ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

眞部九電社長あてに感謝状を持って行きました

d0174710_17292682.jpg


d0174710_17321488.jpg

d0174710_17374634.jpg

d0174710_17325048.jpg

子どもたちの思いが伝わったでしょうか

今日12月26日午前0時から九州は原発ゼロの電気です。私たちは九電大分支店へ感謝の意を込めて感謝状や思いを書いた手紙などを渡しに行って来ました。参加した人数は大人4名と子ども3人でしたが、行けなかった人の分も含めて7人の思いを渡してきました。(1通を渡し忘れていましたのでファックスで本社へ送りました。全部で8通です)皆さんそれぞれの思いを伝えてきました。文章は下記の通りです。ところが、その数時間前に眞部社長さんは辞任の意向を記者会見で話したそうです。せっかく私たちが「社長を辞めずにこのまま頑張ってください」と、激励しに行ったのに残念です。でも、眞部さんが辞めたから全ては片付いて、止まってる原発を再稼働させたいというのはいかがなものでしょうか。やらせメール問題の再解答もせずに、古川佐賀県知事の責任も曖昧にして「眞部社長が辞めたからいいだろう」とは、そうは問屋がおろしません。責任をまず取るのは古川佐賀県知事です。辞めるならまず古川が先に辞めなければなりません。その後に眞部さんが辞めればいいのです。それにもっとガンが居残っています。九電を我が物顔で牛耳っている松尾会長こそ全責任を取って真っ先に辞めなければならないのです。

「原発の再稼働させない」これからが私たちの闘いの本番です

九電はこれで全ての問題が解決したつもりでしょう。国も落としどころを探っているようですから、松尾会長が辞めるくらいで、振り上げた拳もおろすかもしれません。そこでまた、九電が再稼働のトップを切って走り出すかもしれません。しかし、これからは「私たちが絶対に再稼働を認めない」という強い意志をどこまで続けられるかです。そして、福岡や長崎など周辺首長などの力が試されます。年明けから原発再稼働の正念場でしょう。
再稼働をさせないための特効薬はありません。私たちのできる限りのことを粘り強く、諦めることなく、やり続けるだけです。そうすればきっと光が見えてくるかもしれません。そう信じてこれから、こんなにすばらしい脱原発のエネルギー社会を続けようではありませんか。

感謝状その①


全ての原発をとめてくれたことへの感謝状

九州電力 眞部利應社長殿

 あなたは昨日の玄海原発4号機を停止したことで、私たちの「いつ福島原発のようなメルトダウン事故が九州で起きるかもしれない」という不安をほんの少しだけ解消してくれました。止めていただいた判断が間違っていなかったことはいずれ九州を襲うといわれている東南海・南海地震などの巨大地震が来たときには、その判断が正しかったことが証明されるでしょう。これで私たちは安心して暮らすことができます。
 でも、また再稼働などを考えているのでしたら、それはやめてください。噂によるとあなたは今日社長を辞任するそうですが、これまで枝野経産大臣の言いなりにならなかったその意志の強さで、このまま社長を頑張ってほしかったです。そして、あなたの強力な指導力で全ての原発をとめ続けてください。お願いします。
 私は放射能にまみれた原発の電気は使いたくはありません。クリーンな電気がほしいのです。福島の子どもたちは毎日放射能まみれの生活を強いられています。何の罪もない子どもたちがこれからガンや白血病に脅かされるのです。そんな苦しみを私の子どもにさせたくはありません。電気を作るためにいのちを犠牲にまでして原発を動かすのはもうこりごりです。このまま永久に全ての原発は止め続けてください。あなた方が原発をやめてくれたら私は眞部社長の九州電力がとても好きになるでしょう。毎日昼夜を問わず働いてくれている電力会社の皆さんに感謝の気持ちでいっぱいになるでしょう。そんなすてきな九電に生まれ変わってほしいのです。 

2011/12/26
泰美

感謝状その②

九州電力株式会社
 眞部利應社長殿

 あなたは昨日午後十一時、私たちが待ちに待った玄海原発四号機を止めてくれました。これで九州の全ての原発が止まり、私たちは安心してお正月を迎えられることに感謝申し上げます。
 十二月九日の玄海原発三号機のポンプ主軸折れによる1・8トンの一次冷却水漏れ事故も最初は隠して発表するなど、これまで常に事故は過小に報告してきました。また、「やらせメール」や第三者調査委員会の「佐賀県知事が発端」も未だに認めないなど、私たち消費者の不信は高まるばかりでした。でも、原発を再稼働させないでほしいという私たちの願いに答えるように、あなたは再稼働が難しくなるような行動をわざと取ってくれていたことを私たちは知っています。
 枝野経産大臣による調査報告書の再提出や辞任要求などには一切応じず、いつまでもこのまま社長を続けてください。そして全ての原発を再稼働させないことをお願いいたします。

 2011年12月26日
脱原発大分ネットワーク
  代表代行 小坂 正則
by nonukes | 2011-12-26 18:22 | 原発とめよう!九電前ひろば | Comments(0)

  小坂正則