ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

安倍首相の「必要なのは対話ではなくい。圧力だ」ではなく、「対話を呼び寄せる圧力だ」

北のミサイルを利用してモリカケ隠しで衆院選を勝とうとする安倍官邸の思惑に瞞されない
小坂正則

d0174710_16331093.jpg

安倍首相の国連演説はガラガラ。最前列に居るのは北朝鮮代表

安倍首相がトランプに同調演説

安倍首相が20日国連で北朝鮮政策についての国連演説を行いました。内容は19日に国連で演説したトランプ米大統領の「米国は北朝鮮を『完全に破壊』せざるを得なくなる可能性がある」と発言したことを全面的に支持するような内容です。日本は朝鮮半島の南北分断を生んだ張本人の国として、適切に且つ誠実に外交努力で平和解決の道を模索しなければならない立場のはずが、強硬路線だけで、北朝鮮が屈服するかのような単純な方法でこの問題が解決できるかのように振る舞う安倍首相の発言は、衆院選のために強い自民党を演出して有権者の支持を得ようとするパフォーマンスでしかなく、国際紛争解決の提案とはなり得ない無責任な発言そのものだと私は感じました。

韓国文大統領「金政権と北朝鮮民衆は別。人道支援は行う」と発表

韓国の文大統領は安倍首相演説のの翌21日の国連演説で「さらに強力な制裁と圧力が必要だが、来年2月の冬季オリンピックでは北の参加を積極的に歓迎する」と発言し、南北対話の実現をめざす姿勢を明確にした」とマスコミは伝えています。そして文大統領は「北朝鮮の核問題は平和的な方法で解決させる」と言う。
また、韓国政府は国際機関を通じて北朝鮮へ800万ドルの人道支援を行うと21日に発表したとマスコミは伝えています。この韓国の発表に菅官房長官は21日の記者会見で、「国際社会全体として、北朝鮮に対する圧力を強化する必要がある中で、圧力を損ないかねない行動は避けるべきだ」と韓国文大統領の判断を全面的に批判し、22日に行われる米・日・韓による3首脳会談で「韓国側に対して慎重な対応を求めていきたい」と発言したと伝えられています。

ドイツ・フランス首脳は「トランプの圧力一辺倒を批判」

[ベルリン 20日 ロイター]によると、ドイツのメルケル首相は20日、トランプ米大統領が前日、米国は北朝鮮を「完全に破壊」せざるを得なくなる可能性があると述べたことについてドイツは賛同できないとし、北朝鮮問題は外交手段のみを通して解決する必要があるとの考えを示した。トランプ大統領は19日にニューヨークの国連本部で行った就任後初の一般討論演説で、「米国、もしくは米国の同盟国を守る必要に迫られた場合、北朝鮮を完全に破壊する以外の選択肢はなくなる」述べたことに対して批判したもの。
メルケル首相はドイチェ・ヴェレ放送に対し、「こうした警告には賛同できない」とし、「いかなる軍事行動も完全に不適切であると考えており、ドイツは外交的な解決を主張する」と述べた。
フランスのマクロン大統領も19日国連演説で、北朝鮮への対応について「緊張を高めることを拒絶する。対話の道を閉ざすことはしないと強調し、外交による解決を探るべきだ」と、マスコミは伝えています。

北朝鮮のミサイルは米国へのラブコール

この間2度の北海道上空を通過した北朝鮮のミサイル発射は、津軽海峡という航海の上空を通過することで、米国と日本をできる限り刺激しないように配慮して打ち上げられています。襟裳岬の一部がミサイルの通過地域にかかるようですが、それも800キロ上空ですから、日本の領空ではありません。400から500キロ以上の上空は宇宙と言います。どの国のものでもありません。ですから、政府やNHKがJアラートを鳴らして大騒ぎをする必要などないことなのです。もし、誤って北海道を通過する時に800キロ上空でミサイルが爆発したとしても、大気圏に突入する最には金属片は燃え尽きてしまいますから、ほとんど危険はありません。ですから、私たち日本国民は冷静になって、外交手段で北朝鮮のミサイル発射をやめさせるために努力すべきなのです。

安倍政権は北のミサイル発射を選挙に利用

そして安倍政権はこの時期に総選挙を行うことを決断しました。野党からのモリ・カケ事件追及から逃げるために安倍政権は臨時国会開催即解散を行おうとしています。森友事件と加計学園疑惑で急落した安倍内閣への支持率が北朝鮮のミサイル発射とJアラートの警告音と地下鉄やバスやJRを止めて、学校を休校にさせたりして、とどめは国営放送NHKのミサイルが日本から遠く飛び去った後まで続ける、大げさな「非難の呼びかけ」で、多くの国民は北朝鮮に対して「大きな脅威」を感じています。その結果が「民進党などの野党では北の脅威に太刀打ちできない」という空気を醸し出したのです。そして、北へ断固たる態度を取るように見える安倍政権への支持へとつながって行くのです。
このようなパフォーマンスは安倍政権の中枢と電通などが脳学者などを総動員し、NHKを利用して世論操作を行っているのです。このような世論操作の経費は全て税金です。菅官房長官によって官邸の金庫の中にある官房機密費が使われるのでしょう。

総選挙は、必ずしも電通の世論操作で安倍の思い道理に行くわけではない

電通の頭脳を総動員して行われる総選挙も台本道理に安倍首相が演説しても、ちょっとした間違いで大きな世論のバッシングを受けることはあり得ます。東京都議選の最終日に自民党の聖地と言われていた、秋葉原駅前で、最後の演説を行った総理大臣の「私たちはこのような人々に負けるわけにはいかないのです」という、たった一言で都議選の自民党は大敗北につながったのです。
民進党前原代表の誕生と同時に起きた細野氏の離党騒動に山尾志桜里氏の不倫騒動で支持率がこれ以上落ちようのないほど低下した民進党幹部の声は、「共産党が嫌いだとかどうだとか言ってる余裕など我々にはない」と背水の陣で総選挙を迎えます。
どのような共闘になるかは分かりませんが、小選挙区ではほとんどの選挙区で民進党と共産党は棲み分けができるでしょう。そして、総選挙の情勢分析では、もうこれ以上支持率が落ちようのない民進党も共産党支持者の票で当選する議員が60人から100人はいるとマスコミの事前調査で予想されています。自民党280人の内安倍チルドレン100人がそもそも水ぶくれ議員なのです。だからこれらが落ちれば、自民党が過半数を取ったとしても安倍政権は崩壊します。

国民の参政権である投票の権利を行使しよう

まずは私たちはアベノミクスのウソに惑わされることなく、しっかりと自分の頭で考えて、どの候補者がこの国のためになり、若者の未来と平和国家を維持していってくれるかを投票行動の判断にしよう。そして北朝鮮の人々の多くが北朝鮮政府の独裁政権に人権を踏みにじられて、餓えと無権利状態で虐殺されている状況を一国も早く解決されるように韓国の人道支援などで平和的な和解が実現できるように協力しようではありませんか。
中国や北朝鮮の人民には直接選挙で政権を選択する権利はありません。自由主義国家に暮らす私たちは、民主主義政治の原点である選挙権の行使という権利と義務を果たすことによって、国民の意思を投票行動で示すことができるのです。
国民の半分は選挙に行かないのです。選挙に行けるありがたさは、選挙に行くことのできない独裁国家に住む人々にしか分からないと思います。その民主主義の基礎である選挙権を10月22日に行使しいて、安倍政権と自民党・公明党にお灸をすえてやりましょう。

北朝鮮の核ミサイル開発をやめさせるには

北朝鮮が核実験を最初に行ったのは2006年。それから今日まで六ヶ国協議などを行わず、核とミサイル開発を見て見ぬ振りをしてきた国際社会にも責任があります。朝鮮半島はいまだに休戦状態なのですから、北の金政権は、いつ米韓が北朝鮮を攻めて来るかもしれないという不安を抱えたまま、今日まで生き延びてきたのです。北朝鮮政権は核兵器を持っていなかったから、イラクのフセインもリビアのカダフィも米国に潰されたと思い込んでいるのです。
北朝鮮と米国が2国間で平和交渉を行うことが何よりも必要なことだと思います。また、中国やロシアの仲介などで極東アジアの非核化を韓国と日本と北朝鮮で行うことが必要です。そのためにこそ、日本政府は外交努力を行うべきなのです。

民進党前原代表の発言「もうこれ以上安倍政権に好き勝手をさせない選挙」で十分だ

もう、四の五の言いません。選挙になるようです。政策の議論を戦わせなくてはいけないと思いますが、今回の選挙はただ一点。安倍(晋三)さんの好きにこれ以上させていいのか、だと思います。
憲法に基づいて国会を開けと求め続けたが、開かないで、開くと決めたら冒頭解散。こんなひどい話は聞いたことがない。やっぱり森友・加計(かけ)問題を追及されるのが嫌なんでしょうね。こういう人を日本のトップとして居続けさせていいのか、という選挙にしたい。私は政策も国家像も大事だけれども、根底にあるのは怒りです。(朝日新聞ネット版9月20日より)
これで十分だ。安倍政権による「森友・加計疑惑隠しを許すな」と「政権の私物化を許さない」で十分だ。どうせ民進党が勝ったとしても政権交代はないのだから、この選挙は政権選択選挙ではない。安倍暴走を止める選挙だ。

今回の総選挙は安倍政権による「大義なきモリ・カケ隠し解散」に審判を下す選挙だ。




安倍首相国連演説のニュース
https://youtu.be/zvDPv1uCgBU







安倍首相国連演説全記録
https://youtu.be/4VrHngXeHP4




Commented by やまびこ at 2017-09-23 01:48 x
現実は何も変わりませんよ
対話にしろ圧力にしろ無駄
核開発がまともに出来てない10年20年前ならいざ知らず核戦力配備まであと数年と言われるまで漕ぎ着けておきながら今更辞めるとかどう考えてもありえない
まぁ本当は圧力派も対話派も分かってるんでしょうけど都合が悪いので現実逃避してるのでしょう
今まで制裁を受け続けながら10年20年と核を開発してきた北にしてみれば今後核戦力配備まで数年制裁を受ける事など屁でも無い
あと2、3年対話で時間稼ぎしつつ核を配備し無事ゴール!
by nonukes | 2017-09-22 16:34 | 小坂農園 薪ストーブ物語 | Comments(1)

  小坂正則