「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ステキな西表島の4日間でした

d0174710_185857.jpg


d0174710_1142664.jpg

d0174710_1105837.jpg

d0174710_1163181.jpg

d0174710_1184489.jpg

d0174710_1213159.jpg

d0174710_1281543.jpg

西表の魂の根源に少しだけ触れることができたような気がします

西表島に来て、エコツーリズム協会の伊谷夫妻の献身的な仕事ぶりに随分と助かりました。事前に伊谷美穂さんの情報により、西表の自然エネルギーの実践は大変厳しい課題だと感じていました。しかし、それでもやり遂げようとする若いお二人の熱意に、私は感動しました。26日の島に入った後、3時間にわたる事前打ち合わせと講演内容の変更など、緻密な打合せを行いました。それでけの準備があったから、そつなく話すことができたのかもしれません。今回の旅で一番感動したのは、芭蕉布などを染め織りしている石垣昭子さんをご紹介して頂いたことです。ステキな織物を見せて頂いたことと、魂のお話をさせて頂いたことです。昭子さんはこころ優しい方なので、私に合わせてくれたのかもしれませんが、いたく共鳴しました。祭りの話しや、子どもたちの残さなければらない、伝承文化の必要性や芭蕉布に息づくこの島の魂のよううなものがあるはずだというお話など。私は有頂天になってお喋りをさせて頂きました。こんなステキな方とお会いできて私の今回の旅は大満足な旅でした。

夜には最後の講演が待っていました。

8時から始まる講演会に8時5分前には誰も来ません。さすがの私もちょっと不安がよぎりました。しかし、時間と共にお客様は来てくれました。でも、議員さん以外は全てよそ者だったそうです。私のつまらない話しも皆さん我慢して聞いてくれました。本当にありがとうございます。
これからは皆さんが具体的に何かに取り組んで実践することを期待しています。

写真の説明

①石垣昭子さんです
②石垣さんが使う機織機
③伊谷美穂さん
④これが芭蕉布です
⑤これはパッションフルーツです
⑥アトリエの前のオブジェ
⑦最後が講演の模様です
by nonukes | 2011-08-29 01:11 | その他 | Comments(1)

西表島で自然エネルギーを考える講演会に来ています

d0174710_1447401.jpg


d0174710_14525356.jpg

d0174710_1455584.jpg

d0174710_1459692.jpg

d0174710_1515497.jpg

d0174710_158985.jpg

ここは南の彼方の西表島です

一昨日から西表島に来ています。なぜか私に「西表で講演をしろ」というお誘いがありまして、昨夜は上原地区でお話をしました。今夜は東部の大原地区でお話をします。何の話しをするのかというと、この島で自然エネルギーを増やして行くにはどんなエネルギーがいいのかという勉強をするその第一回目が私に白羽の矢が立ったのです。
やはり西表は遠いです。福岡から飛行機で沖縄の那覇まで来て、飛行機が30分遅れたため、石垣行きの飛行機が出発ギリギリで、職員さんが「小坂さんはいませんか」と、私を捜していました。そんなんでギリギリに飛行機の乗り継ぎに間に合って、やっと石垣空港に着いたのですが、今度は船の出発までに20分しかない。今度はタクシーに乗って慌てて船着き場に向かい、やっと乗船できました。朝6時に自宅を出てから15時に西表に着くまで時間に追われてたどり着きました。
でも、そんな中にものんびりと花を見たり、海に行って泳いだり、サンゴを拾ったり結構、遊んでいます。
星砂海岸ではサンゴも拾ってきました。ここには大分で売ってる観葉植物が雑草でした。また、道ばたにはきれいな花が咲き乱れています。ここは南の島、熱帯の天国です。こんなところに住んでいたら長生きするだろうと思います。花はきれいだし、空も海もきれいだし、時間の流れがゆっくりな気がします。泡盛もおいしかったです。
自分だけこんな贅沢な時間を過ごさせていただいて申し訳ありません。それも仕事で来ているのですから…。
ちょっとお遊びの写真を撮ってみました。パソコンの中にもサンゴとパソコンの写真があり、その中にもサンゴとパソコンがあり、そのまた中にもあるのです。エッシャーのだまし絵の真似です。

写真の説明

①イタズラ写真
②ペンション「アトク」です。ステキなペンションです
③一人ばえのハイビスカス
④名前の知らない花です
⑤マングローブが至るところで見れます
⑥街路樹がヤシのようなのです
by nonukes | 2011-08-28 14:38 | 自然エネルギー | Comments(1)

「ミツバチの羽音と地球の回転大分県内連続上映会のお知らせ

d0174710_14152131.jpg
長い間ブログを更新しないままでした。せっかく遊びに来て頂いた方には大変申し訳ありませんでした。これからはまた、更新しますので遊びに来てください。

タイトルのように「ミツバチの羽音と地球の回転」という映画を大分県内6会場で連続上映を行います。みなさん鎌仲ひとみ監督作品をぜひご鑑賞願います。この映画は昨年11月7日に大分市で上映しました。その際に鎌仲監督から「大分でも連続上映をぜひやってね」と問いかけられました。私はついつい「もちろんやります」と、簡単に引き受けてしまいました。でも、忙しさにかまけてなかなか連続上映会の話しを回りの方々に相談するチャンスを逸していました。とことが3.11大震災の後に、「この国のエネルギー政策の大転換機にこの映画をやらないのはおかしい」と思うようになりました。だから、回りの方々に何とかして「この映画をみんなでやりませんか」と片っ端から声を掛けたのです。そしたら、心優しい私の友人たちやそのまた友人たちが、「それなら私がやりましょう」と声を上げてくれたのです。しかし、前売りチケットの販売が思わしくありません。
ぜひみなさんお近くの上映会へお越しください。「ミツバチの羽音と地球の回転」という映画は上関原発に反対してたたかう祝島の人々の暮らしとスウェーデンの人々の暮らしを同時に追った映画です。スウェーデンの人が言います「日本では電力会社を自由に選ぶことができないの。どうして」と。片や日本では祝島の人々が頑なに原発を建てようとする中国電力の社員に対して「何であんたらは私たち祝島の生活を破壊してまで原発を作ろうとするのか」と。この対照的な違いは、3.11の事故によって証明されたのです。日本では民主主義がなかったために、国と電力会社は強引に国民をだまして危険な原発を過疎の人々へ一方的に押しつけてきたのです。
こんな理不尽な国や電力会社のやり方にストップをかける最初で最後のたたかいを私たちは進めなければならないのです。だからこの映画をぜひ見てほしいのです。
なお、23日の佐伯は鎌仲監督がゲストとしてお見えになります


ミツバチの羽音と地球の回転 大分県内連続上映会
日程表


日時
場所
主催者
連絡先

8月27日(土)
10時~ 14時~
富貴寺
河野080-6168-8325
FAX0978-26-2677

9月7日 (水)
19時~21時
九重町 九重文化センター
九重町上映実行委員会
吉岡090-4994-9472
電話・FAX
0973-79-3637

9月11日(日)
13時~
湯布院公民館
由布市上映委員会
稲田097-582-2217
畑のレストラン

9月18日(日)
14時15分~
中津市教育福祉センター
アースデー中津
須賀0979-22-0963
第三世界ショップ大地

9月23日(金)
16時~(鎌仲ひとみトークライブ1時間)
佐伯市 和楽
子どもたちを放射能から守る会大分
古屋090-9848-4148

9月24日(日)9時30分~1週間
シネマ5 (鎌仲ひとみ監督挨拶10分間)
097-536-4512
by nonukes | 2011-08-28 14:00 | イベント案内 | Comments(0)

  小坂正則