ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

現代版「ええじゃないか」!前川喜平さんに衆院選挙へ出てもらおう

小坂正則
d0174710_12404272.jpg

毎日新聞2017年9月22日 

d0174710_12412018.jpg

野党統一候補として勝手連で担ぎ出そう

前川喜平氏(前文科省事務次官)は「あったものをなかったとは言えない」や「黒を白とは言えない」に「行政が歪められた」と、加計学園疑惑に対して、勇気ある証言をしてくれました。今回の衆院選は「森友学園事件と加計学園疑惑隠し解散」とマスコミが伝えるように、今回の安倍の解散総選挙は「疑惑隠し選挙」であることを全面に押し出して野党はたたかわなければ、また安倍晋三の思う壺にはまってしまいかねません。
そのためには「総選挙とモリカケ疑惑」を選挙の争点として新聞や週刊誌に取り上げてもらう必要があります。だからこそ、前川喜平さんに何が何でも総選挙に出てもらわなければならないのです。
実際には前川喜平さんには各政党からオファーがかかっていると、先輩であり、大の親友でもあると言われる、寺脇研氏から直接私は「前川さんに国会議員になってほしいのですが」と、お聞きしたのですから間違いありません。しかし、「彼は、頑なに拒否していますので、絶対に国会議員になることはないでしょう」と、話してくらました。
その理由として、「私は政治家にはなる気はありません。政治家とは違う方法で関わって行きたい」と、仰っていたそうです。寺脇さんの周りでは、寺脇さんにも国会議員になるように声がかかるそうです。だから彼から前川さんに政治家になれとは言えないのかもしれませんね。

前川喜平氏は一切の党議拘束をかけない約束で国会へ

また、前川喜平氏の妹さんの旦那が、中曽根康弘氏の息子の衆議院の中曽根弘文氏だそうですから、兄弟で与野党というのも家族の溝を作ることになるので一般的には難しかもしれません。また、彼は仏教徒ですし、思想的には保守か革新かと問われたら保守でしょう。だから共産党や社民党から出ることは全く考えられません。出るなら、民進党か自由党です。しかし、無所属という手もありますし、できれば民進党から出てもらって、党議拘束を一切行わないので、好きにやってもらうという約束を交わせばいいのではないでしょうか。以前、参院選比例区で大橋巨泉さんが立候補して、確かトップ当選で参議院議員になったことがありましたよね。すぐやめましたが。だから今回も民進党比例で、出てもらって新聞や週刊誌にどんどん、安倍と前川の対決と書いてもらい、安倍・前川対決を演じてもらうのです。そして、国会議員になったら、国会で堂々と安倍を追及してもらうのです。民進党は前川さんが出たら確実に実力以上の票を獲得するでしょう。それ以上に「どうせ自民党が勝つだろうから選挙には行けない」という、無党派の選挙に関心のない人が投票所へ足を運ぶか可能性があるのです。

前川喜平氏が総選挙に出たら、投票率が上がる

まだ前川喜平氏が総選挙に出ることの効果があります。それは投票率が上がると言うことです。選挙に行かない50%の支持政党なしで選挙に関心のない人をどうして投票所へ足を向けさせるかということが重要です。7月の東京都議選では小池ブームで投票率が上がりました。今回の総選挙で前川氏が立候補したら、前川ファンが投票所へ足を運びます。それに野党共闘が実現できたら、安倍で政治をよく思っていない無関心派も投票所へ足を運ぶでしょう。投票率が10%上がれば、自民党の得票率24~25%で5割の議員を当選させている小選挙区制度では反安倍票が10%近く出たら自民党はボロ負けです。そんな小選挙区制度の矛盾を当の安倍に仕返ししてやれる可能性があるのです。
選挙はお祭りです。アメリカの大統領選挙を見たら分かります。だから私たちの腐りきった政治をお祭りで変えさせるのです。現代版「ええじゃないか」です。

安倍昭恵を証人喚問「ええじゃないか」加計孝太郎も証人喚問「ええじゃないか」

ええじゃないかは、日本の江戸時代末期の慶応3年(1867年)8月から12月にかけて、近畿、四国、東海地方などで発生した騒動。「天から御札(神符)が降ってくる、これは慶事の前触れだ。」という話が広まるとともに、民衆が仮装するなどして囃子言葉の「ええじゃないか」等を連呼しながら集団で町々を巡って熱狂的に踊った。
伊勢神宮に御札が降るおかげ参りと違い、ええじゃないかの御札は地域で信仰されている社寺の御札が降ったため、現地で祭祀が行われる事が多かった。降札があると、藩に届け出た上で屏風を置く、笹竹で家を飾る、酒や肴を供えるなどして町全体で札を祀った。名古屋の場合、降札後の祭事は7日間に及び、その間は日常生活が麻痺した。
その目的は定かでない。囃子言葉と共に政治情勢が歌われたことから、世直しを訴える民衆運動であったと一般的には解釈されている。これに対し、討幕派が国内を混乱させるために引き起こした陽動作戦だったという噂を紹介するものもある。(ウィキペディアより)
だから私たちは「安倍晋三にお灸をすえてええじゃないか」と言ってみんなに投票へ行こうと呼びかけるのです。

「前川喜平氏の衆院選立候補を願う勝手連」を立ち上げましょう

皆さんの多くは「何というバカなことを言うのか」と、お思いでしょう。しかし、現在のこの国は、戦争に突き進もうとするバカがこの国の実権を握っているのです。このままでは戦争に突き進む可能性が大です。金とトランプと、日本の同類の3者がいつ地球が破滅するか分からないほどの戦争を起こすか分かりません。当事国の韓国は元より中国もロシアもドイツもフランスも首相と大統領は「冷静な話し合いで解決を」と、訴えています。
だからこそ、北の脅威を利用して、「政治の私物化」と、我が独裁政権を延命させようとする安倍政権に「NO!」を突きつけなければならないのです。これは民衆一揆です。だから、「ええじゃないか」と歌と踊りで政権を転覆させるのです。
SNSで「前川喜平国さんが衆院議員でええじゃないか」を広めてください!
by nonukes | 2017-09-24 12:41 | 脱原発選挙 | Comments(0)

  小坂正則