偽って県民を裏切るような仕事が嫌になって中途退職したそうです。彼は若い頃学生運動が下火になる寸前のころ、学生運動に参加していたそうです。安西は私さんより4歳下なのですが、彼は東京の大学に1975年に入学したそうですから、1年浪人したのでしょう。ちょうどその頃の学生運動といえば中核派と革マル派の「内ゲバ」が繰り広げられていた時代でした。彼は運悪く2つのセクトの友人がいて、一方の方からスパイ呼ばわりされたそうです。
それでも三里塚闘争(成田空港反対運動)もまだ闘われていました。成田空港の前にそびえ立っていた岩山大鉄塔が撤去されたのが1977年ですから、彼が大学2年生の頃です。少数ながら中核派や革マル派とは関係のない学生たちは、矛盾が噴出した70年代という時代を、ベトナム戦争や水俣病に三里塚闘争などに共感して政府や大企業の強圧的な政治に抗議の声を上げていたのです。
彼は大学に入って、マルクスの書物を読んで感銘したと書いています。私も大学1年に入学と同時に新聞部に入部して、そこでマルクス・エンゲルスの書いた小冊子『共産党宣言』を読んでくるように先輩から告げられて、10回くらい読んだ記憶があります。それは向坂逸郎というマルクス経済学者が「マルクスの資本論は労働者であれば誰でも理解できる」とか「マルクスの書物は難しいと言う人がいるが100回読めば分かる」と先輩が話していた記憶があるのですが、果たしてそれが事実かどうかは確証はありません。
そう言えば、私と安西さんとの共通点がもう2つありました。それは互いに元公務員だったことと、早期退職したということです。私は郵便局員でしたので、すでに辞めた時は国営事業が民営化されていたので厳密に言えば公務員ではありませんが。ただ、元公務員の私の仕事は県庁職員のような県民と対峙するようなことはありませんでした。でも自分を押し殺して仕事をすることはいつものことでした。まあ、サラリーマンは「自分を押し殺して」働くことは当たり前のことでしょう。私は偶然にも2011年3月いっぱいで早期退職しました。安西さんはその翌年に退職したのです。私は第二の人生を自らが立ち上げたNPOの専従職員として好き勝手に生きる道を選んだのですが、彼は絶望的な思いで退職したのですから、その精神的な重圧は計り知れないものだっただろうと察します。

そんな彼が県庁に就職して311のよく年に県庁を辞めて、酒に溺れていた頃、病院の先生から「このままの自堕落の生活を送っていたらすぐ死んでしまうぞ。何か運動でもしなさい」と脅されてふと気づいたそうなのです。運動になりなおかつ有意義なものがあると、それが郡山市中の放射能汚染図を作ることだったのです。2015年5月から8月までの3ヵ間、一人でセッセと郡山市中を500メートルのマス目を作って,空間線量を測って地図に落とし込んでいったのです。その中で、公園の脇や道路の端などに黒い砂か苔のような場所に放射能のホットスポットが市内全域にたくさんあることに気づいたのです。それを彼は今本のタイトルである『毒砂』と名付けるのです。彼はこの本を2017年5月に書き上げています。そしてこの資料をどのように公開するかで苦しむのです。なぜかというと「このデータを公表することで多くの人びとは混乱したり不安になったりするだろうけど、それに対する対処法を私は持っていないではないか」と自問するのです。「しかし、公表しなくて、このまま何事もなかったかのように沈黙すれば、国や県のように人びとの安全や安心をないがしろにして「復興」や「風評被害」と言う勢力に荷担することになってしまうではないか」と。
その結果取った行動が「原子力情報室」へ委託するという方法だったのです。それから2月後に彼は亡くなってしまうのです。まるで、彼の全生命力を絞り出して果たした「仕事」を完成させたことに安心して、ろうそくの火が消えていったかのようにです。
後書きに原子力情報室の共同代表の山口幸夫さんが書いていますが、2017年9月に安西さんのお姉様から手紙を頂いたそうです。そこで初めて安西さんが亡くなったことを知り、お姉様の希望で今回の書籍が自費出版となったのです。彼はその前にも小説を書いているそうです。『炎の独り言』というタイトルです。『毒砂』の中で、次の小説を書こうか悩んでいるとも書いていました。次作は実現出来なかったのでしょうが、『炎の独り言』を読んでみたいです。
安西宏之さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

by nonukes | 2019-03-10 15:18 | 福島原発事故 | Comments(0)

「24時間営業」を見直すまで私はセブンで買い物をしません



セブンイレブンは日本の食文化の多様性も働くオーナーの権利も認めない独裁企業だ
小坂正則



d0174710_11255267.jpg

d0174710_11300971.png

頑張れセブン・オーナーさん本部に負けるな

今年2月21日の朝日新聞に「セブンイレブン「24時間営業限界」FC店と本部対立」という記事が出ていました。内容は「東大阪市の「セブンイレブン東大阪南上小阪店」が、今月から未明の営業を取りやめた。アルバイトが足りなくなったためだ。だが、セブン―イレブン・ジャパンの本部は、「24時間営業が原則だ」として営業時間の短縮を認めておらず、対立している。」そして「セブン本部は営業時間の変更は認めていないが、オーナーのオーナーの松本実敏さん(57)は、24時間営業を維持するためアルバイトの時給を上げて募集したが人員は集まらず午前1時から6時まで店を閉めた」というものです。それに対してセブン本部は一方的に「営業時間を戻さない場合はFC契約を解除すると連絡。その場合、1700万円の違約金が発生する」と告げたとありました。
そして「松本さんは「人が足らず(店が)回らない。時給を上げるのも限界がある。このまま24時間営業を続ければ、私が倒れるしかない状態だった」と話す。人件費はオーナー負担で「夜に店を開けても赤字になるだけ」と話しています。(ここまで要約による引用)

コンビニオーナーは現代版奴隷制度

このコンビニのことが大きくマスコミに取り上げられるきっかけとなったのが、1月19日「弁護士ドットコム」による「「過労死寸前」で時短営業…「契約解除」「1700万支払い」迫られる」の記事からです。この記事によると、「松本さんは2018年5月にがんで妻を亡くした。妻は毎日店舗で働いていて、亡くなる1カ月半前でも、4時間ほど勤務していたという。それほど店は忙しかった。」と言います。また、「松本さんは、喪失感を抱えたまま、2人分働いていたがついに限界を感じるようになった。時短となった今も朝5時~夕方6時まで13時間ほど働く。24時間営業なら16時間は働かないと店が回らないという。妻の死後8カ月ほどで完全に休んだ日は片手で足りる。」と言うのです。「「妻が亡くなる1カ月ほど前に、本部の人が1週間ほどシフトに入ってくれました。本当にありがたかったです。おかげで、東京の大学に通う息子に会いに行けました。妻はずっと、息子がどんな風に一人暮らしをしているか見たがっていたんです。ただ、葬儀のときを除き、これ以上のサポートは受けられなかった。最後の数週間は、一時的に帰省した息子にも手伝ってもらい、店と病室を往復する生活を続けた。」また、「松本さんは2~3年前、業者に8万円ほど払って、パート募集の広告を数週間出したことがある。しかし、面接に来たのは高齢者の女性1人だけで「大変そう」と辞退された。それほどスタッフを集めるのは難しくなっているという。」(ここまで引用)そんな過酷な労働が続いていたのです。
このような過酷な労働が続くことの原因がコンビニ「24時間営業」の掟にあるのです。ところがコンビニオーナーは事業主なので労働組合のような団他交渉を本部は認めていません。実際にはオーナー有志によって「コンビニ加盟店ユニオン」という組合が組織されて本部へ団体交渉要求を突きつけているのですが、ほとんどの大手コンビニ本部は交渉に応じていないそうです。

コンビニ・オーナーに何の決定権もない

セブンイレブン本部は、深夜でも店を開ける理由として、「いつでも開いているという利用者の意識が昼間の顧客来店につながる」と言うのです。実際には全国で5万店舗以上とコンビニが増えて通りを挟んで向かい合うようにコンビニがあって、そんな効果があるという科学的な根拠も証明されていません。それに深夜におにぎり1個が売れれば本部はそのロイヤリティーを受け取ることができるのですが、オーナーはおにぎり1個の本部手数料と原価分をおにぎり100円から引いた利益が10円から20円とかが入るだけなのです。しかし、オーナーは深夜のアルバイト賃金と電気代などが差し引かれると深夜営業は大幅な赤字となるのです。ただ、いくらオーナーが赤字になっても、本部はおにぎり1個売れれば本部手数が入るから「深夜営業をやめたい」とは一向に思わないのです。また、本部とオーナーは対等の関係ではありません。全ては本部が提示した契約書にサインしなければオーナーにはなれませんし、指示書の通りにオーナーは従う義務を課せられているのです。そこには個別のオーナーの希望を受け入れる余地は一切ないのです。ですから一人で裁判に訴えて闘っても莫大な時間と金がかかり、一方的に本部から契約解除されて、商品が届けられなくなるのでお店は廃業するしかありません。裁判で闘うということは店をやめることを覚悟しなければできないのです。このようなコンビニ・オーナーと本部との関係は「現代の奴隷とご主人様」の関係以外の何ものでもありません。

24時間営業が見直される中でコンビニだけが頑なに拒否する理由

ファミリーレストランなどは24時間営業を次々に見直しています。それは費用対効果が薄いからです。ファミリーレストランの競合店が各地にできて、深夜のお客が減っていることと、アルバイト従業員の確保が難しくなったこともあります。しかしコンビニとファミレスの大きな違いはファミレスは直営店が多く、本部は売り上げと賃金などの相対費がリアルに影響するので、深夜営業をやめる動機付けになるのですが、コンビニは個人営業のフランチャイズが多くて、大半のコンビニは本部がアルバイトの賃金を払っていないために、本部は経済的な影響を感じることがないのです。
日本は人口減少で働く若者が減っているのです。その影響でアルバイトの賃金も上がっています。ですから、アルバイト確保が実に難しくて、昼間でもオーナーや家族総出でクタクタになるまで働いているのが現状なのです。政府は「働き方改革」を訴えていますし、環境問題も問われる世の中になっているのに、客もいない深夜に煌々と電気をつけて店を開ける意味は「エネルギーの無駄遣い」と「労働力の無駄遣い」以外の何ものでもありません。

24時間営業を見直すまでセブンイレブンで買い物はしません

こんなセブンイレブン本部の一方的で傲慢な本部指導と「24時間営業」を見直す考えのない石頭の経営者の考えを変えさせるためにはオーナー1人だけのたたかいでは解決しないでしょう。おまけにファミリーマートはすでに24時間営業を見直しています。ローソンも見直しを検討しているそうです。ただ、何と言っても最大手のセブンイレブンが24時間営業を見直さなければ2番手3番手は積極的には見直しに着手はできないでしょう。その間にセブンがどんどん進出して自店の周りに出店してきたら大変だという恐怖心があるからです。ここは何としても働くオーナーさんの健康や「働き方改革」を実践させるために「オーナーの自由意志で24時間営業をやめられる」という確約が取れるまで「セブンイレブン不買」を私は取り組みます。多くの消費者のみなさんも、私と一緒に不買運動を行いましょう。
私はそもそもコンビニエンス・ストアーが異常に増えたことに反対です。なぜならそれぞれの街の個性や特色が失われてしまい、日本中の商店街が個性のない同じ顔になってしまうからです。街や村にはそれぞれの個性があった方が楽しいではないですか。多様性のある街や文化の方が逆境に強いのです。単一の種がはびこるとちょっとした外敵に襲われたり災害に遭っただけで一気に壊れてしまうのです。ですからいろんな商店が軒を連ねた街が一番災害にも大手の郊外型ショッピングモールにも立ち向かえると思うのです。
でも、これだけコンビニが増えたのですから、無視できる状態ではありません。せめて、そこで働く5万家族のオーナーのみなさんが楽しく生きがいのある経営ができるように私たち消費者が支えてあげようではありませんか。
私はセブン本部が「24時間営業」を見直して、オーナーさんの希望が叶うような対等で民主的なFC制度に改善されたら、また挽き立ての美味しいコーヒーを買いにセブンイレブンに足を運ぶことをセブン・イレブのオーナーさんに約束いたします。もちろんローソンもファミマのオーナーさんも頑張ってください。





by nonukes | 2019-03-07 11:30 | 小坂農園 薪ストーブ物語 | Comments(0)