ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

「フクシマ後を生きるために」藤田祐幸さん講演会のお知らせ

「フクシマ後を生きるために」藤田祐幸さん講演会のお知らせ
題名 フクシマ後を生きるために
d0174710_21392258.jpg

講師:藤田祐幸さん
日時:2015年3月7日(土)13時~15時半(開場12時半)
場所:ホルトホール201号室(大分駅南口前)
連絡先:090-5725-6187(奥田)
主催:「さよなら原発」311大分いのちのわ実行委員会
その他:入場無料


3/8若草公園にて開催:「さよなら原発」いのちのわ集会のプレイベント




311の東日本大震災とそれに伴う福島原発事故は、かつて日本が経験したことのない大事故でした。原発の安全性について信じさせられていたことが、まったく嘘であることが明らかになりました。原発事故に伴って放出され続けている大量の放射能汚染水の処理は未だに解決されていませんし、原発から出る核のゴミの処理方法も目処さえ立っていません。
そして、事故から4年が経とうとしていますが、福島県内の子どもたち296,586人の甲状腺検査(2014年10月31日現在)では、甲状腺がん及び疑いのある子どもたちが109人で、手術を受けた人が85人にのぼっています。甲状腺がんは100万人に1人か2人という平均的罹患率の360倍以上の患者が発生しているのです。チェルノブイリ原発事故のデータより推測しますと、これから甲状腺がんや免疫疾患など事故による放射能の影響と思われる患者が増えることが予想されます。
しかし、安倍政権は福島原発事故の原因究明もそこそこに、「安全な原発は動かす」と言って、九州電力の川内原発を今にも再稼働させようとしています。そして世界中に日本の原発を輸出するとさえ言っています。
まるで原発事故がなかったかのように進める政府の原発推進政策に対して、これまで30年以上にわたって原発の危険性を訴えて来られた科学者の藤田祐幸さんを大分にお招きして講演会を企画しました。私たちがこれからの人生をどう生きるべきかを考えるきっかけとなることを期待しています。

実行委員長  松 本 文 六
Commented at 2016-02-21 19:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nonukes at 2016-02-23 19:01
Office k&m 様
コメントありがとうございます。くわしいことはこれだけでは十分には話の内容が分かりません。線量計などは身につけて仕事はしないのでしょうか?よろしかったらもう少し詳しく教えてください。

携帯電話 090-1348-0373です。25日から29日までは海外ですので、その間は連絡出来ません。
その場合はメールにて連絡願います。
nonukes@able.ocn.ne.jp です。
小坂正則
by nonukes | 2015-02-21 21:39 | 原発再稼働は許さない | Comments(2)

  小坂正則