ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

薪ストーブの季節がやって来た

d0174710_16422957.jpg

d0174710_16424882.jpg

薪ストーブの季節がやって来た
小坂正則

朝晩すっかり寒くなって来ましたね。我が家には石油ストーブはありません。暖房は薪ストーブです。今日はその薪ストーブのお話をしたいと思います。「薪ストーブは男のロマン」とアウトドアー雑誌などによく書かれているのですが、近ごろは女性ファンも多いようです。何で私が薪ストーブの女性ファンのことを知っているかというと、私は薪屋だから、今の時期は注文された家に薪を配達に行くのですが、平日は奥さんに薪を届けることが多くて、そこの奥さんと薪ストーブの話に花が咲くのです。薪ストーブの話をうれしそうに話す女性を見ていると「薪ストーブが男のロマンというのは偏見だなあ」と、つくずく思います。しかし、都会の狭い土地の住宅ではなかなか見かけることはありません。薪ストーブはお金持ちの別荘にあるか、煙が出ても近所迷惑にならない広い敷地に住んでいるか、田舎の一軒家に住んでいるような方でなければ使えないものだからロマンなのでしょうか。
それから薪ストーブのオーナーはお金持ちか貧乏人の両極端だともよく言われます。その理由は、お金持ちは理解できるでしょう。薪は買えば随分高価な買い物です。私が売っている薪は1立米が1万8千円なのですが、それに配達料がかかります。石油や電気などに比べたら燃料代は一番高いモノなのです。しかも大きな敷地に高価な暖炉やストーブを設置するには最低でも100万円から200万円はかかるのでしょう。だから普通のサラリーマンにはなかなか手が出ないのです。しかし、中間がほとんどいなくて、なぜ貧乏人の暖を取る道具かというと、自分で薪ストーブを設置して、薪は山に入って自分で取ってくれば、これこそ究極的な程お金のかからない暖房機だからです。
薪ストーブは3倍温まることができるとも言われます。まず、薪を切り出して乾燥させる作業で温まります。これは温まると言うよりも汗をかくのですが。次は薪を燃やせば当然身体が温まります。最後にゆらゆらと燃えさかるオレンジ色の炎を見ていると心も温まるのです。薪ストーブの本当の良さは疲れきった人のこころを癒してくれる究極の暖房器具だから皆さん「早く冬が来ないかなあ」と冬の来るのを待ち焦がれて生きているのかもしれませんね。
さて、薪ストーブがなぜ石油ストーブやエアコンよりも快適なのかというお話も少しします。薪ストーブとエアコンや石油ファンヒーターと大きく違う点は、人間への熱の伝え方が違うのです。エアコンやファンヒーターは部屋の中の空気を暖めてその空気の熱を人間が受けるのですが、薪ストーブは炎から出る遠赤外線によって身体の芯に直接熱を伝えてくれるので、周りの空気は余り暖める必要がないのです。ですから薪ストーブの部屋に入ったら最初はひんやりした部屋だという感じがするのです。それに比べてエアコンなどは部屋全体の空気が暖まっているのでムーッとした息苦しさえ感じることがあります。この感覚が大きな違いなのです。ですから受験勉強をする学生などには空気を暖めないので受験勉強が進むかもしれません。でも、炎を見ていると気持ちよくなって居眠りをするかもしれませんが。受験生の皆さんは風邪などひかずに頑張ってください。
by nonukes | 2015-12-01 16:43 | 小坂農園 薪ストーブ物語 | Comments(0)

  小坂正則