ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

テレ朝の報道ステーション古舘氏は古賀茂明氏を批判して自己保身を図る

テレ朝の報道ステーション古舘氏は古賀茂明氏を批判して自己保身を図る
小坂正則
d0174710_23194746.jpg

d0174710_2320239.jpg

d0174710_23205274.jpg

d0174710_23213899.jpg

d0174710_23232387.jpg

d0174710_232340100.jpg

最後に古賀茂明氏を切り捨てるコメントを行う古舘氏

突然先週の金曜日事件の顛末を喋りだす古舘キャスター

3月27日のテレ朝の報道ステーションで古賀茂明氏が番組を降板した理由を官邸から直接番組の幹部に電話をして介入したことや「テレ朝の早川会長や古舘プロダクションの佐藤会長の意思で私は降ろされることになった」と古賀茂明氏が降板の説明をしたことに対して、27日の番組終了後にテレ朝内部は蜂の巣をつついたような大騒動になったそうです。それにネット上でもこの問題が大変な炎上をしていました。私のブログと動画も総数で1万5千件あまりアクセスがありました。そして翌朝にはこの動画は早々と削除されていました。そのような素早い対応をテレ朝が行ったことからも、その慌てぶりがうかがえるでしょう。
このような安倍政権によるマスコミ特にテレビへの介入の凄まじさについてはまたの機会に書きたいと思いますが、「今夜の報道ステーションで、古舘氏が何をコメントするかが楽しみだ」という日刊ゲンダイの記者の予言を私も楽しみにして注視していました。

ここまで落ちてしまった古舘伊知郎は官邸の軍門に下ってしまったか

さて番組の中盤の10時30分ころ、番組の内容とは関係なく、突然古舘氏は話し始めました。「27日の番組の中で古賀茂明さんは番組の内容とは全く関係ないコメントを話し始めました。そのことに対して、今朝の菅官房長官の定例記者会見で、記者の質問がありました」と。記者「27日のテレ朝の報道ステーションで古賀茂明氏が官邸からのバッシングがあったと指摘していますが、そのようなことがあったのですか」と。菅官房長官は「全くそのようなことはございません。事実無根であります。事実に反するコメントを公共の電波を使って行うということは極めて不適切だと思っています」とコメントしました。
そして、最後に古舘氏は「番組として全く内容と関係ないコメントを古賀氏が行うことを私どもが防げなかったことを心から皆さまにお詫び申し上げます」とコメントして終わりました。
つまり、古舘氏は菅官房長官の「事実無根」というコメントを認めた上で、それに対して、古賀氏の暴走を止められなかった私たちに責任があるとしたのです。これは菅官房長官の原質を全て認めた結果であり、「悪いのはただ1人古賀氏である」とすることで自己保身に走ったのでしょう。残念ですがこれが現在先端を行っていると思われていたのマスコミの現状なのでしょう。まあ、古舘氏が菅官房長官の軍門に下ったのか、それとも元々古舘にはジャーナリスト魂のようなポリシーなど微塵もなかったけど、先週左遷さえれた女性プロディーサー氏の書いた原稿をただ読むだけの芸人だったのかは、私には分かりませんが、報道ステーションの人気もこれで終わりでしょうね。女性チーフプロデューサーが左遷されてしまったのですから。

古賀茂明氏は官房長官へ「事実無根」の被害妄想騒ぎを行ったのか

このような官房長官コメントと、古舘氏のお詫びをつなげて見た視聴者は「古賀茂明さんはおかしいのではないか」と思ってしまいかねません。古舘氏は自己保身のために盟友だったはずの古賀茂明氏を官邸に売り渡してしまったのです。
ところが古賀茂明氏はこれからはテレビには出ることは出来ませんから、言われっぱなし出この騒動は終わってしまいそうせです。国家権力の恐ろしさをまざまざと見ることとなりました。菅官房長官は大勢の記者の前で古賀氏の名前は出さないがこれまでいろんなバッシング発言を行ってきたそうです。その内容は記者から古賀さんの耳には入ってきます。「テレ朝は放送法違反の可能性さえある」とまで言ったというのです。古賀茂明氏もバッシングやこの間の様々なテレ朝の動きなどの証拠を持っているそうですから、どこかで菅官房長官や安倍政権への反論を行ってくれることでしょう。
しかし、菅官房長官はしたたかで、小ずるい奴だ。安倍に比べたら奴は実に100倍も賢い。



https://youtu.be/L5U_Nwo0ShM
Commented by 嘘つき古賀 at 2015-03-31 03:31 x
官邸に擦り寄るもなにも、公共の電波まして事実を伝える報道番組が、嘘を垂れ流したらいけないのは自明の理だ。

古賀は、著しくバランスを欠いた考え方の人物で、このような人物をコメンテーターに迎えたテレビ朝日の批判は免れない。

報道の自由なんて話ではなく、事実無根のことを世間に垂れ流すことは、風説の流布であり重罪だ。

古賀は極左翼であり、左翼志向のテレビ朝日も彼の暴走は想定外だったのだろう。

なんでもかんでも政府を批判する低レベルな報道を改めるべきだし、そのような報道に国民も厳しい姿勢で対処しなければならない。

Commented by 嘘つき古賀 at 2015-03-31 03:43 x
古賀が炎上芸人ならぬ、炎上コメンテーターだということは彼の経歴から充分に疎明される。

一方、官邸から圧力とはどういうことなのか?

彼はもちろん、彼の主張を擁護する人達は、曖昧なうわさレベルの話しかしていない。

きちんと疎明資料を提示するべきだ。

古賀が炎上コメンテーターだという事実は、古賀のことをネット検索したらすぐに出てくるし、彼がどういう人物かということも経産省でも、以前のコメンテーター時においても、騒ぎを起こす人物だというは充分に立証されている。

菅官房長官と古賀の人間性を比べたら、それだけでわかりそうなものだが。

政府を批判することを生業としている、左翼人物達は著しくバランスを欠いた主張を繰り返すため、国民は騙されてはいけない。
Commented by ななしろ at 2015-03-31 14:36 x
安倍さんが嫌い、そこと戦ってるだけのようにしかみえません。古賀さんの思想はまさにひきこもり平和主義。もっとまともなコメンテーターだと思ってただけに残念です。
女々しく恨み節並べてみっともない、痛いオジサンです。
Commented by nonukes at 2015-03-31 21:39
お二人のコメントに私は同意いたしません。ただ、同意はしませんが、いろんな意見があることについては認めます。
古賀氏への官邸からのバッシングについては古賀氏による証明必要ですね。明日と明後日にも古賀さんの会見があります。それをみてください。
by nonukes | 2015-03-30 23:28 | 小坂農園 薪ストーブ物語 | Comments(4)

  小坂正則