ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

北九州のガレキ試験消却は許せない!明日みんなで北九州市へ

d0174710_10341918.jpg
d0174710_10344435.jpg

d0174710_1036064.jpg


石巻がれき、北九州市へ搬出 西日本初の試験焼却へ河北新報社5月20日

東日本大震災で発生した宮城県石巻市のがれき受け入れを検討している北九州市に向け、同市で試験焼却されるがれきの搬出作業が19日、石巻市雲雀野町の中間処理施設で行われた。石巻市の可燃性がれきが県外で焼却されるのは初めて。トラックで搬送し、22日に約1400キロ離れた北九州市に到着する予定。
 搬出されたのは、30センチ以下に砕いた木くずなどの可燃性がれき約80トン。作業は午前9時すぎに始まり、がれきの入った袋約140個がクレーン車で28台の10トントラックに一つずつ積み込まれた。
 がれきは23日から3日間、北九州市のごみ焼却施設の新門司工場(門司区)で約48トン、日明工場(小倉北区)で約32トンを試験焼却される。市は焼却炉や焼却灰の放射性物質などの濃度を測定し、公表する。西日本でがれきが試験焼却されるのは初めて。北九州市の渡部誠司環境広報担当課長は「さまざまなデータを集め、放射能などの安全性を確認したい」と話した。受け入れの可否は6月中にも決める見通し。


瓦礫問題検討会21日(月)12:30〜 検討会の終了後は皆で市役所前での抗議活動!

みんなで北九州市のガレキ受け入れに反対しよう!

大分を9時に出発します。参加希望者は小坂まで090-1348-0373
宇佐を10時に出発します。武本まで080-3941-3356

時間的にも法的にも 打つ手がないようです。もう市民の実直な思いを胸に市役所の前で少しでも多くの市民が抗議活動をするしかないようです。主催者によると具体的には1000人以上の人間で座り込みをすれば何らかの効果が考えられるかもしれないとのことです。
もう瓦礫が入ってくる前の最後の抗議活動になります。これからあとの活動は瓦礫搬入後の活動になります。北九州に福島以来のセシウムが届いていない状態はこのままではあと2日間です。23日に瓦礫焼却実験が始まります
もし北九州に行くの交通手段がない方は宇佐からですがタケモト(携帯080-3941-3356)が車で一緒に行けますよろしくお願いします

瓦礫問題検討会21日(月)12:30〜
北九州国際会議場 22会議室(JR小倉駅 新幹線口から徒歩5分)
★参加無料・予約不要 是非起こしください★

〜山本太郎 被災地の現状を語る!〜
”今 九州にできること”
被災地をどう支援していくのか
参加者で今後震災がれき問題をどう考え、どう行動していくかを検討します。

..................
12:30 記者会見
      北九州市民(農水産業者含む)・近隣自治体市民
      識者:青木泰(環境ジャーナリスト)
         木下黄太(放射能防御プロジェクト)
         山本太郎(タレント)
         豊島耕一(佐賀大学教授)他
13:00 第1部 第1回市民検討会
14:30 第2部 市民による座談会の予定でしたが 検討会の終了後は市役所前での抗議活動に変更されました
..................
Commented by 佐伯の人間 at 2012-05-20 11:45 x
小坂さん 明日も大変かと思いますが、頑張ってください。
さて、法的にはなんかいろありそうですが、裁判所が仮処分を求めるとは今の段階では厳しいから、やはり世論に訴えるしかないでしょう。
こういう受動喫煙訴訟があってました。
http://nosmoking.jpn.org/park/
取下げではあるけど、実質的な成果を出しています。
政府自治体は空間線量しか持ち出しませんが、内部被ばくに直結するホットパーティクルに言及しません。
たばこの発がん性物質と似たようなものです。
広域がれき受け入れは、ホットパーティクル吸引確率の上昇につながるから、行政は積極的にこれを予防しなかればいけない。
原爆症認定訴訟では、ホットパーティクル理論を認定する傾向にあります。
Commented by 佐伯の人間 at 2012-05-20 11:46 x
おっと原爆症認定訴訟の記事はこちら
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/5a963b1be713f7abc1fab0370f336e69
ちょっとホットパーティクルはわかりにくいですが。
by nonukes | 2012-05-20 10:39 | 放射能で汚染した震災ガレキ | Comments(2)