人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

戦後最悪の法律「秘密保護法」の委員会決議を強行採決した自民・公明・みんなは歴史に残る暴挙だ

戦後最悪の法律「秘密保護法」の委員会決議を強行採決した自民・公明・みんなは歴史に残る暴挙だ_d0174710_1355323.jpg

採決が始まり、衆院国家安全保障特別委員会で委員長席に詰め寄る野党議員。左奥は森雅子特定秘密保護法案担当相=国会内で2013年11月26日午前11時13分


戦後最悪の法律「秘密保護法」の委員会決議を強行採決した自民・公明・みんなは歴史に残る暴挙だ
小坂正則

けさのNHK国会中継を見ていた私は、安倍首相が「特定秘密保護法案」の特別委員会での質疑が終わって、退席したと同時に国会中継が終わったのですが、その中継がフェードアウトするほんの一瞬に、議長席に集まる国会議員の姿が映りました。何があったのかと私は思ったのですが、それが委員会の終了を議長が提案したのでしょう。そこで各党の代表者が議長席に集まったのでしょう。つまり、首相の目の前で強行採決したら安倍の顔に泥を塗ることになるから、安倍を退席させた後に強行採決を行おうという魂胆だったのです。それなら何でNHKは安倍が退席したと同時に中継をやめてしまったのだろうか。一番大事な国会中継を国民の目から隠す手助けをNHKはやってのけたのです。NHKのディレクターがそんな国会の駆け引きを知らなかったなどということはないでしょう。全てはシナリオ通りにことは進められているのですから。やはり国営放送は最後には政府のいいなりになるのか。
でもまだ諦めるわけにはいかない。衆院本会議での抵抗と、参議院での抵抗など、国会の中でもできることはあるし、国民の怒りの声を大きく政府や自民党に突きつけることが重要なのでしょう。
でも、自民の安倍首相やそれに裏切り者の「みんな」などは絶対に許せない。原発反対などリップサービスで、土壇場で裏切る維新や「みんな」の渡辺代表などは放射性廃棄物以下だ。


=



密保護法案:衆院特別委で可決 与党が緊急動議で強行毎日新聞 2013年11月26日 


国家機密を漏えいした公務員らに厳罰を科す特定秘密保護法案は26日午前、衆院国家安全保障特別委員会で、自民、公明両党とみんなの党の賛成多数で可決された。安倍晋三首相が出席し、3党と日本維新の会の計4党による修正案の審議を行った後、与党が質疑を打ち切る緊急動議を提出して採決を強行。民主党など野党の反対を押し切った。慎重審議を求めていた維新は委員会採決を退席した。さらに与党は特別委理事会で修正案を衆院本会議へ緊急上程することを決定。同日中に衆院通過させる方針だ。
 安倍首相は委員会審議で「早期に法案が成立するよう努力する」と述べ、今国会成立への意欲を強調。一方、維新などが求めた特定秘密指定の妥当性をチェックする第三者機関の設置については「法案成立後に内閣官房に準備室を設置し、必要な検討を始める。その検討結果を踏まえ、具体的な措置を講じる。私は設置すべきだと考えている」と述べた。維新は第三者機関の詳細を政府側が説明するよう求めていたが、首相は「有識者の意見を聞き、米国の組織も参考にしたい」などと語るにとどめた。
 25日の福島市の地方公聴会で、意見を述べた有識者7人全員が慎重審議や法案への反対を表明したことに対しては、安倍首相は「さまざまな意見が出たということだ」と論評を避けた。また政府が現在保有している40万件超の「特別管理秘密」について「9割は日本の情報収集衛星の写真で、さらに暗号が相当な数だ。特定秘密は(さらに)対象を限定する」と説明した。
 与党は委員会審議に先立つ26日朝の同特別委理事会で、委員会採決と同日午後の衆院本会議への緊急上程を提案。採決に賛成していたみんなの党を除き、慎重審議や廃案を求める民主党、維新など野党各党は反対した。
 与党側は、この日の特別委の審議が全国にテレビ中継されていることを考慮。「首相がいる場で採決を強行する姿を国民に見せてはまずい」(自民党関係者)とみて、質疑を終えて首相が退席した後のタイミングで採決に踏み切った。民主党などは額賀福志郎特別委員長の席に詰め寄って抗議したが、額賀氏は審議を打ち切り、起立による採決を強行した。
by nonukes | 2013-11-26 14:11 | その他 | Comments(0)

  小坂正則

by nonukes