「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

<   2012年 06月 ( 33 )   > この月の画像一覧

デモ後の小生の意見です・・・広瀬隆

広瀬隆さんから電力会社、金融機関への提案です
d0174710_17254087.jpg
d0174710_17255786.jpg
d0174710_17261288.jpg
d0174710_17262263.jpg
d0174710_17263122.jpg
d0174710_17264459.jpg
d0174710_17265662.jpg
d0174710_1727399.jpg
d0174710_17271343.jpg
d0174710_17272553.jpg
d0174710_1727339.jpg
d0174710_17275047.jpg
d0174710_172814.jpg
d0174710_17281225.jpg
d0174710_17282491.jpg
d0174710_17283374.jpg
d0174710_17284611.jpg

by nonukes | 2012-06-30 17:29 | 原発再稼働は許さない | Comments(0)

大飯原発3号の下には活断層が走っている!いったん止めて再審査を

d0174710_0362621.jpg
<保安院>原発内の断層、再点検へ 再稼働の大飯も対象毎日新聞 6月29日(金)

 経済産業省原子力安全・保安院は29日、全国の原発の敷地内にある断層の活動性について、国による安全審査の議論を専門家に再点検してもらう方針を固めた。東日本大震災後、断層が近接する活断層と連動して動くと指摘する声が高まっていることを受けた。政府が再稼働に向け準備中の関西電力大飯原発(福井県)も含まれており、結果次第では再稼働のスケジュールに影響が出る可能性がある。

 7月3日に保安院が開く、専門家から意見を聞く会合で作業を始める。初回は▽関西電力美浜(福井県)▽同高浜(同)▽日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉もんじゅ(同)について、これまでの安全審査の資料や議事録を点検し、現地での再調査が必要か検討する。このほか日本原子力発電敦賀(同)と東北電力東通(青森県)、さらに大飯原発についても議論する。

 国は原発の建設時や、原発の耐震設計審査指針改定に伴う耐震性再評価で、その断層が12万~13万年前以降に活動した活断層かどうかを確認。「安全」と判断したものに稼働を認めてきた。しかし震災後に得られた科学的な知見を踏まえ、これまでの審査を見直すことが必要と判断した。

 大飯3、4号機をめぐっては、渡辺満久東洋大教授(変動地形学)らが敷地内の断層の一種「破砕帯」について再調査を要求している。これに対し枝野幸男経済産業相は29日の閣議後の記者会見で「既に活断層ではないと判断しているが、専門家会合で新たな知見があるか不断の検討はしていく」と述べ「新たな知見が判明すれば再稼働に影響するが、そうでないというのが現時点での認識だ」と強調した。【岡田英】



何で大飯原発再稼働の前に活断層の再調査をしなのか

大飯原発は7月1日には再稼働のスイッチが入れられる予定だ。しかし、大飯原発の3号の真下に活断層のある可能性がある。それなのに調査は7月3日に行うという。なぜ再稼働をいったん取りやめて、冷静に再審査すべきではないか。しかし、まだまだ諦めるわけにはいかないし、諦める必要はない。大飯原発の下には活断層が走っているのだから、調べればすぐ分かることだ。再稼働をいったん止めて再調査させよう。
by nonukes | 2012-06-30 00:43 | 原発再稼働は許さない | Comments(0)

首相官邸前に10万人以上の市民が「再稼働反対」のかけ声

d0174710_22433424.jpg

d0174710_22455961.jpg

d0174710_2245955.jpg

d0174710_2248435.jpg
d0174710_22491095.jpg

d0174710_22464899.jpg

ここからはTBSの報道です
d0174710_2340594.jpg
d0174710_23413126.jpg
d0174710_23415028.jpg
d0174710_23421646.jpg


これはもう革命前夜だ

これはもう「中東の春」と同じような「首相官邸前の春」だ。もうこの官邸前は革命前夜の様相を呈している。この市民の熱気と怒りは野田首相という為政者のウソを射抜くのではないだろうか。私たちの熱い思いが確実に普通の市民の心の中に浸透しつつある。毎週倍々の参加者が何よりもその力を実証している。もう、この力は誰にも止めることができないだろう。報道ステーションでは鳥越さんが「これは52年前の国会を包囲した市民の力と同じだ。私は感動している。確実に利権に対する怒りが爆発したのだ」といい顔をして解説してくれた。ありがとう鳥越さん。あなたはやはり筑紫哲也氏に次ぐ熱いジャーナリストだ。
さて、NHKはどんな報道だったのか私は知らないが朝日放送はまともな報道をした。あとはTBSがこれからどんな報道をするのだろうか。10万人以上の人たちが立ち上がったことは鳥越さんの言うように52年ぶりの市民蜂起だ!革命前夜だ!

国会議員が選挙しか考えないのとエライ違いだ

民主党、自民党と公明党の消費税国会の茶番に比べて、官邸前のここだけは美しい市民の顔が並んでいる。みんないい顔をしている。そしてみんな真剣だ。ありがとう。あなた方がいるからにはまだまだこの国もすてたものでないだろうと私は思う。私は涙を流しながら、小さな声で「再稼働反対」と映像を見ながら叫んでいました。


今度は私が鹿児島県知事選で燃えよう!

今度は私の番だ。私は私にしかできない仕事をしたい。それが何なのかはまだ分からないが、私が誰かの心を動かせたら、きっとすばらしいだろうと思うからだ。そして向原さんが勝つ奇跡を起こしてこの国を変える。そんな奇跡を私は起こしたい。それは、私が松下竜一に影響されたことにつながることだからだ。そして世界中の善意の人々とつながって、未来に向けた私たちの歴史を作るのだ。そんな夢を持っている私たちはそう簡単に諦めるわけにはいかない。あさってからは鹿児島からレポートします。こうご期待!
by nonukes | 2012-06-29 23:23 | 原発再稼働は許さない | Comments(2)

西日本新聞に「市民電力会社をつくろう」の書評が載りました

西日本新聞に書評がのりました。書籍 九州の本 西日本新聞2012年6月17日

d0174710_13374572.jpg

『市民電力会社をつくろう!』  小坂正則 著  (影書房・1575円) 



筆者は大分市で長年、反原発運動に取り組み、2001年に仲間とともにNPO法人「九州・自然エネルギー推進ネットワーク」を創設した。著書ではネットワークが手掛けた、太陽光発電システムを公共施設に取り付ける活動や、林業再生を兼ねたチップ燃料の販売や薪(まき)ストーブの普及活動などを紹介。さらに、小水力や太陽光、風力などで発電したクリーンな電力を売る「市民電力会社」の設立という夢に向けた課題やプランを解説する。

とりわけ印象深いのは、反原発活動に力を注いだ地元作家、故松下竜一との出会いをつづった第2章。松下が志半ばでこの世を去った今、筆者は「故松下竜一名誉会長」を掲げた市民電力会社を立ち上げたいと決意を語る。


=2012/06/17付 西日本新聞朝刊=

何と大分フォーラス7階のジュンク堂に私の本のコーナーがありました
d0174710_13395754.jpg


私の本の売れ行きはどうかと心配になってジュンク堂に昨日見に行って来ました。すると、以前あった電力関係の場所にはもう私の本はありませんでした。私は「もう返品されてしまったのか」と肩を落として帰ろうとしたのですが、以前、私の知り合いが、「小坂さんの本は特別のコーナーに山積みしていますよ」と言ってたのを思い出して、「もしや」と思って探したら、何と小出裕章さんの本の隣に横積みでありました。とにかく私は驚いて写真をこっそり撮って帰りました。
さあ、この本が果たしてはけるのかどうか、私の心配の種は尽きません。
by nonukes | 2012-06-28 13:35 | 市民電力会社をつくろう | Comments(2)

鹿児島県知事選の応援ツアー日程が決まりました!参加者募集中!

d0174710_1219566.jpg


鹿児島から脱原発の奇跡を起こそう!

鹿児島県知事選、残念ながら大きな盛り上がりには至っていないそうです。投票率が30%台では私たちの負けです。前々回の選挙は保守同士の一騎打ちだったそうでそのときは60%台だったそうです。そのような高投票率にならなければ勝ち目はありません。なぜなら、低投票率であれば組織票が一気に伸びて、浮動票が極端に減るからです。組織票とは相手側の後援会の票と公明党=創価学会に連合の一部の組合員などに純粋な保守票です。しかし、まで目はあります。前回の前々回の選挙で負けた保守候補を応援した方々の一部が今回は私たちの側に付いてくれているそうです。保守票と選挙に行かない若者をいかに選挙に行かせるかが勝敗を分けるでしょう。だから私たちの呼びかけは「鹿児島を変えたかったら選挙に行こう」で十分です。「選挙に行かなければ何も変わらない」などでもいいでしょう。「とにかくみんな選挙に行こう」なら公職選挙法違反にはなりません。「選挙に行こう」は県選管の広報活動です。そして30日の駅前集会を成功させましょう。
そして鹿児島から奇跡を起こしましょう!


バス車内広告1枚千円であなたも出しませんか!

7月選挙直前のイベント告知のポスターをバスの車内広告やフェリーの船内広告に出す運動が始まっています。1枚1000円でバスに広告を1週間出せるそうです。みなさんも1人1枚、千円でバス車内広告運動のオーナーになりませんか。すでに10枚分のカンパをいただいています。まだまだ100枚くらいのカンパを集めます。お金は後からでもいいです。みなさんこれなら鹿児島に行かなくてもできる選挙の応援です。ふるってご参加願います。


大分から勝手に向原さん応援選挙ツアー募集中!


出 発:6月30日夜大分出発→鹿児島1日朝到着
帰 着:7月4日の夜を予定しています
仕事は:ビラ配りや雑用などなど
特 典:夜は鹿児島の人などと選挙と脱原発を語り酒を飲みながらの脱原発実践講座
参加費:車のガソリン代などの割り勘分と食費と酒代など(宿泊費は不要の予定)
その他:先に帰りたい方はバスで帰れます
申し込み先:090-1348-0373(小坂)

さあ、選挙に勝つ夢を見て、それを現実にしましょう!鹿児島から奇跡が起きるのです!

向原公式ホームページ

by nonukes | 2012-06-28 12:35 | 市民電力会社をつくろう | Comments(1)

九電株主総会に参加してきました。

d0174710_8505344.jpg
d0174710_8495027.jpg

d0174710_8542674.jpg

d0174710_857164.jpg
d0174710_8555981.jpg

d0174710_1120118.jpg
d0174710_1121060.jpg


九電株主総会で脱原発議案を提案して来ました

私は27日5時40分別府発の高速バスに乗って福岡の九電株総会を目指しました。会場のホテル前では雨の中、100人くらいの仲間がビラをまいて、一般株主に情宣を行っていました。私もマイクを持って、「今日の株主総会を中からと外からたたかおう」と「大飯原発の再稼働が迫っていますが、22日の首相官邸前に集まった45000人の市民の力や29日に予定されている10万人の国会と官邸を包囲するたたかいや25日26日に行われた保安院との交渉で大飯原発3号の下には活断層が走っていることが証明されたら、まだ大飯原発の再稼働は止められる可能性がある」と、「鹿児島県知事選を何としても勝って川内原発の廃炉を実現しよう」と訴えました。そのほか深江さんから今日の総会に出した議案の説明なども行われました。

昨年よりも一般株主の賛同が多いようでした

10時から始まった株主総会ではまずはじめに4月から社長に就任した瓜生社長から昨年以来社会をお騒がせした「やらせメール」についてお詫びの挨拶がありました。ただ、「全社一丸となってお客さまから失った信頼を回復するために努力いたします」とは言うものの、具体的には何も努力する中身を説明していないのです。やらせメールの責任を取って松尾会長と真鍋社長の退任だけで、肝心な古川佐賀県知事の影響でやらせメールを行ったという第三者委員会郷原委員長の報告書をいまだに無視したままです。それで反省したとはなりません。私たちが出した議案は全部で8議案ありました。その議案の賛成者は60名から200名ほどで昨年までに比べて一般株主の賛同者が確実に増えていました。また、質問などの発言の一般株主が大半でした。多くの方が手を挙げていたので、私たちの仲間はほとんど当てられませんでした。その中でも多かった意見は「原発からの撤退を表明しろ」や「松尾会長が辞めても相談役で残るのはおかしい。松尾会長を首にして一切の影響を排除することが九電が変わったという証明になる」や「松尾と真鍋がやめても相談役や顧問として残るのはおかしいが一体彼らの報酬はいくらなのか」という質問にも「業務の詳細については総会の内容になじまないので答えられない」と一切明らかにしないままでした。
そのほか「役員の退職慰労金廃止を廃止する」という議案は200名近くの方が支持してくれました。
by nonukes | 2012-06-28 10:43 | 原発とめよう!九電前ひろば | Comments(3)

大飯原発の活断層の疑いがある破砕帯の再調査を岐阜県知事が要求

d0174710_15263168.jpg

d0174710_15291756.jpg

d0174710_15295123.jpg

岐阜県、国に大飯の破砕帯調査要望へ 中日新聞2012年6月22日

 関西電力大飯原発(福井県おおい町)の再稼働問題で、安全基準などを検証している県の専門部会は二十一日、「安全性の確保は不十分」として、原発敷地内にある破砕帯の調査や、免震事務棟整備など十一項目の安全対策を国や事業者に求める中間報告をまとめた。古田肇知事が二十二日、細野豪志原発事故担当相と枝野幸男経産相に面会し要望する。

 中間報告では、事故発生時の対策拠点となる免震事務棟や、放射性物質の拡散を防ぐフィルター付きベントが未設置なことを挙げ「速やかな整備が不可欠」と指摘。整備されるまでの代替措置の効果も客観的な点検が必要と強調した。

 地震学者の渡辺満久・東洋大教授らが、破砕帯が周辺の活断層と連動して動く可能性があると指摘していることを挙げ、「早急に調査を行う必要がある」とした。

 このほか、東京電力福島第一原発事故で、地震動や経年劣化が原発に与えた影響について科学的な検証を行い、新たな安全基準に反映させるべきだと強調。事故に備えて重点的に対策を取る緊急防護措置区域(UPZ)の範囲を一律に定めず、地域の実情に応じて原発ごとに定めることも求めた。

 座長の井口哲夫・名古屋大大学院教授は「事故が起きれば、岐阜県も京都府や滋賀県と同じように被害を受ける。隣接県の立場から意見を言う必要がある」と述べた。

 二十二日の要望には、専門部会の委員で、福井県に隣接する揖斐川町の宗宮孝生町長と、大垣市の小川敏市長も同行する。

 (山本真嗣)

まだまだ大飯原発は止められる!最後まであきらめないぞ!

今日、大飯原発の破砕帯が活断層であるということに対する政府交渉が大阪の市民グループなどによって実施されていました。交渉に応じた原子力安全保安院の担当者は意外に真面目な方でした。誠実にみなさんに対応して回答してくれていました。岐阜県の古田知事は22日に国へ再度活断層の調査を要求しました。このまま動かしたら活断層がいつ動くか分かりません。私たちの声を上げましょう!



大阪の市民が6月25日に行った大飯原発活断層に対する保安院交渉の模様です

こんなニュースもありました


FBやツイターでどんどん拡散しましょう!
国は大飯原発の破砕帯の再調査を行え!
みんなで大飯原発のコンクリートを剥がして破砕帯を調べよう!

by nonukes | 2012-06-25 15:23 | 原発再稼働は許さない | Comments(0)

「日本はいつ核武装してもおかしくない」とアジア諸国は思っている

d0174710_16332421.jpg
d0174710_16334764.jpg
d0174710_16335846.jpg
d0174710_1634849.jpg

「原子力の憲法」こっそり変更 東京新聞 6月21日

二十日に成立した原子力規制委員会設置法の付則で、「原子力の憲法」ともいわれる原子力基本法の基本方針が変更された。基本方針の変更は三十四年ぶり。法案は衆院を通過するまで国会のホームページに掲載されておらず、国民の目に触れない形で、ほとんど議論もなく重大な変更が行われていた。 

 設置法案は、民主党と自民、公明両党の修正協議を経て今月十五日、衆院環境委員長名で提出された。
基本法の変更は、末尾にある付則の一二条に盛り込まれた。原子力の研究や利用を「平和の目的に限り、安全の確保を旨として、民主的な運営の下に」とした基本法二条に一項を追加。原子力利用の「安全確保」は「国民の生命、健康及び財産の保護、環境の保全並びに我が国の安全保障に資することを目的として」行うとした。
 追加された「安全保障に資する」の部分は閣議決定された政府の法案にはなかったが、修正協議で自民党が入れるように主張。民主党が受け入れた。各党関係者によると、異論はなかったという。

 修正協議前に衆院に提出された自公案にも同様の表現があり、先月末の本会議で公明の江田康幸議員は「原子炉等規制法には、輸送時の核物質の防護に関する規定がある。核燃料の技術は軍事転用が可能で、(国際原子力機関=IAEAの)保障措置(査察)に関する規定もある。これらはわが国の安全保障にかかわるものなので、究極の目的として(基本法に)明記した」と答弁。あくまでも核防護の観点から追加したと説明している。

 一方、自公案作成の中心となった塩崎恭久衆院議員は「核の技術を持っているという安全保障上の意味はある」と指摘。「日本を守るため、原子力の技術を安全保障からも理解しないといけない。(反対は)見たくないものを見ない人たちの議論だ」と話した。

 日本初のノーベル賞受賞者となった湯川秀樹らが創設した知識人の集まり「世界平和アピール七人委員会」は十九日、「実質的な軍事利用に道を開く可能性を否定できない」「国益を損ない、禍根を残す」とする緊急アピールを発表した。

◆手続きやり直しを 

原子力規制委員会設置法の付則で原子力基本法が変更されたことは、二つの点で大きな問題がある。
 一つは手続きの問題だ。平和主義や「公開・民主・自主」の三原則を定めた基本法二条は、原子力開発の指針となる重要な条項だ。もし正面から改めることになれば、二〇〇六年に教育基本法が改定された時のように、国民の間で議論が起きることは間違いない。
 ましてや福島原発事故の後である。
 ところが、設置法の付則という形で、より上位にある基本法があっさりと変更されてしまった。設置法案の概要や要綱のどこを読んでも、基本法の変更は記されていない。
 法案は衆院通過後の今月十八日の時点でも国会のホームページに掲載されなかった。これでは国民はチェックのしようがない。
 もう一つの問題は、「安全確保」は「安全保障に資する」ことを目的とするという文言を挿入したことだ。
 ここで言う「安全保障」は、定義について明確な説明がなく、核の軍事利用につながる懸念がぬぐえない。
 この日は改正宇宙航空研究開発機構法も成立した。「平和目的」に限定された条項が変更され、防衛利用への参加を可能にした。
 これでは、どさくさに紛れ、政府が核や宇宙の軍事利用を進めようとしていると疑念を持たれるのも当然だ。
 今回のような手法は公正さに欠け、許されるべきではない。政府は付則を早急に撤廃し、手続きをやり直すべきだ。(加古陽治、宮尾幹成)

<原子力基本法> 原子力の研究と開発、利用の基本方針を掲げた法律。中曽根康弘元首相らが中心となって法案を作成し、1955(昭和30)年12月、自民、社会両党の共同提案で成立した。科学者の国会といわれる日本学術会議が主張した「公開・民主・自主」の3原則が盛り込まれている。原子力船むつの放射線漏れ事故(74年)を受け、原子力安全委員会を創設した78年の改正で、基本方針に「安全の確保を旨として」の文言が追加された。


自民党はもともと中曽根や石原都知事など核武装論者が主流小坂正則

今回のどさくさに紛れて改正された、宇宙開発機構法と原子力基本法の改正は東京新聞が指摘するように「核の平和利用」からの脱却を目指したものです。
これまで私たち日本人の大多数が「日本は核など持たない」と思っていたでしょう。しかし、日本に原発を導入した読売新聞の社主正力松太郎と、その手下の中曽根康弘は「核武装できる日本」を目指して原発を導入してきたのです。
1953年12月8日、折しも日本軍が米国の真珠湾を攻撃した記念日に国連で米国アイゼンハワー大統領は「核の平和利用」を宣言しました。「これから米国の原発をアメリカは世界に売り込むのだ。そして核の軍事利用とともに平和利用を進めるのだ」と。しかし、なぜこのような演説をアイゼンハワーはしなければならなかったのか。その理由は、その年の8月12日にソ連が水爆実験を成功させたのですが、米国は翌54年3月1日に南太平洋ビキニ環礁で水爆実験を強行し、日本の第五福竜丸が被爆するのですが、米国がソ連に水爆開発に遅れを取ったのです。ソ連は軍事独裁政権ですから軍事費は湯水のように使えますが、米国はそうはいきません。そこで核の平和利用という名の原発を各国に売り込むことで核産業を支えて核兵器も一緒に開発しようと目論んだのです。
その目論みに動いた日本の政治家が正力と中曽根です。もともと彼らは「共産主義から日本を守る」という目的でCIAと密接につながっていたそうです。
そして日本に東海原発が建設されて、1963年10月26日発臨界して、その後昨年の3.11までに54機もの原発が作られて来たのです。
中曽根は核の平和利用だけを目指していたのではありません。日本がロケット技術と高純度のプルトニウムを持つことは核武装の能力を常に持っていることであり、そのことが外交上の核抑止力になるというのが外務省の公式見解のようです。
私たち日本人はこの国が核武装するなど考えもしていませんが、私たち日本人だけが脳天気なのです。脱原発と反核はセットで反対運動をしなければなりません。ヨーロッパの反核運動は脱原発とセットなのですが、日本だけが「核の平和利用」を認める風潮がありました。私たちもヨーロッパの平和運動のように「反核なら反原発」を合い言葉にして、自民党のもくろみは叩きつぶして脱原発と非核平和の東アジアを実現させましょう。
by nonukes | 2012-06-24 16:36 | その他 | Comments(0)

大飯眼発再稼働反対を訴える45000人が官邸前に結集

d0174710_2029124.jpg
d0174710_20292451.jpg
d0174710_20294990.jpg
d0174710_20301094.jpg

d0174710_2031519.jpg
d0174710_2032138.jpg
d0174710_20323736.jpg
d0174710_2032582.jpg


NHKは無視して報道しなかったがニュースステーションでは報道されました
再稼働反対の声が官邸まで届いたいました

昨日の22日は首相官邸前に4500人の人々が集まって「大飯原発再稼働反対」の声を涸らして訴えていました。サラリーマンあり、OLありでこれまでのような反原発の強者ばかりではなく、普通のサラリーマンや女性が多かったように思います。国民の多くが「福島の事故原因も究明されないでなにが再稼働か」という想いだと思います。国民の声をもだ野田首相にも十分届いたことでしょう。
しかし、野田首相は国家官僚に完全に牛耳られてしまって、官僚の操り人形です。彼には民主党の結党時の反官僚政治の意志はみじんもありません。結局、筋書き通りの「すべて原発が止まったまま夏を乗り切れたら今後二度と原発の再稼働はできない」という恐怖から、関電の電気は十分乗り切れるのに大飯原発の再稼働にゴーサインを出したのです。
私たちは王道を進むしかありません。「原発を動かさなくても電気は足りている」という反原発のキャンペーンを広げましょう。

電気が足りないならオール電化などもってのほかです

「この夏はが足りなくて困」と電力会社と国は言います。それなら何でオール電化など進めるのですか。本当は電気は余っているので「電気が足りないキャンペーン」と「計画停電」の脅しを国民に与えているのです。私たちはそんな電力会社のウソにだまされたりはしません。計画停電の脅しに負けずにこの夏を原発なしでのりこえられたら、二度と原子力に頼らない日本のエネルギー政策を掲げましょう。


報道ステーションのニュースです

こんな映像もあります。本当に4万人の数を体験できる映像です


徒歩で1周しながら撮った首相官邸デモの状況
by nonukes | 2012-06-23 20:49 | 原発再稼働は許さない | Comments(2)

鹿児島県知事選の応援ツアーにあなたも参加しましょう!

d0174710_21233442.jpg
d0174710_21235933.jpg
d0174710_21241553.jpg

鹿児島から脱原発の奇跡を起こそう!

昨日大雨の中向原さんは県庁前で県知事選の第一声を上げたそうです。残念ながら私たちには選挙権がありませんが、熱い思いは向原さんと同じです。「鹿児島から脱原発の奇跡を起こすのです」夢は見た方が勝ちです!「この選挙は勝ち目がない」と思えば鹿児島県民脱原発を願う人々は白けきって選挙さえも棄権するかもしれません。しかし、もし、私たちが声をからして訴えて、「鹿児島のみなさんが日本を変えられるのです。諦めないでください!選挙の勝てばいいのです。相手は野合の衆です。私たちは日頃選挙に行かない若者に選挙に行けと言えばいいのです」と呼びかけましょう。鹿児島で奇跡を起こすのです。すると、次は山口でも奇跡が起きます。そして日本中で奇跡が起きるかもしれないではないですか。
まあ、難しい話はさておき、選挙は楽しんだ方が勝ちです。だからみんなで楽しみましょう。そして鹿児島に行って、選挙の熱気を思う存分全身で受けてみませんか。

カンパも受付中!
向原さんはやってくれます。そして私たちは奇跡を起こします。でもお金がほんのちょっと足りません。あなたの志を期待しています。肉体労働を出せる若者は労働で。忙しい方はカンパを。それぞれにできることをやって奇跡を起こしましょう!あなたがその気になったら奇跡は必ず起こるのです。さあ、奇跡を起こすのはあなた次第です!
カンパ送り先:向原公式HPを見て問い合わせてください。小坂へのカンパしてくれる方は大分の仲間の交通費に充てさせていただきますので小坂までお問い合わせ願います。

大分から勝手に向原さんを応援する選挙ツアー募集中!
出 発:6月30日夜大分を出発→鹿児島7月1日朝到着
帰 着:7月4日を予定しています
仕事は:ビラ配りや雑用などなど
特 典:夜は鹿児島の人などと選挙と脱原発を語り酒を飲みながらの脱原発実践講座
参加費:車のガソリン代などの割り勘分と食費と酒代など(宿泊費は不要の予定)
その他:先に帰りたい方はバスで帰れます

申し込み先:090-1348-0373(小坂)
さあ、選挙に勝つ夢を見て、それを現実にしましょう!鹿児島から奇跡が起きるのです!

向原公式ホームページ
by nonukes | 2012-06-22 21:19 | 原発とめよう!九電前ひろば | Comments(2)

  小坂正則