ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

東京都知事選は小泉・細川両氏のいのちをかけた脱原発選挙だ

d0174710_1085683.jpg

東京都知事選は小泉・細川両氏のいのちをかけた脱原発選挙だ小坂正則

昨日の細川氏と小泉氏の記者会見が全国のお茶の間に流れました。今朝の新聞の1面から3面までが細川・小泉会見で埋まっています。細川氏の決意もさることながら特に小泉氏の目は本気でした。この男は自分や金などの「損得」のない人間です。だから小泉節に観客はいい意味でも悪い意味でも心を奪われるのです。これまでの小泉氏の様々な悪行や細川氏の佐川急便からの借入1億円問題などというスネに古傷はありますが、(その問題は記者会見で説明するでしょう)そんなことよりも、この日本をどの方向に進めるのかという大きな岐路に立っているたたかいなのです。だからこそ、小泉氏には今度こそ本当に自民党をぶっ潰してほしいのです。
元総理経験者が都知事選に出ることや自民党の元総理が自民党と真っ向勝負してケンカを売るなどは常識では考えられないことです。だからこそ、その本気度を私も強く感じ取ったのです。ここはお2入の人生最後のいのちをかけた闘いに私たちも応援しようではありませんか。以下は小泉・細川氏と親しい田中秀征氏のブログです。



【田中秀征 政権ウォッチ】都知事選は原発の是非を問う選挙になった!

14日正午、細川護煕、小泉純一郎両元首相が会談。ここで細川氏は都知事選への出馬の決意を伝え、小泉氏の支援を要請。小泉氏はその決意を歓迎し、全面的な支援を約束した。
両氏は会談後、報道機関の質問に答えて会談内容を明らかにした。細川氏は出馬の決意を公に表明し、小泉氏は全面的支援の意向を明言した。
これによって、23日に告示される東京都知事選挙が、国政の課題、特に原発の是非を最大の争点にして争われることが確定的となった。

細川氏が都知事選出馬を決め小泉氏が支援を決めた最大の理由

細川氏は都知事選立候補の最大の理由を問われてこう述べた。
「今の日本のさまざまな問題、特に原発などについて、非常に私なりに国の存亡に関わる問題だという危機感を持っているからだ」
要するに、細川氏は原発問題を「国の存亡に関わる問題」と規定し、知事選の最大の争点とする認識を明らかにした。

 これに対して小泉氏はこの都知事選の性格をいかにも小泉流で明確に規定した。

「(この都知事選挙は)『原発ゼロでも日本は発展できる』というグループと、『原発なくして日本は発展できない』というグループの争いだ。私は『原発ゼロで日本は発展できる』という考えに立っている。それが私の細川さんを応援する最大の理由だ」
すなわち小泉氏は、この都知事選が原発の是非を問う選挙になると断定しているのだ。
約7割が「原発の在り方争点化」に賛成もはや是非を問うことは避けられない
これに対して安部晋三首相は外遊先のモザンビークで記者団にこう語った。
「エネルギー政策は東京都だけでなく、国民みんなの課題だ。都知事としての課題もバランスよく議論されるべきだ」
これは日本時間13日未明の発言である。14日の両元首相の会談を強く意識し、それを牽制する狙いと受け取られる。

安部首相は、原発の是非が、都知事選の突出した争点となることを恐れているのだろう。

しかし、この首相発言も逆に原発問題の争点化に拍車をかけている。
12日と13日に実施されたANNの世論調査によると、都知事選で「原子力発電の在り方」が争点になってもよいとした人が、何とほぼ7割に達した。もはや争点化を回避できないどころか、それに異論を唱える人は「議論を封じて原発を推進する人」と見なされかねない状況となった。

細川出馬、小泉支援が明確になった今は、一段とその傾向は強まっているに違いない。

この上、都知事選の第一声で両者がマイクを握れば、この選挙が原発の是非を問う実質的な都民投票になることが避けられなくなった。「何となく再稼働」はもうあり得ないのだ。
一体、政府が「エネルギー基本計画」案で、原発を「基盤となる重要なベース電源」と規定している以上、都の経済や生活、あるいはオリンピックを議論するには、その基盤の是非を問うのは当然のこと。都政の課題を問う議論を相撲に例えれば、どんな相撲をとるかという以前にその土俵をどうするかという問題であろう。
この際、原発推進派は堂々とこの争点化を受け入れ、原発の必要性を掲げて都知事選に臨む他はない。

細川、小泉両氏の「本気」を覆すことのできる人はいない

細川、小泉両氏には、原発を容認してきた「世代の責任」への痛切な思いがある。単に1人の世代人としてではなく、トップの政治指導者として容認、推進してきた反省と後悔を共有している。その深さは同じく「世代の責任」を感じる私などとは比べものにならないだろう。
2人をよく知る私から見て、捨て身の決意で“最後の仕事”に挑む彼らの「本気」を覆すことのできる人がいるはずはない。
Commented by gonntan at 2014-01-15 16:15 x
23日の日田での脱原発学習会、私も参加申込をしています。お話が楽しみです。お待ちしています。
Commented by nonukes at 2014-01-15 18:45
ありがとうございます。こちらこそよろしくお願いいたします。
by nonukes | 2014-01-15 10:09 | 脱原発選挙 | Comments(2)

  小坂正則