「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

<   2012年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

つゆくさ通信第115号(9月20日)を発行しました。その2

d0174710_2374770.jpg


安倍晋三の自民党総裁再選について 諫山二朗
                          
野田党首を再選した民主党にはがっかりしたが、それにも増して自民党の総裁選には驚いた。ろくな候補はいなかったが、まさかあの安倍晋三が再選されるとは思わなかった。前回たった1年で総理を投げ出した男である。本人は病気のせいと言うが、総理大臣の重責に絶えられなかったのが本当の理由であると思う。安倍晋三には総理としての能力がない。しかも、右翼集団の自民党の中でも一番の極右議員である。早速、集団自衛権の行使、憲法改正、教育改革と極右の本性を顕わにしている。さらに前回総理の時に靖国神社を参拝しなかったことを悔やみ、今回はぜひ参拝したいと張り切っている。天皇を元首にするという発言もあった。原発に関しては推進派である。それから、日米同盟の強化という発言もあった。
尖閣諸島や竹島問題で近隣諸国との関係がギクシャクしている時期に、中国の反日デモに対する国民の苛立ちに乗じて勇ましい発言を繰り返した。どこの国でも極右の政治家がある程度の支持を得ることはあるが、政権を担う可能性がある(絶対に阻止したいのだが)政党の党首に安倍晋三のような極右の政治家が選ばれることはあり得ない。自民党という政党は以前にも増して劣化していると感じた。自民党の劣化は2大政党制の弊害である。民主党が基本的に自民党と大差ない政党になってしまった結果、自民党は対立軸を明らかにすりためにより右傾化したと思われる。さらに第3極の勢力と言われている「日本維新の会」も自民党と基本的に変わらない。より独裁性が強いので、もっと危険といえる。
安倍晋三が自民党の総裁になっても、野党党首である間は「憲法改正」も集団的自衛権も「教育改革」も実現不可能である。しかし、次期総選挙で自民党が政権を取ることになれば、これらの悪政が一気に進む可能性がある。自民党単独政権は無理と思うが、連立を組む可能性のある「日本維新の会」も憲法改正を目指している。民主党の一部が憲法改正に賛成することになれば、憲法改正は国会を通過する可能性もある。今の政治状況は護憲派にとって憂慮される時代である。しかし、「憲法改正」には国民投票で過半数の賛成がなければならない。日本国民の良識を信じたい。

尖閣諸島問題は話し合いで解決を

安倍晋三は尖閣諸島をめぐる中国の騒ぎに対して、民主党政権の弱腰外交を批判して、力による解決も辞さないという発言をしている。その強気の背景には日米同盟がある。安倍晋三は民主党の対米政策の失敗により、日米同盟が弱体化したことが中国の理不尽な要求や行動の原因であるという。したがって日米同盟を強化することが今回の領土問題の解決に必要と主張している。
昨日、「知日派」といわれているアーミテージ元国防副長官が尖閣諸島の問題についてNHKのインタビューに答えていた。アーミテージは「沖縄返還の時、尖閣諸島の領有権に対して中国、台湾から強い働きかけがあり、あえて一方の立場を取らなかった。よってアメリカから見れば、尖閣諸島の領有権は今も係争中である。」と答えている。さらに「もし尖閣諸島を巡って武力が行使されれば、アメリカ外交の失敗になる。同盟国日本の安全だけでなく、年々緊密になっている中国との関係も損なわれることになる」と発言している。
アメリカの本音は、尖閣諸島の領有権問題が日中に存在することは、日中が親密になり過ぎないという意味で歓迎するが、武力衝突にまで進行することは避けたいというところだと思う。沖縄返還時にアメリカが尖閣諸島の領有権を曖昧にしたことは、まさにアメリカの戦略であったことが窺える。尖閣諸島の問題がアメリカ世界戦略の結果であるとすれば、安倍晋三の日米同盟の強化による解決など望むべくもない戯言である。
尖閣諸島の領有権問題の解決は、話し合い以外にない。日本政府は、領有権問題は存在しないと言って話し合いの場にもついていない。これは竹島問題の日韓の場合と逆の立場であり、韓国に話し合いを求めるのであれば、中国とも話し合う必要がある。その際は痛み分けも覚悟しなければならないが、間違ってもちっぽけな無人島のために武力行使を行ってはならない。
by nonukes | 2012-09-30 23:11 | 脱原発大分ネットワーク | Comments(0)

脱原発大分ネットワークの機関誌「つゆくさ通信」115号です

d0174710_20121417.jpg

d0174710_19303040.jpg


つゆくさ通信115号9月20日号を発行しました

脱原発大分ネットワークの機関誌「つゆくさ通信」第115号を発行しました。年間会費&購読料は2000円です。ご興味のある方は下記までご連絡かメールをください。見本誌をお送りいたします。原稿も募集中です。

090-1348-0373(小坂)
mail:nonukes@able.ocn.ne.jp

内容は

①福島原発告訴団讃歌説明会のお知らせ
②福島の放射能の恐怖生と活苦は誰の責任か
③先の見えない不安と負担「母子避難」
④緑の党おおいたを旗揚げしました
⑤⑥緑の党おおいた共同代表挨拶
⑦⑧なぜ緑の党が大分に必要なのか
⑨情報交差点(市民集会などをできるだけ詳しく紹介)
⑩市民図書館松明楼通信NO.1
⑪~13南海トラフで海底掘削への懸念
14自民党政権の露払いを演じる野田政権
15原発比率は7割8割でもすべきだ。松尾元九電会長発言
16最近思ったこと
17安倍晋三の自民党総裁再選について
18福島菊次郎写真展ボランティアスタッフ募集
19おぐら百人一首 編集後記

なぜ緑の党が大分に必要なのか
小坂正則

3.11以後考えた、これまでの反省

今から20年前の1992年夏の参院選に脱原発派の私たちは「原発いらない人びと」という脱原発政党を立ち上げて、参院選をたたかいました。結果は全国比例で20数万票の惨敗で、1人の候補者も当選できませんでした。また、大分市議に脱原発の市民派市議を出そうとこれまで長い間、私は考えていましたが、なかなか適任の方がいませんでした。
 昨年の3.11以後、私は自民党から共産党まで経済成長優先の政治が、このような原発事故を招いたのだと痛切に思ったのです。原発から抜け出すには事故の危険性もさることながら、原発がなければならない私たちの生活こそ見直さなければ、日本で脱原発は達成さ出来ないと。そのためには「原発に頼らない暮らし」と「脱経済成長」をめざす政治勢力が必要だと思いました。だから日本にも「緑の党」のような脱経済成長を掲げる環境政党が必要だと痛切に思うようになりました。
 そこで、私のまわりの政治から脱経済成長を進める政治家を出そうと考えるようになったのです。その手始めに2013年2月に行われる大分市議選に誰か市民派候補を出さなければ、私は単なるほら吹き人間に終わってしまうと。しかし、現実にはそんな私の思いを一緒に実現してくれそうな方はいませんでした。私のNPOの専従職員の若者に「あなた出ないか」と問いかけたのですが、みな尻込みして今年の5月を迎えました。そこで5月ころ、周りの仲間に「もう誰もいないなら私が市議選に出る」と宣言して、市議選の準備をはじめました。

小坂は隠れ共産党員か
 
しかし、私が無所属で立候補すると、周りの方は私のことを「隠れ共産党員」と思うのではないかと考えました。実際に私の元職場の仲のいい上司は、私に「あなたは共産党員か」と良く聞かれたものです。田舎ではなんでも反対する人はみな「共産党」というレッテルを貼って「あの人は特別な人」と、切り捨てる思考回路を持っているようです。私は共産党は他の政党や政治家に比べて、真面目ですし、信用しています。実際にこれまでの選挙では必ず社会党か共産党に投票して来ました。特にバランスを考えて、前回は社会党に入れたので今回は共産党に入れようなどという方法を取って来ました。でも共産党ではない私を共産党というのは共産党にも失礼だし、私に対しても失礼です。私は共産主義社会が理想ではありませんし、ソ連や中国のような国がいいとはちっとも思いません。(共産党は中国やソ連のような政治はやらないと言ってますが、官僚支配という意味では日本で一番官僚体制を築いている政党は共産党です。一切の派閥を認めませんから)
ちょうどその頃、「緑の党が旗揚げする」という情報を得たのですが、私が共産党でないということを証明するには「緑の党」というのが一番いいと思ったのです。もちろんそんな自己保身のためだけではありません。緑の党が掲げるグローバルグリーン憲章などが私の心を釘付けにしました。

私にとって緑の党は40年前の初恋の人

私は学生の頃、学生運動に少しだけ足を入れたことがありました。時代はベトナム反戦運動まっただ中の頃です。北ベトナムのホーチミン大統領やキューバ革命の父ゲバラなどをこよなく愛していました。トロツキーとレーニンによるロシア革命に胸を躍らされたり、スペイン革命の記録、ジョージ・オーウェルの『カタロニア讃歌』や『アニマルファーム』などを読んでソ連官僚社会主義とアメリカ帝国主義の両方を打倒しなければ世界平和は来ないんだと確信したものです。だから当然にもマルクス・エンゲルスの『共産党宣言』から『ドイツイデオロギー』や『経済学・哲学草稿』などを読んで仲間と朝まで議論したものです。そんな私が初めて聞いたのが、40年前だと思うのですが「オーストラリアに緑の党が出来た」ということと、著者は忘れましたが「緑と赤の革命」というような北欧の方が書いた本を読んで、これだと思ったのです。だから私は20歳の頃の初恋の人に39年ぶりに再開した思いだったのです。

全ての大分地方議会に緑の女性候補を

しかし、「小坂では選挙に勝てない」という助言をたくさんの方からいただきました。それに大分市議会は46人中、女性はたった1人だけという有様なのです。そんな中に緑の党の私が立候補して、「男ばかりで女性が少ないのはおかしい」と喋ってもピエロですよね。だからぎりぎりまで適任者の女性を探そうと考えたのです。それでも誰もいないのなら、私が出ればいいし、いればすぐ交代できるように事前運動をやって来ました。そこで、神田京子さんがひらめいて、ダメ元で神田さんに話してみたら「出てもいいわよ」というお話を8月のはじめにもらったのです。
 まずは日本の男社会を壊そうではありませんか。私たちを全面的に応援してくれる鎌仲ひとみ監督は9月7日の緑の党おおいたの結成総会で話してくれました。「原発を支えてきたのは男性社会だ。いのちを受け継ぐ女性は原発のようないのちを脅かすものはつくらない」(小坂による要約)。だから、私たちは、「まず政治の世界で女性が過半数を占めるような議会をめざそう」と。だから「大分県内の出来る限りすべての地方議会に女性候補を擁立しよう」この2つの大きな目標をめざして大分の地方政治を変えます。もちろん県知事選も市長選も関わっていきます。来年夏の参院選もたたかいます。女性候補をここでもめざします。男と女が対等に生きていけるためには現状の男社会を壊すことが大切です。だから、かなり無理をしてでも女性には家庭でも社会でも政治でも、先頭に立って自立してもらわなければならないと私は思っています。もちろん先頭に立って戦士になれというのではありません。女性の視点でこの社会を作り替えるのです。「私にはそんな大役はできないわ」という女性を私は決して許しません。「だから男社会をあなたが許してきたのです」と、私は反論します。
 大分の地方議会へ進出する緑の党おおいたの女性候補は仲間の中でどうやって選ぶかはそれぞれの地方の仲間で決めることですが、私はジャンケンで選んでもいいと本気で思っています。たかが市議や県議など、その程度の市民感覚があれば充分です。緑の党おおいたに結集する女性たちは誰でも市議や県議になるだけの充分な素養を持っているからです。

緑の党定例会議のお知らせ

日 時:毎週火曜日13時30分から16時ころまで
 場 所:緑の党おおいた事務局(大分市田の浦12組松明楼内)
 内 容:拡大事務局会議(会員の参加及び部外者の見学OKです) 
その他:お茶を飲んでの雑談や小さなお子さんも参加可能です。

こんな方を募集中です

  ○ホームページ作成をボランティアで出来る人
○ビラまきなど手伝ってくれる人(体を鍛えられる)
  ○電話番なら出来る人(もう少ししたら必要)
○友人などにおしゃべりが得意な人(選挙の応援)
  ○イラストなどが得意な人(チラシやポスター製作)
○政治や政策などに興味のある方(政策の策定)
○経理が得意な方(経理のお手伝い)

d0174710_19521941.jpg

by nonukes | 2012-09-30 19:52 | 脱原発大分ネットワーク | Comments(0)

緑の党おおいたの会議は毎週火曜日13時30分から開催します

緑の党おおいたの定例会議のお知らせです
(文責:小坂)
d0174710_1649057.jpg


拡大事務局会議は定例化しました。どなたでも参加可能です。
日時:毎週火曜日の13時30分から開催します。
場所:大分市田の浦(緑の党おおいた事務局)
連絡:090−1348−0373(小坂)


次回の会議は10月2日(火)13時30分から

議題は
緑の党おおいたの統一チラシを作るためのたたき台の原稿を検討します。
早急にチラシを印刷して各戸へのポスティングや街頭チラシとして使います。
そのほか、楽しいお茶のひとときもご一緒にお過ごしください。
毎回、部外者で、みどりに興味のある方が参加します。今回もちょっと遅れて参加した女性の方がいました。いろんな方とお茶を飲んで歓談するだけでも楽しいと思います。その中であなたの出来ることがあればその力を貸してもらえれば十分です。
また、仕事をしている方からは「平日の昼間なんかに参加出来ない」というご意見の頂きました。その通りですね。そこで働く人バージョンの会議も月に2回くらい設けます。土曜日の夕方くらいがいいのかな。追ってお知らせします。
こちらもぜひご参加ください。

緑の党おおいた夜バージョン会議開催の提案です

日 時:9月6日(土)17時~19時ころまで
   (福島原発告訴団の講演が終わり次第)
場 所:緑の党おおいた事務所
目 的:日頃会議に参加出来ない方の交流
内 容:きっと男性中心の会議になるか?
   (酒+宴会+泊まり?)
主 催:緑の党おおいたの男組(仮称)
連絡先:090-1348-0373(小坂)





前回の会議の内容

①地方の会員をどのようにして増やすか

対策として、世話人を増やす。まず、杵築の中山田さんが県北を当たり、別府と日出にも世話人を作り、県南は小坂が説明に行くと決まる。

②会計を誰がするかは、結論が出ないままでした。

③神田京子さんの選挙については

早くしないと間に合わないという意見がたくさん出ました。そこでリーフレットと統一チラシを作成する。それもカラーがいいということになって、次回の会議で内容をきまます。
by nonukes | 2012-09-28 16:45 | 「緑の党」をつくろう! | Comments(0)

再生可能エネルギー学習会のお知らせ

第二回 再生可能エネルギー学習会のお知らせ
d0174710_21524917.jpg

東日本大震災が起きて、今もなお、ふるさとを追われ、避難生活を余儀なくされている方々がたくさんいます。大分にいる私たちができることを考えようとスタートした福島原発情報連絡センター・おおいたです。第1回目は、福島の子どもたちの支援と福島原発被曝者援護法制定の意義についての学習会を開催しました。
 今回は、「大分発 自然エネルギー最前線」の著者である別府大学の阿部博光・准教授をお招きし、大分県のエネルギーの現状と課題についての学習会を開催することになりました。
 ぜひ、多くの方々の参加をお待ちしています。


第2回福島原発情報連絡センター学習会

~大分のエネルギーの現状と課題とは~

日時 2012年10月4日(木)18時~20時

場所 大分市・大分県教育会館101会議室
入場無料

講師 阿部博光さん
 別府大学国際経営学部准教授
演題 「大分の自然エネルギー情勢と現状」


〔講師の紹介]
 大分市生まれ。早大卒業後、1984年に時事通信社入社。大阪支社・編集部、東京本社・外国経済部、外信部を経て95年からロンドン特派員。2000年に退職後、英国エジンバラ大学院の生態・資源管理研究所で環境経済学の修士課程修了。その後、時事通信社に復職し、ロンドン支局勤務。08年、別府大学に准教授として着任。主な研究分野は環境エネルギー、環境ビジネスなど。


 主催 「福島原発情報連絡センター・おおいた」学習会実行委員会
 大分県議会議員 平岩純子 玉田輝義 尾島保彦 馬場 林 原田孝司 守永信幸 三浦正臣
by nonukes | 2012-09-27 21:53 | イベント案内 | Comments(0)

福島原発告訴団 参加説明会のお知らせ 10月6日大分市

福島原発告訴団 参加説明会のお知らせ

d0174710_2091825.jpg

2012年6月11日、1,324人の福島県人が福島原発事故の責任を問い、刑事告訴しました

8月1日、福島地検は私たちの告訴状を受理し、東電経営陣らの刑事責任について11月の第2次告訴に向かって、全国各地での取り組みも進められています。
これから適正な捜査と立件が行われるよう、全国の皆さんと、意識と運動の共有をはかりたいと思います。
「福島原発の現状と危険性」及び「原子力ムラの犯罪性」を再確認し、告訴団弁護士とともに、検察の捜査を進捗させていくため、「これから私たちができること」を考えましょう。


ゲスト 大賀あや子さん
d0174710_201878.jpg
95年より福島県大熊町在住。自給農や脱原発福島ネットの活動に取り組んできた。3/11から5ヶ所目の避難先で、子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク、ハイロアクション福島、大熊町の明日を考える女性の会などで奔走中。









ゲスト うのさえこさん
d0174710_20154924.jpg
2010年福島県のプルサーマル受け入れ反対をきっかけに、脱原発アクション開始。
同年11月よりハイロアクション福島原発40年実行委員会委員長。311後に福島市から避難、現在、福岡県福津市に娘と暮らす。
ハイロアクション福島、福島原発告訴団、原発いらない福島の女たちなどでアクションを続けている。






■日 時:10月6日13時から15時30分まで
■場 所:松明楼(大分市田の浦12組)
     大分交通:高崎山バス停徒歩15分
     別大国道高崎山入口から車で3分
■連絡先:097-529-5030(小坂)
■主 催:脱原発大分ネットワーク
■共 催:福島原発告訴団・九州


d0174710_0195165.jpg

by nonukes | 2012-09-27 00:17 | 福島原発事故 | Comments(0)

「緑の党おおいた」第5回拡大事務局会議を開催します!みなさんご参加を

緑の党おおいたの拡大事務局会議のお知らせです
d0174710_10165889.jpg

「緑の党おおいた」は開かれた会です。会員以外の方の参加も自由です。もちろん緑の党おおいたの会員は誰でも参加自由です。今回の会議の議題は①緑の会員を増やす方法。②会計や名簿整理の担当者を決める。③神田京子さんの選挙対策について。などです。事務局スタッフの方々や緑に興味のある方が「緑のメンバーってどんな人たちなのかなあ」というような素朴な疑問にも直接皆さんと会って、お話しして理解してもらうのが一番ではないかと思っているからです。事務局会議は小さなお子さんのいる主婦やサラリーマンなどがいるため、どうしても皆さんのいい時間を配置することが困難です。だから平日と土日など両方に配分して会議を行います。時間の許す範囲で結構です。場所も、小坂邸とぶらぼぅファームの両方を使いますのでお越しの際はどちらで会議を行うか確かめて来てください。

第5回緑の党おおいた拡大事務局会議

日 時:9月25日(火)13:00~17:00(途中参加、退席自由です)
場 所:松明楼(大分市田の浦12組小坂邸)
連絡先:090-1348-0373(小坂)


「緑の党おおいた」の3つの目標

①「緑の党」のグローバルグリーンズ憲章6つの政治理念である 1エコロジカルな知恵 2社会的公正・正義 3参加民主主義 4非暴力・平和 5持続可能性 6多様性の尊重、に基づく「緑の社会ビジョン」の実現をめざす。
②「緑の党」の基本理念の元に、大分県内で行われる地方選挙で「緑の党おおいた」の推薦議員や首長を当選させ、2013年に行われる参院選など、国政に緑の議席を実現させる。
③国政及び地方議会において女性や障がい者など社会的弱者の声を直接政治に反映させるため、女性議員が過半数の社会をめざす。

「緑の党おおいた」の参加条件

①どなたでも参加出来ます。年会費が1口千円で、原則として3口以上をお願いします。ただし、生活が苦しい方や学生は払える限りの口数で結構です。
②それ以外に条件はありません。加入も脱退も自由です。
③参加したいとお思いの方は下記まで電話かメールにてお問い合わせ願います。


緑の党のメッセージはここから
     ↓ ↓


鎌仲ひとみさん「緑の党おおいた」の応援メッセージ

鎌仲ひとみさんと神田京子さんの対談

緑の党のホームページです
by nonukes | 2012-09-22 10:17 | 「緑の党」をつくろう! | Comments(0)

鎌仲ひとみ「緑の党おおいた」応援メッセージ

鎌仲ひとみさん(映像作家)の応援メッセージ&神田京子(緑の党おおいた共同代表)対談

d0174710_1329547.jpg

映像はこちらです
   ↓↓

鎌仲ひとみ「緑の党おおいた」応援メッセージ

d0174710_13371749.jpg

映像はこちらです
   ↓↓

鎌仲ひとみ&神田京子対談「今こそ女性が立ち上がるべき時だ!」

d0174710_13484697.jpg


みなさんこんにちは。「緑の党おおいた」(greens oita )です

私たち「緑の党おおいた」は、今年の9月7日に結成された「緑の党」を応援する大分の市民団体です。「緑の党」は既成の政党とは異なり、政治を市民の手に取り戻すために「参加民主主義政治」を実現するために出来た市民政党です。ですから、会議も総会もすべてオープンです。どなたでも参加出来ます。自分も一緒に参加したいと思えば会費を払って会員になれますし、年会費を納めなければ辞められます。「緑の党」に興味のある方は、まずは「緑の党おおいた」の会議に参加しましょう。

「緑の党おおいた」の3つの目標

①「緑の党」のグローバルグリーンズ憲章6つの政治理念である 1エコロジカルな知恵 2社会的公正・正義 3参加民主主義 4非暴力・平和 5持続可能性 6多様性の尊重、に基づく「緑の社会ビジョン」の実現をめざす。
②「緑の党」の基本理念の元に、大分県内で行われる地方選挙で「緑の党おおいた」の推薦議員や首長を当選させ、2013年に行われる参院選など、国政に緑の議席を実現させる。
③国政及び地方議会において女性や障がい者など社会的弱者の声を直接政治に反映させるため、女性議員が過半数の社会をめざす。

「緑の党おおいた」の参加条件

①どなたでも参加出来ます。年会費が1口千円で、原則として3口以上をお願いします。ただし、生活が苦しい方や学生は払える限りの口数で結構です。
②それ以外に条件はありません。加入も脱退も自由です。
③参加したいとお思いの方は下記まで電話かメールにてお問い合わせ願います。

電話 097-532-3772(小坂)
E-mail nonukes@able.ocn.ne.jp

住所:大分市田の浦12組
緑の党おおいた事務局 
小坂正則
by nonukes | 2012-09-19 13:32 | 「緑の党」をつくろう! | Comments(0)

民主党員は原口首相を選出して「脱原発救国政権」を構築しろ

自民党やチンピラ弁護士の「維新の会」に政権を渡さない方法は1つしかない

民主党は原口首相を選んで小沢、社民、無所属(共産は閣外協力)による救国政権を樹立せよ
小坂正則

d0174710_22592679.jpg


野田首相の下、総選挙に突入すれば民主党は選挙に負け党が崩壊する

世論調査の結果やマスコミの論調は「3年間の民主党政権はこの秋には終わる」という話は半ば公然と行われるようになってきた。小沢元代表の離脱や、民主党の選挙に負けそうな議員がどんどんと離党して維新の会へ逃げ出している様などを見るに、国民の一人として見るに堪えない。このままでは総選挙前に民主党は崩壊して、大半の選挙に負けそうな議員は維新の会へ逃げ出すのではないかとさえ思ってしまう。
民主党の代表選びは自民党の総裁選に比べてマスコミの取り上げ方も低調だ。だって、それは当たり前だろう。自民党の総裁が次期首相になるのだから、マスコミは飛びつくに決まっている。しかし、雁首を並べた総裁候補の5人は、どれも代わり映えのしない旧態依然の右翼議員ばかりだ。それに全員が「積極的に原発を支持する」という。そんな輩に、この国の舵取りを任せられるものか。しかし、もう転げ落ちていくばかりの民主党を救う方法などないのではなかと半ば諦めかかっていた。しかし、たった1つだけ方法がないわけではない。その方法とは?

原口首相の下「脱原発救国政権」を樹立するのだ

野田首相の再選が一番本命だと言われているが、民主党の国会議員の皆さん考えてくれ!野田では総選挙はボロ負けだ。それなら自民党バリに若い生きのいい首相を選んでみてはどうか。負けたとしても傷口は小さくて済むだろう。いや、原口首相を選出し、小沢とトップ会談を行い、消費税の見直しを約束する。または消費税を導入する前に徹底的に財政支出の削減と脱原発を約束する。それなら社民党や民主党を抜けた無所属議員らも一緒に政権に入ってくることもあり得る。そして、共産党へも協力を要請する。もし、共産党が協力しないのなら「共産党は自民とへ漁夫の利を捧げるのか」と全国的に批判が湧き起こるだろう。そして、維新の会のお株を取るように、民主党結党の理念であった官僚政治から政治家主導の政治へと舵を切るのだ。小沢氏を大臣に抜擢してもいい。実質小沢政権を実現してもいい。そして自民党からもかまわず一本釣りを行って、参議院の不足する定数を補強するのだ。参議院が過半数割れだから、これだけ民主党政権はもたついたのだから、過半数を獲得したら、自民も公明も鼻くそほどもない。何の抵抗も出来なくなるだろう。そして選挙は任期ぎりぎりまでのばしてもいいし、衆参同日選挙でもいい。そうすれば「脱原発」は実現し「消費税」は見直され「tpp」参加は否決される。この政権は国民の大多数が支持できて、この国を滅ぼさなくていい、唯一の方法なのだ。そして1年間の時間をおけば「チンピラ弁護士」の「インチキ維新の会」もボロを出すだろうし、加熱したマスコミの異常な「維新の会」の報道ぶりも沈静化するかもしれない。そんな政治状況をぜひ民主党や小沢氏は作ってほしい!私たち国民の切なるお願いだ。
by nonukes | 2012-09-17 23:22 | 脱原発選挙 | Comments(0)

民主党員は原口元総務大臣を代表に選んで自民党へ政権を渡すな!

野田首相のままでは民主党は自民党へ政権を渡してしまうぞ?!
原口首相を選択して自民党へ政権を渡すな!
小坂正則

d0174710_1959716.jpg
d0174710_200442.jpg


民主党の代表選まで残すところは4日となった。このままでは野田首相の再選が濃厚だとマスコミは伝えている。しかし、まって!野田では自民党と総選挙を戦えばボロ負けは間違いない。民主党は自民党に負けるかもしれないが、原口もと総務大臣なら、民主党の傷口は小さくて済むかもしれない。そして原口氏は「2030年までに原発ゼロをめざすならその道筋を付けていなければならない。脱原発基本法を制定して、政権が変わっても流れが変わらないようにする」という決意は本物だろう。私たちが求める、唯一の解決策を原口氏は提案している。また、「原子力規制庁の田中委員長の人事についても原発村の人を選ぶ人事は認められない」と発言している。残念ながら民主党員でない私たちには投票権はないが、民主党党員の大半が原口氏を支持しているという。それなら国会議員の皆さんが生き残りたいのなら野田ではなく原口を選ばなければ、あなた方は総選挙で屍を並べなくてはならない!よく考えて投票してほしい。私たち国民の願い「原発ゼロ」がかかっているのだから。私たちはあなた方国会議員が選挙に落ちようが勝とうがどうでもいいのだが、エネルギー政策が自民によって原発へ逆戻りするのを許すわけにはいかないからだ。
原口氏への批判もいろいろあることは私も知っている。民主党を割らないことへの批判もあるだろうが、結局は民主党を割っても自民党に政権を渡してしまえば漁夫の利だけしか残らないことになる。だから私は原口氏を支持したい。最後の掛けだ。自民党のような腐った奴らに政権を渡すわけにはいかないからだ。

「緑の党おおいた」のロゴが出来ました
d0174710_20142311.jpg

d0174710_20132855.jpg

by nonukes | 2012-09-17 20:02 | 原発再稼働は許さない | Comments(0)

遅ればせながら北九州市のガレキ焼却反対行動に参加して来ました!

北九州市長は不当な震災ガレキノ焼却を直ちにやめよ!小坂正則

d0174710_1840374.jpg

d0174710_1842521.jpg

d0174710_1841358.jpg


北九州市へ全国から震災ガレキ焼却反対行動に参加している皆さんに敬意を表します。私も遅ればせながら本日、北九州市へ行って来ました。日明焼却場へ私と友人のTさんと二人で直行したのですが、私たちが着いた13時頃にはもう誰もいませんでした。そこで北九州市役所前に向かったところ、20名くらいの方々がのんびり抗議の座り込みをやっていました。そこで私も、やっと合流することが出来ました。今回の北九州市のガレキは焼却されてしまいましたが、北九州市には一点の道理もありません。北九州市は 九州で唯一の受け入れ自治体となり、この汚点は永久に市民や九州の良心的な人びとの心の中に怒りや悲しみとして残ることでしょう。
北九州市のテント村には、昨年の4月から九電前で座り込んだ時に私たちと一緒に座り込んでいたHさんも来ていました。1年以上ぶりの再会でした。私にとっては懐かしい皆さんとの再会や、今後のことを話し合ったりで、有意義な時間を過ごすことが出来ました。これに懲りずに「すべての原発と核関連施設のすべての廃棄」まで、負けても負けてもたたかい続けましょう!
by nonukes | 2012-09-17 18:42 | 放射能で汚染した震災ガレキ | Comments(4)

  小坂正則