人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

屋久島の電力協同組合を応援しよう!!

小坂正則

 世界自然遺産に登録された屋久島は自然が豊かで日本を代表する素晴らしい島です。その屋久島にはもう一つ素晴らしいものがあります。それは原発に依存した全国の9電力会社のダーティーな電気とは違い、水力発電によるクリーンな電気を島民の8割に及ぶ消費者へ供給している3つの電力供給協同組合があるのです。
 日本では9電力会社以外の電気を買うことはできないと思っている方が多いと思いますが、実は屋久島の住民は日本で唯一クリーンな電気を買うことができるのです。(沖縄電力も原発ではない電気ですが)屋久島には屋久杉を搬出するために軌道が整備されていました。その軌道は今は使われていませんが、豊かな川を使った水力発電による電気が今日でも供給されています。
 この水力発電で運営する電力供給協同組合は、決して安定した経営を行っているわけではありません。現実は厳しい経営に迫られています。屋久島の電力消費者は約7100世帯ですが、そのうち1200世帯が九電の消費者です。残りの5900世帯が3つの電力協同組合の消費者なのです。九電の消費者は本土の消費者と同じ電気料金で利用出来ます。しかし、九電屋久島支店の収支決算を見れば一目瞭然なはずですが、屋久島だけの収支では1kw当たり100円も200円もするはずなのです。その赤字部分は本土の消費者が負担しているのです。ところが独立電力事業者はそうはいきません。独自の経営で九電と対抗しなければならないのです。100円以上で赤字経営を何の問題もなく経営している九電に対して独自に1kw20円そこそこで経営しなければならない独立電力協同組合は、それほど骨身を削る過酷な経営をし強いられているのです。
 私は大分県内に「市民電力会社」を設立したいと思っています。つまり、屋久島の電力協同組合は私の目指すモデル事業なのです。そのような企業を応援するのは後輩としては当然の義務だと思っています。
 そこで、私は以下の運動を実施したいと考えています。第一にグリーン電力やカーボンオフセットなどのお金を使って屋久島を応援する。また、本土の私たちの運動で地方の独立電力供給企業への国による支援体制を確立させる。また、グリーンツーリズムを屋久島で展開させる、などなどの支援事業を考えています。全国の自然エネルギーファンの皆さん!一緒に屋久島電力協同組合を応援しようではありませんか。支援メニューは早急に提案します。乞うご期待!!
by nonukes | 2010-07-22 22:16 | 自然エネルギー | Comments(0)

  小坂正則

by nonukes