「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

カテゴリ:オール電化( 9 )

電力完全自由化を成功させよう! その3

電力完全自由化を成功させよう! その3
深夜電力料金が値上がりして、オール電化はお荷物でしかなくなった

小坂正則
d0174710_12573123.gif

d0174710_13133970.png

オール電化詐欺師の電力会社

2011年3.11以前は猫も杓子も「オール電化」「オール電化」と電力会社は宣伝していましたね。現在はどの電力会社もさすがに大ぴらな宣伝はしなくなりました。でも工務店や電気工事屋は相変わらずオール電化を勧めています。マイホームを建てるときにオール電化の方が建設費が高くつくのでそれだけ利幅が大きいのでしょう。
「オール電化は年間10万円もお得」という宣伝を九州電力は行っていました。2008年に公正取引委員会から九州電力のオール電化のチラシがウソを唱っているということで訂正の行政指導を受けたのです。その内容とは、オール電化の工事を行うための初期投資を計算に入れないで年間10万円お得と言っていたのですが、約100万円の初期投資を入れたら、10年間でやっと初期投資が回収できるので、その後は利益が出ますが、10年持たないでエコキュート(電気温水器)が壊れてしまえば損することもあるという犯罪的なインチキ宣伝だったのです。ですから、私は10年以上前から「オール電化はお財布にもよくないし環境にもよくないのでやるべきではない」とあちこちで話していました。
オール電化の犯罪性は私の以前のブログを見てください。

深夜電力はどんどん値上げされています

電力会社の電力契約メニューのは様々なメニューがあるのは皆さんご存じですか。大きく分けて、一般的な料金は「従量電灯B」という誰でも入っている料金メニューです。それに対して電気温水器を使っている方は深夜割引料金の「時間帯別電灯料金」というメニューです。これは深夜8時間は割安料金にしますが、その代わり昼間の料金が割高にしますというものです。ですから電気温水器をお使いの方は深夜の電気料金が割安の8円くらいになるので、夜中にお湯を沸かしておいて昼間にそのお湯を使うというものです。その代わり昼間の電気代が普通の方は22円くらいのところが32円くらいになりますというメニューだったのです。
ところで何で昼間が割高で夜中が安くできるかというと、それには原発の電気が夜中に余ってしまうと言う日本の電力会社独特の地域独占という制度の弊害を解消させるための料金制度だったのです。ところが311福島原発事故で全ての原発が止まってしまって、夜中の原発の電気が余るどころか足りなくなってしまい、夜中でも石油を使って発電しなければならなくなって、これまでの料金改定で毎回深夜電力が割高になって来ているのです。さて今年の4月から電力自由化で東京ガスなどが新たに進出しますが、そこには当然のこととして「深夜電力割引」はないでしょう。だって東京ガスは原発を持っていませんから深夜だけ電気料金を割安にするメリットなどないからです。と言うことはオール電化の方や深夜電力を使い「電気温水器」を使っている方は既存の電力会社から逃れられないのです。しかし、残っていれば安心かというとそうでもありません。ジワジワと深夜電力は値上げされて、オール電化の割安感は吹き飛んでしまうでしょう。
東電の深夜電力の値上げの歴史を見てください。2012年5月までは深夜料金は1kwhあたり9.72円でしたが、5月からは11.82円へ。現在は12.48円です。実に僅か3年で30%も値上げされているのです。これから東電のお客さんがどんどん減って来れば、ますます深夜電力も値上げされることでしょう。

それでもあなたはオール電化を選択しますか

オール電化は地域独占の電力会社が一方的に夜中の余った電力を捨て値で売って、その分昼間の電気料金を高くして電力需要調整のために負荷平準させていたのです。ところが電力自由化でそれどころではなくなってしまいました。昼間のお客さんもどんどん少なくなって来たので、夜中を安くして昼間の客に高く売るという殿様商売ができなくなったのです。これから家を新築する方はオール電化だけはやめてください。初期投資を回収できないからです。おまけに新規の電力会社はガス会社が多いので、オール電化メニューなど用意しません。オール電化は役立たずのお荷物にしかなりません。
しかも、電力会社もこのようなオール電化の割安料金メニューは今年の4月からは廃止すると公表しています。「電気料金プランは、2016年3月31日をもって新規ご加入の申込受付を終了させていただきます。」
今からオール電化を考えている方は早急にガス併用に変更しましょう。

適正な競争社会ではウソが通用しない

「オール電化」は日本特有の電気料金制度でした。それは地域独占の電力会社特有の制度でガス会社の利益を巻き上げようとする考えです。自分たちの電気は独占ですから昼間の電気料金を高くして夜中を安くしても、電力独占なら総体での売り上げには影響しないのですからいくらでも夜中の電気を安くできたのです。しかし、これからは昼間を高くしたら顧客が逃げるのですから、そんなに昼と夜の電気料金の格差は作れません。それに原発をどんどん作りすぎたせいで夜中の電気が余っていたので深夜電力を安く売っていたのです。ところが今度は激しい競争です。夜中が余るどころか昼間も余るようになるでしょう。電力会社は倒産するような時代になって来たのですから、電力会社は恥も外聞もかなぐり捨てて取れるところからはどんどん金を取ろうという戦術になるでしょう。つまり、オール電化の顧客はガス会社の電力には絶対に逃げ出すことはないのですから、生かさず殺さず、あなた方(オール電化のお客様)はオール電化をやめるまではずーっと電力会社の餌食にされるのです。
でも、それは仕方ありません。社会的公正な市場ができるのですから、不公平で環境負荷も大きな深夜電力利用の温水器(夜中にお湯を沸かして翌日の夕方にお風呂などに使うので熱損失が大きいというエネルギーロスの問題がある)の社会的役目が終わったのです。
by nonukes | 2016-01-09 12:59 | オール電化 | Comments(0)

「2030年原発比率が22%」こんなふざけたエネルギー政策を許してなるものか

「2030年原発比率が22%」こんなふざけたエネルギー政策を許してなるものか
小坂正則
d0174710_1473951.gif

d0174710_1503244.jpg


昨年暮れの衆院選で自民党の原発政策は「原発の依存度を可能な限り低減させる」と選挙の中で唱えていました。しかし、資源エネ庁の「長期エネルギー需給見通し小委員会」の13名の委員会はなぜか2030年の原発依存度が20~22%という目標値を答申しました。「ちょっと待った」今ある原発は原則40年で廃炉と規制委員会が決めたのに、すでに廃炉が決まっている玄海1号などを除けば2030年には原発の依存度は多くても15%以下にしかならないはずじゃなかったのですか。原発の依存度を22%に維持するには、相当数の原発を20年延長か新規の原発を建てるか、リプレイスといって古い原発の後に新たな原発を建て替えるかをしなければ、そんな数字は無理なはずだよね。
嘘つき安倍晋三は昨年の総選挙から、私ら国民を騙していたんじゃないか。戦争法案といい、TPPといい、安倍内閣は国民を何から何まで騙し続ける、戦後最低の内閣ですよ。

発電比率よりも問題は電力需要の高めの見通しだ

ところで、2030年の電力需要がいくらになるかが大切な問題なのです。2030年の電力需要の見通しでは、2013年の9670億kWhから2030年9810億kWhに増加することを前提としています。しかし、考えてみてください。2030年の日本の人口予想は1億1600万人と政府の予測ですが、実際にはもっと減るでしょう。しかし、少なくとも1000万人くらいの人口減少が起こるのです。それななのになぜ電力需要だけは150億kwhも増えるのでしょうか。日本中の照明をLEDに変えたら原発2基分ほど減ると言われていますが、これから15年も経てば全照明の半分はLEDに代わっていることでしょう。その上、省エネ化はますます進むことですから省エネで10%の需要削減と、少子化で電力需要10%減るとしたら、2030年の電力需要は7736億kwhになります。そして政府が見込んでいる2030年の電力需要は9810億kwhですから、その差は21.2%の政府需要予想よりも少なくなるのです。そしたら、20~22%の原発比率は不要になるのです。
もちろん予測はあくまでも予測ですから実際の需要は分かりませんが、政府の予測はこれまでいつも需要予測を過大に見てきていました。これからは少子高齢化でエネルギー政策需要は確実に減少することは間違いありません。だから原発依存度は大幅に低減できるのです。しかも、太陽光発電と風力の増加をほとんど見込まないという2030年予測は世界の潮流に逆行した見通しです。これから一番伸びるし、延ばすべき電力は風力と太陽光発電と木質バイオマスですし、電力需要から直接熱需要への転換などによる電力需要の削減は可能なのです。つまり、住宅建築時にペアガラスの利用と外断熱などによりエアコンや暖房用の電力需要が大幅に減らせるのです。実際にその2つの採用で冷暖房費は50%削減可能なのです。ですから省エネ10%という予測は少なすぎるくらいなのです。
しかも二酸化炭素削減目標が2030年に2013年比26%削減というと大きく削減したように見えますが、実際は1990年比では18%の削減しかならないのです。EUは90年比40%削減目標です。もっと日本はエネルギー需要の大幅削減と二酸化炭素の大幅削減目標を掲げるべきなのです。

嘘つきに何を言っても無駄だかもしれませんがパブコメ書こう

そんな嘘つき安倍政権と資源エネ庁にいくら私たちが真面目に2030年のエネルギー需給見通しのパブコメを書いても「伊方原発再稼働」パブコメと同じように、全く無意味だろうとは思うのですが.、それでも「原発推進派」のパブコメに負けるわけにもいきません。ここは「安倍俺たちをバカにするな」という気持ちと「原発即時ゼロでも日本は十分やっていけるんだ」という裏付けを示して、「原発を動かさなければ日本は国際競争力で負けてしまう」と思っている有権者へ「原発ゼロでもやっていける」と証拠に、その裏付けのパブコメをみんなで書こうではありませんか。でもちょと書き方が難しいかもしれませんが、要は「私は2030年原発ゼロのエネルギー政策を求めます。なぜなら今でもゼロでやっていけるのに何でわざわざ原発の22%も動かさなければならないのですか」という、これだけでもいいのです。ガンバってみんなで書きましょう。7月1日まで残すところ2週間しかありません。パブコメは中身なんかではありません。数だけです。どんどん「原発ゼロのままのエネルギー政策を続けてください」というのでもいいのです。
書いて書いて書きまくってやりましょう。ぜひ皆さんよろしくお願いいたします。



【7月1日まで】長期エネルギー需給見通し策定に向けた御意見の募集(←ここから入れます)


by nonukes | 2015-06-17 01:50 | オール電化 | Comments(2)

電力自由化した後ならいくらでも電気料金値上げはかまわない

d0174710_18493113.jpg

九州電力北九州支店のHP。平成20年9月の電気料金により算出とありますが、2013年のいまだに旧料金のまま掲載し続けています。コンプライアンスのない会社ですね


電力自由化した後ならいくらでも電気料金値上げはかまわない
小坂正則

電気料金の値上げはオール電化を直撃

今年の5月1日から九電の電気料金が値上げしました。一般家庭の電気料金の上げ幅は6.23%で、大口電力(法人用)は11.94%の値上げです。そして一般家庭の中でもオール電化の家庭の値上げ幅が大きいのです。九電が示すモデル家庭では、一般住宅で5.7%増(月6643円→7021円)で378円の値上げで、オール電化は12%増(月1万852円→1万2154円)で1302円の値上げとなるのです。このようにオール電化の家庭では深夜電力の値上げ幅が最大で21.46%もの大幅値上げになりました。これまで電力会社は「深夜電力利用でオール電化はお得」と宣伝してきたことを無視して値上げです。オール電化のために100万円以上の経費をかけた方が、オール電化をやめればIHヒーターやエコキュトーが不要になるわけですから電力会社による消費者への詐欺行為と言ってもおかしくはないでしょう。九電管内ではオール電化の普及率が12年11現在、普及率は14.6%だそうですから、多くの消費者が九電にだまされたのです。

動く可能性のない日本原電へ1300億円プレゼントの電力会社

今回の値上げの理由は原発が止まって、火力発電の燃料調達コストがかかっているから値上げをするという説明をしていますが、果たしてこの説明だけで私たちは納得できるのでしょうか。電力会社の電気料金は総括原価方式という計算方法で決められています。まず、電力を作る必要な経費を全部足しあわせて、それに正当な利潤をプラスして、その上で適正な電気料金を算出する仕組みになっています。しかし、問題は「必要な経費」が本当に必要と認められる経費なのかに常識では認められないような寄付金などが紛れ込まされているのです。まず、電気事業連合会への上納金は不明ですがこれも経費として認められているでしょう。この電気事業連合会なる団体は任意団体で構成員の詳細も決算も不公表の、ここから出される寄付金も全て秘密という“闇”組織です。そのほか社員の給料も高額ですし、役員報酬も一人数千万円で相談役という名の社長経験者への報酬なども死ぬまで約束しているのです。そのほかあらゆる無駄の「必要経費」を積み重ねて電気料金が決められているのです。
また、読売新聞5月1日によると、九州電力など、電力10社の2013年3月期連結決算が30日、出そろった。九電は、原子力発電所の停止に伴う火力発電の燃料費などが膨らみ、税引き後利益は3324億円の赤字(前期は1663億円の赤字)となった。赤字幅はこれまでで最大となった。東京電力や関西電力も大幅な赤字だった。原子力発電所を持たない沖縄電力と、水力発電の比率が高い北陸電力以外の8社が赤字決算となり、8社合計の赤字総額は1兆5942億円と、2期連続で1兆5000億円を超えた。(ここまで読売新聞)
といいますが、「この赤字がすべて原発が止まって、その分火力発電で代替したため」と説明していますが、それは全くのでたらめです。まず、原発が運転していないにもかかわらず、いつでも再稼働できるようにすべての原発施設の社員は配置しています。また、メンテナンスなどの下請け社員やはたまた、東電や関電は1kwも発電していない「日本原子力発電株」へ基本料金という名目で年間1300億円も電気料金を支払っているのです。この契約を破棄すれば最低でも1300億円は経費が浮きます。この日本原電の東海村2号機は東海村村長が廃炉を要求しており、敦賀1、2号機は活断層の影響で規制庁が廃炉を求めており、全原発の稼働の見込みがないのに電力会社が支えているのです。でもよく考えたらそのお金はすべて電気料金という名目で消費者が払っているのです。また、佐賀県鳥栖市に2013年春開業をする「九州国際重粒子線がん治療センター(サガハイマット)」へ九電は39億7千万円を寄付するそうですが、これも電気料金の原価です。あげればきりがないほど不当な経費が電気料金中に紛れ込まされています。だから日本の電気料金が世界一高いのです。

1日も早く発送電分離と電力自由化を求めよう

トヨタ自動車やホンダが車の販売価格を値上げしたからといって誰も文句は言いません。人気車種は値上げしてもほしい方は買います。トヨタが値上げすれば消費者はほかのメーカーの車を買えばいいのです。しかし、電力は私たち消費者は自由に選べないので黙って値上げを我慢するしか方法がないのです。日本の私たちも自由に電気を買える社会が1日も早く来れば電力会社はこれまでのような放漫経営はできないでしょう。そんなことをしていたら会社はすぐに倒産してしまいます。ちなみにOECD加盟34カ国の中で発送電分離していないのはメキシコと日本だけだそうです。電力に関しては私たちの国が異常なのです。

オール電化の関連ブログです

今すぐオール電化をやめよう

太陽光発電設置者はオール電化で損をする
by nonukes | 2013-05-31 18:51 | オール電化 | Comments(0)

オール電化を進める方の私への反論への反論です

d0174710_22454413.jpg


以下は私のオール電化批判への反論の投稿です

Commented by sora at 2012-07-15 19:40 xデメリットをいろいろ書かれていますが、説得性がないですねw

①②同時にガス料金が上昇していることも考慮しないといけないでしょう。
③大災害時は、ガスも来てないでしょう。
④電磁波のレベルは、がんや白血病の原因になるようなものではない。
⑤ガスによる料理がおいしいというのは、主観的なもの、あるいは偏見でしょう。
⑥IH分を売電しても、ガス料金と太陽光の導入コストに消えるのでは?そもそも余剰電力は48(42)円では売れないでしょう。
⑦ピーク時間は14時頃なので、そのころのオール電化製品の影響は小さいでしょう。
⑧電力会社がそのようなでっち上げの宣伝をしているかどうかは知りませんが、どの製品でも適正な使用法を守ることは常識でしょう。
⑨二酸化炭素をオール電化が確実に出してますねの根拠は?


soraさんへの私の反論です。

このようなコメントにいちいち反論をするのもいかがなものかと思うのですが、まあ、私が反論できないと思われるのもいやなので反論します。
①②への反論→深夜電力が安いのは昼間の電気料金に対して不当に深夜電力を安くしているだけで、これは不当な安売りに当たります。それは原発が動いていたときは原発の電気は深夜余っていたからです。しかし、原発が止まっている今は深夜電力は余っていないので徐々に深夜電力料金は値上がり傾向にあります。当然ですよね。ガスがあがるのは物価上昇など国際的な情勢によるものです。
③の災害時にはガスも止まる→確かに都市ガスは止まります。でもLPガスは止まりませんね。(私が言ったのはLPガス)
④電磁波の影響はあなたの主張は国や電力会社の主張ですね。カロリンス研究所やWHOの勧告など私はヨーロッパの主張を元にしています。あなたが電力会社の主張に同調するのはかってです。
⑤あなたが電気による料理がおいしいという主観は私は全く否定はしません。それはあなたの偏った感性だからです。一流の料理家が電気で料理を作りますか?あなたの主張は論外です。
⑥この意味が私には分かりません。太陽光発電をつけている家庭は昼間の剰余電力は48(42)円で売れますね。だから昼間は電気をできるだけ使わない方がお得です。だからIHなんか使えば損です。一目瞭然の論理です。
⑦昼間のピーク時は12時から14~15時くらいですね。その間にIHで料理をすればピークを押し上げることになりますね。14時というあなたの根拠事態は矛盾しています。そんな針のようなピークはありませんよ。
⑧このような宣伝はガス会社の方から聞きました。事実かどうかは私も検証はしていません。(これに対しては反論はしません)
⑨昔は深夜電力は原発の電気だから二酸化炭素は出していないというのが電力会社の反論でした。それに対しては気候ネットワークが反論済みです。しかし、現在は原発が止まっていて、深夜もガスや石油や石炭でお湯を沸かしていますね。それだったら発電ロスで5割のエネルギーロスで送電ロスと熱が冷めるロスなどを加えると原発が動いていた時よりも遙かにエネルギーロスが多いですね。

それに現在は電気が足りないと節電キャンペーンを政府も電力会社も繰り広げているのに、なぜ今でもオール電化キャンペーンを繰り広げているのですか。これなんか詐欺以外の何者でもないですよ!今ぐらいはオール電化キャンペーンはやめたらどうなの!節操のない電力会社ですね。だって、電気は足りなくないからですよ。関電の社長は言ってますね。「電気が足りないから大飯を動かすのではない!安全な原発はすべて動かします」これが関電の本音です!「大飯再稼働反対!活断層の上にある大飯は今すぐ止めよう!」


反論元の文章です

オール電化は深夜電力(夜11時~翌朝7時)までの電気料金を9円17銭(東電)と安くして、昼間(午前10時~午後5時)の電気料金を33円37銭(東電)と高くする料金体系です。その理由は、深夜には電力需要が少ないため、原発の電気が余って困る電力会社が深夜電力でお湯を沸かして、そのお湯で翌日の夜のお風呂などのお湯を使ってもらうために思いついた料金体系だったのです。しかし、現在原発が止まっているので電力会社は昼間も深夜も発電コストは変わらないので深夜電力を割り引くことは損を覚悟に商売なのです。おまけに東電は一律に2円60銭の値上げを7月から実施の予定です。すると深夜電力は11円77銭となり、おまけに昼間も2円60銭値上げされるので35円97銭にもなるのです。もうオール電化のメリットはほとんどありません。

オール電化のメリットとデメリット
メリット
①エコキュートという熱効率がいい温水器でお湯を沸かせばガスよりも安くお湯が作れる
②原発の深夜に余った電気を使ってお湯を沸かすので原発をどんどん建てることができる。
③ガスを使わないのでガス爆発や火事になる心配が少ない
④毎月の光熱費が削減できる(ただしエコキュートなどの購入費用は含んでいない)
⑤オール電化は深夜の原発の電気でお湯を沸かしていたので二酸化炭素の削減になるなど環境にやさしい。(原発が動いていた頃のこと)

デメリット

①深夜電力料金が上がったら光熱費が安いということが通用しなくなる。(東電の深夜電力9.17円→11.77円)
②これまでに深夜電力はどんどん値上げを繰り返してきたし、これからも必ず値上げされてしまって、エコキュートなどを買った元が取れない可能性が高い。(九電の深夜電気料金2008年7.19円→現在8.05円→将来?円)
③地震や大災害時に停電したらオール電化は風呂にも入れないし煮炊きも出来ない。
④IHクッキングヒーターの出す電磁波によってガンや白血病にかかるリスクが高い。
⑤ガスによるおいしい料理が出来ないので、冷凍食品を、レンジでチンして食べる食生活が増える。従って家庭料理のうまさを味わえなくなる。
⑥太陽光発電を付けている方はせっかく昼間、電力会社に48円(42円)で売れる自家製の電気をIHクッキングヒータなどに使うので儲けが少ない。
⑦関西電力などは夏場の電気が15%足りないといっていて、その分は九州電力管内でも節約して融通してやるべきなのに昼間オール電化の方はどんどん使うので融通できない。(電力需要のピープカットに貢献できないどころか逆にピークを作ることをやっていて犯罪的な電力消費者になってしまう)
⑧「ガスは火事やガス爆発の危険性がある」というのは電力会社やオール電化を広める工務店のでっち上げ。自殺しようとしてガス爆発を起こす以外にガス爆発は今日ではありません。ガス警報器などついてい。火事の危険性はIHでも同じです。何でも適正に扱わなければみな危険です。
⑨二酸化炭素をオール電化の方が確実に出していますね。それに深夜に作ったお湯を翌日の夜にお風呂に入るのですからエネルギーロスが大きい。お金も損して環境にやさしくなくて、電気が足りないと言っているの、「電気をジャブジャブ使うオール電化」です。それでもあなたはオール電化を続けますか?

解決策はないのですか

オール電化の方が「原発が止まって電気が足りない」と言う政府や「大飯原発を動かさないと電気が足りないの」と言ってる関西電力(これもほとんどウソなのですが)へ協力する方法はないのでしょうか。あるんです。あなたは損をしなくて、それも電力需要のピークを作ることに荷担しない、いえピークカットに協力できる方法があるのです。
①まず、お近くのLPガス会社に電話をします。「ガスを引いてください」とお願いします。
②そこで、「工事費や湯沸かし器の費用は無料でやってくれると聞いたのですが間違いありませんか」と念を押します。そして2,3電話したら全て無料の会社が見つかるはずです。
③そこでガス配管工事をしてもらいます。そうそうIHヒーターはどうしますか?ガステーブルの下敷きにでもして、自分たちがいかに無駄なことをしたのかということの記念にでも取っておきましょう。



これであなたは電磁波の恐怖にもさらされることもなく、電力ピークカットにも貢献できて、ガスを使って楽しい生活を送ることが出来ます。さあ、今日からガスコンロでおいしい家庭料理に挑戦してもみましょう。今すぐ最寄りのガス会社にお電話を!!
by nonukes | 2012-07-15 22:35 | オール電化 | Comments(5)

九州電力のオール電化に荷担している企業に「やめて」と声を届けよう

d0174710_13102462.jpg

d0174710_13125716.jpg

九電のオール電化に荷担する企業に「オール電化はやめて」という私たちの声を届けよう

今後の高齢化社会の到来や女性の社会進出が一段と進んで行くことが予想され、また一方ではCO2などの環境問題やエネルギー問題が、さらに重要な課題となっていくものと考えられています。
また、住宅分野では、高齢者に配慮した「安全指向」、室内の空気などに配慮した「健康指向」、家事労働の省力化のための「快適指向」、気密化・断熱化による「省エネ指向」などが重視され、ますます「住む人にやさしい快適住宅」のニーズがさらに高まるものと思われます。

本会では、これらのニーズに応えるため、各社のそれぞれの技術力と住宅建設に対するこだわりを、オール電化住宅というテーマを通じて広くお客様に対し、家づくりの提案活動を行っております。(九電のホームページより)


これがオール電化を進める会福岡の参加企業です

旭化成ホームズ株式会社
福岡営業所
〒810-0001
福岡市中央区天神2丁目14番8号
福岡天神センタービル11F
(092) 714-7733

エス・バイ・エル株式会社
福岡支店
〒812-0039
福岡市博多区冷泉町5-35
福岡祇園第一生命ビル4F
(092) 291-0355

三洋ホームズ株式会社
九州支店
〒810-0074
福岡市中央区大手門1-1-12
(大手門パインビル5F)
(092) 721-1831

住友林業
西日本住宅事業部
福岡支店
〒810-0011
福岡市中央区天神1-1-1
アクロス福岡6F
(092) 724-1677

セキスイハイム九州株式会社
福岡支社
セキスイハイム九州株式会社
九積支社
〒810-0011
福岡市中央区高砂2-8-1
〒830-0022
久留米市城南町13-21
(092) 533-8160
(0942) 38-3473

積水ハウス株式会社
九州営業本部
〒812-0011
福岡市博多区博多駅前3丁目25-21
博多駅前ビジネスセンター5F
(092) 472-3211

大和ハウス工業株式会社
福岡支店
大和ハウス工業株式会社福岡支店
〒812-0006
福岡市博多区上牟田2丁目11番24号
久留米支店
〒839-0811
久留米市山川神代1丁目10番59号
(092) 473-0833
(0942) 44-7512

株式会社 谷川建設
福岡支店
〒815-0037
福岡市南区玉川町6番7号
(092) 561-3551

タマホーム株式会社
〒833-0056
福岡県筑後市大字久富1370-5
〒812-0013
福岡市博多区博多駅東1丁目18-1
(0942) 52-0814

パナホーム株式会社
福岡支社
〒815-8546
福岡市南区向野1丁目13番14号
(092) 512-1511

ミサワホーム九州株式会社
福岡店
〒812-0011
福岡市博多区博多駅前3-2-8
住友生命ビル1F
南福岡店
〒830-0003
久留米市東櫛原2624-1
(092) 441-1171
(0942) 38-1991

ベスト電器グループ
株式会社ベストオール電化プラザ
福岡本店
〒810-0001
福岡市中央区天神1-9-1
ベスト電器福岡本店3階
0120- 803-704

株式会社 さとうべネック
〒815-0031
福岡市南区清水1丁目21番32号
(092) 554-2120

展示場名
KBCマイホーム展
久留米会場
久留米市東合川1-7-31
(0942) 45-4669

ハウジングプラザ片江
福岡市城南区片江4丁目2番
(092) 874-3266

hitよかトピア通り西住宅展示場
福岡市西区愛宕4-21
(092) 883-5511
hit久留米住宅展示場
久留米市篠山町397-6
(0942) 39-2453
hit大野城住宅展示場
大野城市南大利1丁目1番1号
(092) 589-1564

建設会社

吉田建築工房(株)
宗像市陵厳寺2丁目2-6
0940-32-5304

松本組建設(株)
宗像市神湊1020
0940-62-0016

(株)東洋建設
遠賀郡岡垣町山田156-131
093-282-0135
toyokensetu@h4.dion.ne.jp

(株)九総ホーム
古賀市舞の里3丁目4-5
092-943-5585
kyusohome@kyusohome.com

ホームワカスギ
福津市手光1795-7
0940-43-4768
izumaru@mocha.ocn.ne.jp
福岡地区1


(株)甲斐建設
福岡市東区高美台2丁目1番1号
092-607-2868
kaiken03@kaikensetsu.com

(有)辰巳工務店
福岡市東区青葉3丁目35番12号
092-691-3209
tatumi-55@pop21.odn.ne.jp

(株)百田工務店
福岡市東区多の津1丁目4番5号
092-611-2661
info@momota.co.jp

(株)山川工務店
福岡市東区馬出2丁目2-56
092-651-0672
ymkw@theia.ocn.ne.jp

(株)山田工務店
福岡市東区香椎駅東3-24-4
092-681-2143

三興住宅企業(株)
福岡市東区多の津3丁目8-24
092-623-2810
info@sanko78.co.jp

ツジホーム(株)
福岡市東区多々良1丁目17-10
092-672-5111
tsuji-home@mc.neweb.ne.jp

(株)飯田工務店
福岡県糟屋郡志免町志免中央4丁目8-8
092-935-0113

福岡地区2

九電不動産(株)
福岡市中央区薬院1-13-8九電不動産ビル4F
092-761-4060

立石産業(株)
福岡市中央区六本松四丁目6-31
092-781-3666
tateishisangyou@jmzz.ftbb.net

日建建設(株)
福岡市中央区六本松3-16-33
092-731-2434
info@nikken-co.com

(株)北洋建設
福岡市中央区白金1-2-21-2F
092-522-2442
f-shimizu@nopac.co.jp

末田建設(株)
福岡市中央区笹丘2-24-35
092-761-5761
info@sueta.co.jp

ふくろうの家工房(株)
福岡市中央区天神1丁目14-16
092-732-0296
info@owlst.co.jp

松本建工(株)
九州支店
福岡市博多区博多駅南3-1-1-7F
092-411-8600
tsuru@matsuken.co.jp

芙蓉ホーム(株)
福岡市博多区山王1-10-29
092-452-0588
fuyo-home@par.odn.ne.jp

西日本大和ハウス販売(株)
福岡市博多区吉塚4丁目16-29
092-629-7800

匠建設(株)
福岡市博多区西春町2-1-2
092-591-0800
takumi@abelia.ocn.ne.jp

(有)武藤技建
福岡市南区老司2丁目1-19
092-566-1480
mutogkn@sirius.ocn.ne.jp

(株)タカノホーム
福岡市南区屋形原1丁目36-20
092-566-3838
info@takanohome.co.jp

福岡地区3

有澤建設(株)
福岡市城南区長尾4-5-13
092-862-6888
nakayasu@arisawa.jp

健康住宅(株)
福岡市城南区別府5-25-21
092-846-3000
info@kenkoh-jutaku.co.jp

(株)穴井工務店
福岡市城南区東油山1-35-7
092-861-4321
anai.k@beach.ocn.ne.jp

(株)友添工務店
福岡市南区的場1丁目27-3
092-592-0161

鎌田工務店
福岡市南区警弥郷1-23-7
092-591-2106

稲葉工務店
福岡市南区長住2-5-24
092-551-2208
md8m-inb@asahi-net.or.jp

清興建設(株)
福岡市南区桧原7-40-5
092-512-0161
seikou@q-fukuoka.com

(株)アースビルド
福岡市南区長住2-7-8
092-551-8122
e-bld@crest.ocn.ne.jp

(株)松本工務店
福岡市南区花畑2丁目24番6号
092-566-9686
timen@osk2.3web.ne.jp

(株)リフレッシュホーム
福岡市南区弥永3丁目10-17
092-575-1532
ref@aqua.famille.ne.jp

(株)アルマ
福岡市早良区高取2丁目13-1
092-841-0221
alma@sweet.ocn.ne.jp

(株)富崎工務店
福岡市早良区有田1-42-22
092-841-1820

(株)ふるかわ
福岡市早良区原6丁目29-21
092-843-6149
sumai@aioros.ocn.ne.jp

(株)馬渡ホーム
福岡市西区野方5丁目39-2
092-892-2025
mhome@izu.bbiq.jp

(有)マリナホーム
福岡市西区小戸1-21-22
092-883-3077

平成建設(株)
前原市前原西5丁目1-31
092-324-1111
Hiroshi-Miyazu@heisei-g.co.jp

(有)鏡建設
糸島郡二丈町大字吉井4034-5
092-326-5467
kagami@circus.ocn.ne.jp

春日・大野城・太宰府・大野城・筑紫野地区

(株)矢野建設
春日市下白水北1-2
092-581-3470
yano@tkz.bbiq.jp

(有)大東工務店
大野城市御笠川5-6-8
092-503-5860

(株)隆建設
春日市日の出町4-18
092-573-0808

(株)平野ハウス
大野城市中1-19-7
092-504-5688

(株)カワゾエ建設
筑紫郡那珂川町大字仲560番地の1
092-953-1291

秀工務店
太宰府市都府楼南5-13-7
092-922-8538

大庭建設(株)
太宰府市内山653-2
092-922-6822
oknet@mx13.freecom.ne.jp

ナガタ建設(株)
太宰府市通古賀3-1-14
092-924-5881
info@nagata-kensetsu.co.jp

(株)宮崎建設
筑紫野市大字針摺13-1
092-928-4850

入江建設株式会社
筑紫野市上古賀1丁目12-10
092-924-2675

(株)末永ハウジング
太宰府市高雄6丁目1-18
092-928-4626
info@suenagahousing.net

テイキング・ワン
大野城市平野台2丁目10-1
092-595-3115
taking@d6.dion.ne.jp

朝倉・甘木・小郡地区

山家道住宅
朝倉郡筑前町二235-2
092-926-4649
yamae31@mx2.tiki.ne.jp

(株)小嶋建設
甘木市一木143
0946-22-2658

久保建設(有)
三井郡太刀洗町高樋1472-2
0942-77-2102

古賀建設
朝倉郡朝倉町大字上寺1034-2
0946-52-1334

ユタカホーム(有)
朝倉郡杷木町大字池田10
0946-62-1257

時川建設
朝倉郡杷木町大字林田1030-4
0946-62-0824

(株)手嶋組
甘木市大字三奈木4395-1
0946-22-4414

(株)中央工務店
小郡市福童146-7
0942-73-1676

(株)ホームセンターヤマト
小郡市小郡74-1
0942-72-4020
r.ogori@muse.ocn.ne.jp

久留米地区

林住宅建設
久留米市田主丸町殖木783-2
0943-72-3520
hajyuke@fancy.ocn.ne.jp

(有)井上建設
久留米市田主丸町豊城1499
0943-72-0743
inoken@d4.dion.ne.jp

(有)原口工務店
久留米市南薫町1513-9
0942-33-5113

(株)隈建設
久留米市安武町安武本1517の5
0942-27-0840
k-k-kuma@fu.magma.ne.jp

大和建設(株)
福岡市博多区祇園町4-3-402
(本社=久留米市)
092-283-1888
daiwafuk@orange.ocn.ne.jp

東建工業(株)
久留米市原古賀町25番地の11
0942-35-4565
info@token-ind.co.jp

共栄住宅(株)
久留米市東合川3丁目9番10号
0942-44-3488

(有)サン工房
久留米市大善寺南1-1-15
0942-51-3088
suncobo@eri.bbiq.jp

佐藤建設
うきは市吉井町若宮310番地1
09437-5-4072

三浦建設(有)
うきは市浮羽町朝田1401-3
09437-7-6065

八女地区

(有)江田建設
八女市高塚135-1
0943-24-5585
info@edakensetsu.co.jp

(有)樋口建設
八女市本1386-1
0943-23-4794
hikensetu@mx71.tiki.ne.jp

(有)大隈建築
八女市大字忠見1261-3
0943-23-0411

(株)中嶋工務店
八女市大字井延5-11
0943-23-0213
nakasimakoumuten@ceres.ocn.ne.jp

(有)栗原建設
八女郡立花町北山2965-1
0943-22-2826

原口建設
八女郡星野村上小野2659-1
0943-52-3446
nobo-h@muse.ocn.ne.jp

柳川・大川・みやま市地区

大豊建設(有)
柳川市上宮永町255-1
0944-72-0093

(有)金子工務店
柳川市西浜武75-5
0944-72-9352

(有)石橋工務店
柳川市三橋町久末1221
0944-73-8217

サンハウジング(株)
柳川市三橋町藤吉74-4
0944-74-1125

(有)平田建設
柳川市本城町15番地の2
0944-75-1717

都留建設
柳川市三橋町棚町236
0944-73-5878

(有)境建設
大川市下青木208-7
0942-62-3388
uk_sakai@d2.dion.ne.jp

(株)アイリス建設
大川市本木室893-5
0944-86-5420
irisn@f2.dion.ne.jp

(株)岡建設
大川市大字三丸1658
0944-88-1001
okakensetu@mvg.biglobe.ne.jp

(株)坂井建設
大川市大字坂井25
0944-87-4770
sakaiken@kurume.ktarn.or.jp

(有)堤ハウジング
みやま市瀬高町大字大江1699-1
0944-63-5704

(有)野口住建
三潴郡大木町大字八丁牟田1630
0944-32-0083

(有)渡瀬工務店
みやま市高田町下楠田1622
0944-22-4197
watase08@yahoo.co.jp

大牟田地区

(株)今村組
大牟田市中白川町2-38
0944-52-3161
jutaku@imamuragumi.co.jp

(株)イワモトハウジング
大牟田市白金町83
0944-51-5355

上口建設
大牟田市大字田隈505-2
0944-53-7102

(株)福山建設
大牟田市上白川町2-325
0944-53-5849

(有)富崎組
大牟田市上官町2丁目51番地
0944-52-5512

(株)福建
大牟田市上町1丁目1番地の10
0944-51-0531

県外

(株)福地建装
西東京営業所
東京都港区浜松町1丁目29-10
03-5733-3452
tokyo@fas-21.com

(有)下田工務店
荒尾市荒尾3418番4
0968-63-1422

(株)アラキ創建
熊本県荒尾市樺1803番地
0968-68-3714
araki-sk@estate.ocn.ne.jp

豊建設工業(株)
住宅事業部 ネクストホーム
熊本県荒尾市荒尾3420-1
0968-62-7771
next@ blue.ocn.ne.jp

ウラタホームセンター
熊本県荒尾市一部1996-1
0968-68-1887

(株)誠巧建設
熊本県荒尾市字犬ヶ坂1505-1
0968-64-2422











by nonukes | 2012-05-05 13:08 | オール電化 | Comments(0)

「この夏電気が足りない関西電力」それでもやめないオール電化!?

d0174710_125843.jpg




関西電力オール電化住宅なお促進
                   毎日新聞 2012年05月05日 
   



 今夏の電力需給が全国で最も逼迫(ひっぱく)する関西電力が、調理や給湯などをすべて電気でまかなうオール電化住宅の販売促進を続けていることが4日、分かった。政府試算で今夏の電力供給能力が最大需要より15%足りないと見込まれる同社管内で、需要を拡大させるオール電化推進には批判が上がりそうだ。【久田宏】

 関電広報室によると、完全子会社でオール電化機器の販売会社「かんでんEハウス」(大阪市)が関電管内の加盟店に取引量に応じて値引きし、事実上の販売奨励を行っている。昨年12月までは、オール電化を販売した電器店や施工会社に「電化手数料」も支払っていた。

 関電は昨年3月の東日本大震災と東京電力福島第1原発事故以後、オール電化のテレビCMは自粛したが、ハウスメーカーなどは独自にオール電化住宅を販売。子会社を通じた営業もあり、11年度は関電管内でオール電化住宅が約7万戸増加し、累計で全体の約1割にあたる94万戸になった。東電は昨年の原発事故直後に新規営業を中止した。

九州電力とて同じです!未だにやめようとしないオール電化キャンペーン

話しは関西電力だけではありません。九州電力も同じです。昨年のことですが、「オール電化キャンペーンはなぜやめないのですか」という質問状をだしたところ、その回答がふるっています。「オール電化キャンペーンはもうやっていません。その代わり快適エコライフキャンペーンを行っています」だそうです。そこで私は「快適エコライフキャンペーンとはどんなキャンペーンですか」と聞くと、「中身はオール電化ですが呼び名が変わりました」とのこと。オール電化はご時世でお客様にご理解を得られないので、コッソリ名前を変えたということでしょう。何と懲りない面々なのでしょうか!
関西電力は「夏場の電力が足りないことと大飯原発の再稼働は別問題」と言っています。電気が足りなくても足りても再稼働はさせていただくという考えです。だから再稼働してまたぞろオール電化で稼ぎたいということです。彼らには私たち市民の思いは未だ伝わってはいません。どうしたら私たちの思いが伝わるのかは皆さんそれぞれで考えましょう!まずは
反オール電化キャンペーンを繰り広げましょう!
by nonukes | 2012-05-05 12:13 | オール電化 | Comments(4)

東電は深夜電力を11.77円に値上げ!今すぐオール電化はやめよう

d0174710_10235343.jpg

それでもあなたはオール電化を続けますか

オール電化は深夜電力(夜11時~翌朝7時)までの電気料金を9円17銭(東電)と安くして、昼間(午前10時~午後5時)の電気料金を33円37銭(東電)と高くする料金体系です。その理由は、深夜には電力需要が少ないため、原発の電気が余って困る電力会社が深夜電力でお湯を沸かして、そのお湯で翌日の夜のお風呂などのお湯を使ってもらうために思いついた料金体系だったのです。しかし、現在原発が止まっているので電力会社は昼間も深夜も発電コストは変わらないので深夜電力を割り引くことは損を覚悟に商売なのです。おまけに東電は一律に2円60銭の値上げを7月から実施の予定です。すると深夜電力は11円77銭となり、おまけに昼間も2円60銭値上げされるので35円97銭にもなるのです。もうオール電化のメリットはほとんどありません。

オール電化のメリットとデメリット

メリット

①エコキュートという熱効率がいい温水器でお湯を沸かせばガスよりも安くお湯が作れる
②原発の深夜に余った電気を使ってお湯を沸かすので原発をどんどん建てることができる。
③ガスを使わないのでガス爆発や火事になる心配が少ない
④毎月の光熱費が削減できる(ただしエコキュートなどの購入費用は含んでいない)
⑤オール電化は深夜の原発の電気でお湯を沸かしていたので二酸化炭素の削減になるなど環境にやさしい。(原発が動いていた頃のこと)

デメリット

①深夜電力料金が上がったら光熱費が安いということが通用しなくなる。(東電の深夜電力9.17円→11.77円)
②これまでに深夜電力はどんどん値上げを繰り返してきたし、これからも必ず値上げされてしまって、エコキュートなどを買った元が取れない可能性が高い。(九電の深夜電気料金2008年7.19円→現在8.05円→将来?円)
③地震や大災害時に停電したらオール電化は風呂にも入れないし煮炊きも出来ない。
④IHクッキングヒーターの出す電磁波によってガンや白血病にかかるリスクが高い。
⑤ガスによるおいしい料理が出来ないので、冷凍食品を、レンジでチンして食べる食生活が増える。従って家庭料理のうまさを味わえなくなる。
⑥太陽光発電を付けている方はせっかく昼間、電力会社に48円(42円)で売れる自家製の電気をIHクッキングヒータなどに使うので儲けが少ない。
⑦関西電力などは夏場の電気が15%足りないといっていて、その分は九州電力管内でも節約して融通してやるべきなのに昼間オール電化の方はどんどん使うので融通できない。(電力需要のピープカットに貢献できないどころか逆にピークを作ることをやっていて犯罪的な電力消費者になってしまう)
⑧「ガスは火事やガス爆発の危険性がある」というのは電力会社やオール電化を広める工務店のでっち上げ。自殺しようとしてガス爆発を起こす以外にガス爆発は今日ではありません。ガス警報器などついてい。火事の危険性はIHでも同じです。何でも適正に扱わなければみな危険です。
⑨二酸化炭素をオール電化の方が確実に出していますね。それに深夜に作ったお湯を翌日の夜にお風呂に入るのですからエネルギーロスが大きい。お金も損して環境にやさしくなくて、電気が足りないと言っているの、「電気をジャブジャブ使うオール電化」です。それでもあなたはオール電化を続けますか?

解決策はないのですか

オール電化の方が「原発が止まって電気が足りない」と言う政府や「大飯原発を動かさないと電気が足りないの」と言ってる関西電力(これもほとんどウソなのですが)へ協力する方法はないのでしょうか。あるんです。あなたは損をしなくて、それも電力需要のピークを作ることに荷担しない、いえピークカットに協力できる方法があるのです。
①まず、お近くのLPガス会社に電話をします。「ガスを引いてください」とお願いします。
②そこで、「工事費や湯沸かし器の費用は無料でやってくれると聞いたのですが間違いありませんか」と念を押します。そして2,3電話したら全て無料の会社が見つかるはずです。
③そこでガス配管工事をしてもらいます。そうそうIHヒーターはどうしますか?ガステーブルの下敷きにでもして、自分たちがいかに無駄なことをしたのかということの記念にでも取っておきましょう。



これであなたは電磁波の恐怖にもさらされることもなく、電力ピークカットにも貢献できて、ガスを使って楽しい生活を送ることが出来ます。さあ、今日からガスコンロでおいしい家庭料理に挑戦してもみましょう。今すぐ最寄りのガス会社にお電話を!!

詳しい内容は「市民電力会社をつくろう」に書いています。ぜひお読みください!

NPO法人 九州・自然エネルギー推進ネットワーク

参考までに「あなたはオール電化で損をする」
by nonukes | 2012-05-05 10:12 | オール電化 | Comments(17)

「ちょっと待った」この補助金に異議あり!!

                                      小坂正則
大分県が太陽光発電施設に10万円助成へ   
   
 県は新年度、住宅の省エネ、CO2削減に本腰を入れる。住宅用太陽光発電と省エネ給湯器を併設して導入した家庭に対して、既にある国や市町村の助成措置に上乗せする形で10万円を助成する方針。財源は国のグリーン・ニューディール基金を活用。2年間の事業で年間1500件の利用を見込む。県の新年度当初予算案に関係経費約1億6千万円を計上している。
 太陽光発電への助成は国が2009年1月から始めている。助成額は発電量1キロワット毎時につき7万円。県によると、本年度の申請実績は2000件前後。県が助成制度を新設することで、新年度は「1500件程度の需要は十分にある」とみている。
 省エネ給湯器はCO2削減効果が大きく、太陽光発電と一緒に設置するケースが多いことから、併設を助成条件にした。
 県内の市町村では本年度、中津、日田、杵築の3市が住宅用太陽光発電に対する助成制度を設定。このうち、日田市は10万円を上限に助成を始めたところ、昨年11月に当初予算見込みの100件に達したため、12月補正で50件を追加した。杵築市は上限15万円で4月から助成をスタート、5月で予定の50件に達した。7月に臨時補正で50件分拡大したが、11月でいっぱいになったという。
 九州7県の住宅用太陽光発電の世帯普及率を見ると、大分県は千世帯当たり13.9件で、福岡(同11.5件)に次いで低い。他の5県が独自の助成措置を設けていることが要因と考えられる。最も高いのは佐賀県(同23.8件)。
 県地球環境対策課は「太陽光発電は『発電量が目に見える』のが特徴。CO2削減につながる省エネを生活の楽しみの一つにしてほしい」と話している。
                                  (大分合同新聞2月19日)

大分県が行う太陽光発電の補助金は九電のオール電化を勧める補助金だ!!

 上記は大分合同新聞、2月19日付の新聞です。大分県は「太陽光発電へ1件当たり10万円の補助金を出す」というものです。しかし、この補助金はさまざまな問題を含んでいます。まず、この補助金は、どこの自治体もが行っている、単なる太陽光発電への補助金ではありません。その条件に、「省エネ給湯器」とのセットが条件です。単に太陽光発電を付けただけではもらえません。ところで省エネ給湯器ってなんのことだと思いますか? これは『エコ・キュート』か、ガスの『エコジョウズ』の場合です。しかし、ガス給湯は給湯工事の100件に1件もあるかないかの世界です。いまや、圧倒的に深夜電力の給湯が主流です。ということは、これは『オール電化を勧めるための補助金』といってもいいでしょう。

エコ給湯は環境に優しくない

「エコキュートは環境にもやさしい」というのが電力会社のうたい文句ですが、国土交通省所管公益法人「建築環境・省エネルギー機構」によるエコキュートの性能試験で「省エネ効果がまったく得られない場合がある」と報告。朝日新聞12月26日「エコキュート本当にエコ?」の見出しでは、省エネ効果に疑問を投げかけています。「JOMOレポート」によると、ガス温水器「エコジョーズ」と「エコキュート」を比較したら「エコキュートの方が二酸化炭素排出量が37%も多くなった」と発表。「都市ガスと比較すると69%も増加」と報告。電気でお湯を沸かすのはエネルギーの無駄遣いです。

太陽光発電より雇用を生む産業へ

 今回の予算1億6000万円は国のグリーンニューディール基金で、新たな雇用創出のための補助金です。それなら、二酸化炭素削減の効果や過疎化対策になる事業はほかにもあります。木質バイオマスのペレットボイラーやペレットストーブに補助金を出すとか、ペレット燃料に補助金を出して、需要を高めるなどです。また、この補助金は単年度で終わる可能性が大きい補助金です。すると、来年度設置した人だけが儲かって、それ以外の人は損をする差別的な補助金です。こんな能のない補助金は前代見物です。
by nonukes | 2010-07-18 09:53 | オール電化 | Comments(0)

太陽光発電設置者はオール電化で損をする


d0174710_2026348.jpg



d0174710_901035.jpg


オール電化が経済的だというのは真っ赤なウソ

 昨年7月の中旬に私は自治労の大会に呼ばれて約100名の地方自治体職員の前で話す機会があった。その参加者に次のような質問をした。太陽光発電を設置している方はどのくらいいますかと。すると3名の方が手を挙げた。次にオール電化の方はと聞いたら、10名から15名くらいが手を挙げた。そして私はオール電化が環境にもよくないし、決して儲からないことを話した。
 08年10月に公正取引委員会から九電のチラシの文言『オール電化は1年間に10万円お得』に排除命令が出たこと。また、エコキュートは10年しか持たないため、100万円するエコキュートを買って年間10万円節約できたとしても10年で壊れたらもうけはゼロだということなど。

本当のことを知ったら皆さん驚きの声を挙げた

 その後各テーマの報告者の1人がこう話し始めた。「今日の報告をするのに私は資料を準備して備えていたのだが、そんな報告どころではない。私は先週オール電化の契約をしたばかりだ。そんなに損なら契約を破棄すべきではないかと思い始めている。今日の報告が手につかない。それでも思い直して報告します…」と話した。私はコメントの中でこう話した。「『オール電化』や『エコキュート』を契約した方が仮に九電を相手取って損害賠償裁判を起こしたら面白いと思いますよ。きっとあなたは裁判に勝つはずです。ウソの宣伝を信じてあなたはエコキュートを購入したのですから」と発言した。会場からため息混じりのどよめきが聞こえてきた。

1kw48円で電気を買う制度はオール電化を駆逐する

 昨年の11月から一般家庭の太陽光発電の剰余電力は電力会社が1kw当たり約48円で購入することになった。この制度にもガスによる燃料電池の剰余電力は買わないなど様々な問題は残してはいるが、太陽光発電の普及には一歩前進だ。しかし、面白いことに電力会社が進めてきたオール電化戦略に矛盾が生じることとなった。これまで太陽光発電を設置する家庭は剰余電力を高く電力会社に買ってもらうために電気温水器を設置して『深夜電力契約』や『オール電化』契約を結んで太陽光発電が作った昼間の電気を高く買ってもらっていた。
 その原理はこうだ。深夜電力契約やオール電化契約は深夜電力が6円以下の安い代わりに昼間は30円以上という高い電気料金設定になっている。だから電気温水器などで深夜に安い電気を使ってお湯を沸かす代わりに昼間は高い電気を使うというわけだ。ただし、太陽光発電で作った電気も電力会社は高く買ってくれるということで一般契約の家庭よりも早く太陽光発電の元が取れるはずだった。しかし、『1kw48円で売電』の制度はオール電化の家庭に不利となる。だって、一般家庭の電気料金は1kwが約20円くらいだから、これまでは電力会社に売る電気も1kw20円くらいだったのが、この秋から買う価格は20円で売る価格は48円となる。しかし、オール電化の家庭は売る電気は48円だが買う電気は35円なのだから。

エコな生活が一番早く太陽光発電の元が取れる

 太陽光発電の元を早く取りたいならオール電化を今すぐやめて昼間の太陽光発電が稼働している時間帯はできるだけ電気を使わずに、すべて電力会社に電気を売るようにすることだ。だって、自分の家で発電した電気を自家消費したのでは、いくら48円で電力会社が買ってくれるといっても売るわけではないから、ちっとも儲からない。仮に100円で買い取りますと言っても売れないなら同じだ。だから昼間、太陽が輝いている時間帯は電気を極力使わない。そして太陽光発電の電気は全量電力会社へ売るように努力する。そして、太陽光発電の発電が終わった夕方から電力会社の電気を使って家事を行うのが一番賢い方法だ。そこでオール電化の家庭をシュミレーションしてみよう。

オール電化契約は深夜電力契約に変えて、ガスコンロを使おう

 昼間の暖房から調理まですべて電気で行うのだから売る電気は限られている。そのくせ太陽光発電の発電が終わった後は一般家庭は20円の電気がオール電化の家庭は夜の10時か11時までは相変わらず最高35円の高額な電気を買わされる。こんな損な仕組みはない。だったら、オール電化の家庭は今すぐガスを使う一般契約に代えよう。そして暖房は薪ストーブかペレットストーブにして電気を極力使わない。そしてできるだけ太陽光発電の電気は電力会社に売ろう。ただし、現在の光熱費の中のお湯を沸かす熱源にガスと電気と灯油のうちどれが一番安いかと聞かれたら私は深夜電力だと言うだろう。だから深夜電力契約の魅力は残っているが、オール電化の必要性は全くないのだ。深夜電力契約だけを残して、電気温水器だけ動かして、あとはすべてガスやそのほかの熱源に代えよう。
 もちろん電気温水器も熱効率から考えたら決して環境に優しい熱源ではないが、深夜電力の料金を捨て値で安くしている現状では、確かにほかの熱源より安い。だからオール電化住宅はせめて深夜電力契約に変えて、IHクッキングヒータをやめてガスコンロを使おう。そうすれば電磁波の危険性もなくなり、おいしい料理は蘇り電気は高く売れて家計も潤う。こんないいことはない。
 
by nonukes | 2010-07-13 20:27 | オール電化 | Comments(6)

  小坂正則