ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

鳥越を知事にしないと小池で東京は桝添以上にめちゃくちゃになってしまう

鳥越を知事にしないと小池で東京は桝添以上にめちゃくちゃになってしまう
小坂正則
d0174710_1253224.jpg



https://youtu.be/uzTdxE1vU74

東京都知事選挙いよいよ終盤です。残すところ今日を入れて3日しかありません。確かに小池の勢いはすさまじいです。街宣に集まる有権者は年齢層も満遍なく、一方鳥越さんの支持者は高齢者が多いと、私の友人の報告です。
小池は安倍と同じ超右翼の「日本会議」の幹部です。核武装さえ必要と発言しています。こんな知事が誕生したらますます日本は戦争する国になってしまいます。非核平和都市宣言を約束し、東京周辺250キロの原発の停止を要求するという鳥越さん以外に誰が東京を平和都市にできる人がいるでしょうか。皆さん、支持政党なしの40%の有権者に声を届けるには明日と明後日の2日で大きく流れが変わることもあるのです。東京周辺鳥越さんを支持する皆さんの頑張りにかかっています。九州の片田舎で何もできない私をお許しください。私は東京の友人知人に電話やメールで鳥越を応援してくれと呼びかけています。
あなたが鳥越に投票するだけではだめなのです。東京都民のあなたがもう1票も2票も増やす活動が必要なのです。今夜、明日、明後日のラストスパートの街頭演説に家族そろって参加してください。そして東京以外の方は東京の友人・知人に鳥越を当選させてと電話メール、ライン、SNSで呼びかけてください。最後まで諦めずに頑張りましょう!

このままではこの国は戦前以上の恐怖政治国家に墜ちてしまう

サンケイや文春に新潮など安倍の広報宣伝メディアはまるで戦前の大本営のような勢いで鳥越つぶしのデマ宣伝を繰り広げています。ネトウヨ(実は官邸御用達の官制SNS)もひどい鳥越バッシングをネット上で行っています。それに輪をかけて、御用タレントの東国原や虚言癖と元高校の担任に言われた橋下徹なども鳥越バッシングに夢中です。
このまま、鳥越さんへのバッシングを許していたら、それこそこの国はこんな連中が国家を支配する戦前以上の恐怖政治がまかり通る国になってしまいます。ネトウヨや御用マスコミを上回る反撃を電話でSNSで口コミで直接フェイスtoフェイスで広げよう!

d0174710_12555740.jpg

みなさま、川崎の西村です。(拡散希望)

昨日、鳥越さんの事務所に行って、電話かけをしてきました。市民ボランティアの電話のブースは、50くらいはあったようですが、ほぼ満杯で、みなさん、熱心に電話かけをしていらっしゃいました。

事務所で知人に出会って、こんな話で盛り上がりました。

7月26日の日刊ゲンダイに「小池百合子だけは絶対にダメだ」と一面見出しにあります。記事には、
「(小池の)本性は「超」が付くタカ派政治家だ。過去の侵略戦争を否定し、改憲を推進する国内最大の右翼組織「日本会議」。その「国会議員懇談会」の副幹事長や副会長を小池は歴任してきた」
「戦後教育を「自虐的」とする一方的な攻撃が評価され、小池は今回の選挙で「新しい歴史教科書をつくる会」の支持を受けている。小池も「つくる会」の運動を支持しており、当選すれば「タカ派」の影響が教育現場に出るに違いない」
とあります。

そうなんです! 小池百合子だけは絶対落とさなくちゃあいけない「超」タカ派なんです。

それに、鳥越さんは都政の政策が弱いと言われてきましたが、日々、進化しています。


例えば、羽鳥モーニングショーの政策論争において。
震災対策について。小池氏は「電柱の地下化」。鳥越氏は「住宅の耐震化」。小池氏は勉強しているように見えますが。まず命を守ることを第一に考えると、耐震化を進めることが第一と玉川さんが言っていました。
また、東京都をどうしたいかについて(本日の放送)。小池氏は「アニメや切り子などをうまく配置して外国人に来てもらう」。増田氏は「羽田の24時間利用」(住民の生活をどう考えているんだ)に対して鳥越氏は、「非核都市宣言」を打ち出しています。平和や憲法が都政とどう結びつくのかと言われましたが、これで、都民(ひいては私たちの)の安全と密接につながっていることが明らかにされました。

いま鳥越さんが弱いのは、街宣ではないかと思います。街宣に行った人の話では、ほぼお年寄りで、それも組織の動員に見えて、引いてしまったとのこと。
やっぱり、市民が詰めかけて、鳥越さんに期待している!!というメッセージを送らないと、野党共闘も輝きません。

みなさん、家族連れで、若い人たちは夏休みの子どものも連れて、街宣に行きましょう!!
そのとき、小池に対抗して、青いものを思い思い身に付けるというのはどうでしょうか!!



鳥越氏が猛口撃!小池氏、増田氏、安倍首相バッサリ
日刊スポーツ 7月28日(木)
d0174710_12523653.jpg

鳥越氏が猛口撃!小池氏、増田氏、安倍首相バッサリ
練馬駅北口の街頭演説で、上野千鶴子氏(右)に「カワゴエさん」と言われても、めげずに両手を振る鳥越俊太郎氏(中央)(写真・村上幸将)
 東京都知事選(31日投開票)に出馬したジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)が27日、東京・練馬駅北口で街頭演説を行った。

新宿駅南口の街頭演説では、選挙戦を戦う元防衛相の小池百合子氏(64)を“ある女の候補”と呼び、かって日本の核武装を外交上、軍事上、容認した発言をしたとして痛烈に批判したが、練馬駅北口では「名前を言います。小池候補」と名指しで批判した。

鳥越氏は新宿駅南口で、「ある女の候補は、ある雑誌の対談で『日本は外交上、軍事上、核武装という選択肢はあり得るでしょう』と言ってるんですよ!! そんな人が東京都知事になって、どうするんですか? あり得ないでしょう!!」などと批判した。練馬駅北口では「『核武装というのが十分にあり得る』と言った。核と核武装に賛成…こんな人を都知事にしていいんでしょうか?」と訴えた。

さらに自民党公認の増田寛也氏(64)も名指しし、公示日直前まで東京電力社外取締役だったことを引き合いに、厳しく批判。「もう1人の…増田さんという人は、選挙戦直前まで東電の社外取締役だった。そんな人に原発を止めることができますか!!」とバッサリ切り捨てた。

安倍晋三首相(61)についても「安倍総理は五輪招致の時、世界に向かって『(福島の原発は)アンダーコントロール』と言った。今でもコントロールできていない。安倍総理は世界をだました。こんな総理を許せますか?」と批判した。その上で京都から250キロ圏にある福島第1、2原発、茨城県の東海第2原発、新潟県の柏崎刈羽原発、静岡県の浜岡原発の停止、廃炉するよう、電力会社に申し入れると繰り返し約束した。

練馬駅北口には、民進党の辻元清美衆院議員、東大名誉教授の上野千鶴子氏、永田浩三武蔵大教授らが応援に駆けつけた。上野氏が「カワゴエさん」と言い間違え、鳥越氏が両手で顔を覆い、失笑する一幕もあった。



https://youtu.be/T7pUrm0sgPE
by nonukes | 2016-07-28 12:56 | 脱原発選挙 | Comments(0)

  小坂正則