ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

2人の日本人の生命を犠牲にしてまでイスラム国を挑発し続ける安倍政権の狙い

2人の日本人の生命を犠牲にしてまでイスラム国を挑発し続ける安倍政権の狙い
小坂正則
d0174710_11215192.jpg

以下は動画の声明全文。

私は後藤健二。あなたたちが見ているのは、私と共に拘束された遥菜がイスラムのカリフが支配する地で無残に殺された写真だ。
あなたたちは警告を受け、期限を与えられ、人質には言葉通りの決定が下された。
安倍、あなたは遥菜を殺した。人質への脅迫を真剣に受け止めなかった。そして72時間以内に行動しなかった。
妻よ、愛している。2人の娘に会えず寂しい。どうか、安倍に私の場合にも同じことをさせないでほしい。あきらめないでほしい。あなたは家族、友人、そしてインデペンデント・プレスにいる私の仲間たちと共にいる。我々の政府に圧力をかけ続けなければいけない。
彼らの要求はより簡単になった。彼らは今も公平だ。彼らは金を求めていない。だからテロリストに資金を渡す心配をする必要はない。彼らが望んでいるのはだだひとつ、収容されているシスター、サジダ・アル・リシャウィの解放だ。
簡単なことだ。あなたたちは彼らにサジダを引き渡せば、私は解放される。今こそ可能なのだ。そして我々の政府の人間は実際に目と鼻の先にいる。どんなふうに? 我々の政府の代表が皮肉にもヨルダンにいる。この場所はシスターのサジダがヨルダン政府によって囚われの身となっている。
もう一度言おう。強調したいのは、私の命を救うことがいかに簡単か、ということだ。あなたたちがシスターをヨルダン政府から彼らに戻せば、私は即座に解放される。彼女のために私がいる。
妻よ、これはおそらく私のこの世で最後の時間となるかもしれない。そして、私は死者となるだろう。これをあなたが聞く私の最後の言葉にしないでほしい。私も安倍に殺させないでほしい。


d0174710_11221592.jpg

一刻の猶予も許されない緊迫が続く人質事件

昨夜、とうとう最悪の事態になりました。軍事会社の男性は処刑されて、ジャーナリストの後藤健二さんが遺体の写真を掲げた動画がアップされたのです。イスラム国は、今度は身代金の代わりにヨルダンに捕まっている女性を解放の条件として提示しました。
だから後藤さんの救出は一気に現実味を帯びてきたのですが、まだ予断は許されません。いえ、一節には2億ドル払うよりももっと難しいと言う説もあるようです。と言うのも、ヨルダン政府に取っては爆弾テロの犯人を釈放するということはテロに屈することに繋がるからだそうなのです。イスラム国も随分知能的です。法外なお金を要求するのは国際世論を敵に回します。それに比べて1人の犯罪者との交換は簡単な要求のように見えるからです。しかし、この方が2億ドルよりももっと難しいという意見が支配的です。つまり、彼らはにっちもさっちもいかないようにさせて、日本政府を徹底的に陥れようとする巧みな戦術なのではないでしょうか。確かにこの要求を結局飲まないで後藤さんが殺されるようなことになったら、安倍政権の内外の信用は失墜するでしょう。でも、私たちはケチな安倍の人気がどうなろうが、そんなことには興味はありません。後藤さんの生命を救うことが全てです。
一昨日のテレ朝の報道ステーションや昨日のTBS報道特集では、安倍政権は後藤さんのが拘束されていて、しかも昨年の11月にはイスラム国から身代金20億円の要求が来ていたことを知っていたのです。ということは、今回の中東訪問の前から、このような挑発的な外交はイスラム国を刺激して、人質の身の安全を脅かす可能性が高いことを知っていながら、それでもイスラエルなどへ行って、「イスラム国とたたかう」と言ったのだったら、それはあり得ないことだ、というような批判をしていました。
報道特集ではもっと厳しく批判していました。外務省の目的は在外日本人の身の安全を確保するというのが法律で義務づけられています。しかし、今回のような首相外交を行えば彼ら2人の身の安全が脅かされることは初めから分かっていたわけですが、外務省設置法違反の可能性もある。と、厳しく批判していたのです。

はわざと人質を犠牲にさせて、反イスラム国感情を国民に受けつけようとしている

今朝のNHKに安倍首相は登場して、「今回の事件を断固として許さない」といい、このような事件が起きたときに自衛隊が日本人救出行動を取れないといく法的な現実があるわけですから、今国会ではこのような問題にも対処できるような法律を整備する必要があると思っています。と、ちゃっかり、この事件を利用して米国のような軍事作戦ができる「戦争ができる軍隊」をめざすと意気込んでいるのです。
それだけではありません。アフリカ東部のジブチに海賊対策のため設けている自衛隊基地を防衛省が整備強化し、「海外基地」化させる方向で検討中だと朝日新聞が報じています。(1月19日付朝刊)。朝日によれば防衛省幹部はこう説明しているという。
「積極的平和主義に基づけば、自衛隊が海外に唯一持つ拠点を生かす方策を考えるのは当然だ。米国やNATOとの連携、テロ情報の共有といった観点からも拠点の多目的化は有益だ」と話しているのです。このよな海外基地の拠点づくりと人質救出行動はピッタリ重なってくるのです。
つまり、安倍政権は昨年末から、今回のような人質身代金要求が起こることを想定して、わざと敵を挑発して、ここで一気に集団的自衛権の行使や在外邦人の救出までやれるような国民感情を醸成させようと仕組んだのではないかと、私は考えたのです。
もちろん、そんな高等戦術をバカな安倍政権が考えつくかどうかは私には分かりません。でも、外務省官僚は、最低でもイスラエルに首相が行って、安倍首相はわざわざ「支援はISILの脅威を食い止めるため」「ISILと闘う周辺各国に、総額で2億ドル程度、支援をお約束します」と、軍事援助であるかのような発言をしているのです。さらに、外務省の英訳では、「we shall do to help curb the threat ISIL poses」とより攻撃的なものに訳しています。こうした態度が「自ら十字軍に参加した」ものとみなされ、とうとう今回、これまでとは明らかに反イスラエル諸国から敵意をつきつけられる結果になったと言ってよいのです。これは明らかにイスラム国への挑戦状です。

私たちは「Iam not ABE」を掲げよう

安倍政権の意図は私には分かりません。しかし、米国CIAの自作自演と言われている911テロ事件の後には「愛国者法」が成立して、ブッシュ政権は誰でも警察が市民を逮捕できるようにしました。また、この後にはNSA(国家安全保障局)の活動を極度に肥大化させ、世界中の通話やメールを傍受するという醜悪な情報活動を現出させたのです。先日の「シャルリー・エブド」襲撃事件でも、フランスではオランド政権の支持率が急回復し、ヴァルス首相が「テロとの戦争」を宣言、治安対策に躍起となりはじめていると言われています。このようにテロを利用して、自国内の批判派や平和主義者を少数派へ追いやる効果が生まれるのです。
私たちはそのような国家権力や戦争勢力の陰謀に屈することなく、後藤さんの救出を政府は全力で取り組むことを求めて、イスラム国へ「後藤さんを殺すな」と訴えるために「Iam not ABE」の意思を世界中に示す必要があるでしょう。


古賀茂明氏「安倍さんのせいで、日本はアメリカやイギリスと同じような国だと思われつつある... 投稿者 kotetsu1111
Commented by ゆん at 2015-01-25 21:41 x
偽善者、理想主義思想はもう古いです。
テロリストはどうしていても言いがかりをつけて攻撃をしてきます。どうしたって安倍首相や政府に対する批判を止めない貴方方のように。私は安倍さんを評価している訳ではありませんが、現実を見ない理想主義的な考えが今日本の問題のように思えます。一番悪いのはテロリストでしょう?安部首相批判は問題のすり替えでしかない。古賀さんの発言にも憤りを感じています。
Commented by ななし at 2015-01-25 21:47 x
安倍総理に責任転嫁なんて、ひどいことしますね。100%悪いのはテロリストだと思いますよ。読者を煽って、アクセス数を増やすだけの低俗な記事載せるのやめたらどうですか?
Commented by nonukes at 2015-01-25 23:32
ゆんさん ななしさん
コメントありがとうございます。なた方お二入の書き込みはほとんど同じような内容なのでまとめて、私なりの回答をさせていただきます。
まず、安倍首相が頑張っているか、頑張っていないかはそれぞでの感性の違いです。それをとやかく言っても平行線でしょう。
しかし、昨年の10月の終わりには後藤さんが人質になったことを政府は知っていて、これまで何も手を打ってこなかった責任はないのですか。ましてや、イスラエルでイスラム国とたたかうと表明すれば、テロリストは日本に敵対心を抱くことはバカでも分かるでしょう。だから安倍首相は彼らを挑発していることに、私は我慢ができないのですよ。日本はイスラエルと手を組むのでもなく、米国の金魚の糞のように売国が右を向けと言えば、黙って右を向くような国家でいてほしくないのです。
Commented by nonukes at 2015-01-25 23:33
続き

日本にしかできない国際貢献があるはずです。イラクに大量殺戮兵器が隠されているといってブッシュはバグダッドに爆弾をばらまいて大量のイラク市民を殺戮したのですよ。でも、イラクには大量兵器どころか核兵器研究施設もなかったのです。
それだったら米軍はごめんなさいと言って、壊したビルを修復して撤退すべきではないですか。それえを逆に居直って「核兵器はなかったがイラクへ自由を与えた」とうそぶいて自分たちのやったことの罪を認めないのが米英など侵略国家なのです。
その仲間になりたいのが安倍政権です。
Commented by 菊の助 at 2015-01-26 12:18 x
「テロには屈しない(身代金は払わない)」「人命を最優先する(身代金を払う・相手と交渉する)」と相反することを声高に叫びながら何もしない政府が批判されるのは当たり前でしょう。イスラムの豊かな知識を持ち、自らがイスラム教に帰依している学者やジャーナリストが、「私がパイプ役になり、イスラム国の要人と交渉する準備がある」と名乗り出ているのにそれを無視している政府の責任は重い。何が「あらゆる手段をとって人質の解放を目指している」だ。交渉する気など全く見えない。小坂さんのおっしゃることは最もであり、「アクセス数を稼ぐだけの低俗な記事だ」というのは、とても失礼なコメントだ。
Commented by nonukes at 2015-01-26 16:49
サムライ菊の助さま
貴重なコメントありがとうございます。昨日の鹿児島と、その前日の集会と先日の映画などなどとご苦労様でした。「百姓殺すにゃあ刃物はいらない雨の3日も降ればいい」と昔の人はいっていたと思いますが。いやこれは「土方殺すにゃあ‥‥」かなあ?
どっちにしても日銭を稼がなければ食えない方が、こんなにもあちこちに行動して頂くことに私は頭が下がります。
しかし、高尚なブログでもありません。ただ暇つぶしに書いてるだけですので何か申し訳ないです。
いろんな方がいろんな意見を言うのを私は否定はしないのです。ヘイトスピーチでなければ異なる意見にも耳を傾けることで、接点が見つかるかもしれませんので‥‥。
by nonukes | 2015-01-25 11:22 | 小坂農園 薪ストーブ物語 | Comments(6)

  小坂正則