ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

川内原発の火山対策を火山学者が一斉に批判「報道ステーション」のすばらしい報道魂

d0174710_12512971.jpg

川内原発の火山対策を火山学者が一斉に批判「報道ステーション」のすばらしい報道魂
小坂正則

古舘氏の番組の「報道ステーション」をたいてい見ることにしている私ですが、ついつい見落としていました。いま一番注目されている「川内原発」の再稼働の審査で一番重要になってきつつあるのが、「川内原発周辺のカルデラが噴火して、その巨大噴火による火砕流が原発敷地まで到達したら、送電線も電柱も焼き払われれ原子炉は火の海と化してしまいます。また、火砕流が届かなくても電線に降灰がたまり電線は切断されて、ジーゼル発電器のフィルターが粉塵で詰まって発電機は動かなくなり全電源喪失」という問題が持ち上がっているのです。
この問題をまともに取材して報道したのが、5月30日の「報道ステーション」です。13分あまりのニュースとしては大特集です。地震については規制委員会は10万年以上前に起きた地震は想定するといいますが、「火山活動は数万年前の噴火も想定する必要はない」と言い切るのです。おまけに、その根拠として、「火山活動は数年前からマグマの異常な動きを予見できる」と、東京大学の学者の意見としているのですが、当の東大の学者が「そんなこと言った覚えはない」と番組で反論しています。
また、規制委員会は「数万年に1度の噴火は今後50年間に起こる可能性はきわめて小さく考慮する必要はない」と。
もうこうなったら、規制委員会の田中委員長は漫画チックにしか見えませんね。
ちなみに九電は火山噴火が川内原発に影響を与えるということは認めた上で、「1年以上前から、運転を止めて、核燃料を安全な場所に運ぶ」と回答しているのです。
ちょっと待ってよ。「1年以上前に前兆現象を予見できるなどという科学的根拠は全くない」と、火山学者が証言しているのに、火山学者でもない九電が何で前兆現象を予見できるのでしょうか。占い師でも雇って占ってもらうのでしょうか。
詳しくはこのサイトで見ることが出来ます。「みんな楽しくhappyがいい」をご覧ください。

こんな素ばらし番組の動画は削除される可能性が大きいのでみなさん早く見て、コピーしておきましょう。
6月13日の鹿児島県議会へ全国から議会を包囲する行動に参加しませんか。大分からは車で私は参加します。すでに定員はいっぱいです。もし、参加したい方がいましたら私まで連絡をください。お約束は出来ませんが何とか乗り合いで行けるように調整してみます。


火山学者が「異論」、川内原発の審査基準 投稿者 kotetsu1111


6月13日(金)は鹿児島県庁に集まろう!!
~6.13県議会「再稼働させない」行動集会~
中山田さつき

 いやあ~、ほんとに見事な判決でしたね。大飯原発3,4号機差し止め訴訟福井地裁判決は「金より命」をはっきりと言ってくれました。しかし、誰の目にもはっきりと見えだした原発の危険性を、見ないふりする安倍政権と電力会社は、鹿児島川内原発を皮切りに次々に再稼働させようとしています。
 川内原発の再稼働同意が6月の県議会でなされるかもしれません。再稼働させないために、県議会が始まる13日に、鹿児島県民の声だけではなく、九州各県、全国からの「再稼働NO!」の声で県庁を包み込む計画です。大分からも駆けつけましょう!

(翌日は川内原発現地でも集会が予定されています。参加できる方は脱原発おおいたネットワーク事務局・小坂までご連絡ください。乗り合わせて行きます。)

6月13日(金) 第1部 9:00~  第2部  12:45~
場所 鹿児島県庁まえ (鹿児島県鹿児島市鴨池新町10−1)
主催:ストップ再稼働! 3.11鹿児島集会実行委員会
共同代表:橋爪健郎、荒川譲、井上従昭、井上森雄、税所孝樹、宍道紀代美、下馬場学、鳥原良子、橋口孝久、松薗孝夫

小坂正則 携帯090-1348-0373まで

d0174710_1438813.png


こんなことを皆さんがやっています。全国からいろんな支援ができます
以下の情報は私の友人や知人が鹿児島で頑張っている活動をネットから転載したものです。私たちの仲間も戸別訪問に参加しています。私は「漫画パンフ」を一生懸命に販売して100万円カンパを集める地味なお手伝いをしています。
あなたにも無理せず出来ることを出来るだけやればいいのです。お金があって、鹿児島まで駆けつけられる方は戸別訪問に参加してみてください。厳しい現地の方々の視線を受けて心が折れそうになるかもしれませんし、逆に勇気と元気をもらえるかもしれません。どんな出会いがあるかもしれないのです。現地まで行けない方は自分の友人や知人に、川内原発の危険性をそっと雑談の中に入れ込んで、「本当に原発はない方がいいよね」と、友人を仲間に引き込む努力をするのです。でも、決して嫌われたり、変人と思われないように、相手を気遣って、でも、本質的なことはちゃんと話しましょう。真実は誰が変えようとしても変えられないのですから。

その1:いちき串木野市での署名集め!


いちき串木野市での「市民の生命を守る避難計画がない中での、川内原発再稼働に反対する緊急署名」にご協力を!
署名はいちき串木野市民を対象としたものですが、住民の皆さんのお宅を訪ね署名を集める人たちを大募集中です!

一緒に戸別訪問しましょう!

★署名集めの人手が必要です。⇒広げてください!鹿児島からの呼びかけ!」
★FFTV緊急特集:川内原発最新情報 署名大作戦!ほか(2014/5/27)
★そして、鹿児島まで行けない方、是非、カンパをお願いいたします!

【カンパのお願い】

署名用紙、漫画パンフ、チラシ、事務所費、講演会費など、市民からのカンパでまかっています。
(1)ゆうちょ銀行の通帳口座からATMで

・記号:17880
・番号:23020691
・名義:避難計画を考える緊急署名の会

(2)他の銀行の通帳口座からATMで

・店名:七八八
・店名:788
・店番:788
・貯金種目:普通貯金
・口座番号:2302069
・名義:避難計画を考える緊急署名の会

その2:カラー漫画パンフをあちこちで販売して資金に!

<鹿児島の皆さんからの呼びかけです>
ようやくカラーバージョンの漫画パンフが出来上がり、24日の行動から薩摩川内市、いちき串木野市での配布が始まりました。
同時に、100万円近い闘争資金を準備しなければなりません。
いちき串木野市での全戸個別訪問を行うための事務所の維持費、薩摩川内市での2万人へのアンケート調査のための費用、漫画パンフの製作費等で、100万円近い資金が必要です。

この費用を捻出するために、漫画パンフを1部100円で1万部販売する予定です。
みなさまのご協力を、心からお願いします。
d0174710_16335356.png


漫画パンフ B5版、8頁、カラー印刷。一部100円です。
送料、振込手数料等が発生しますので、漫画パンフの注文は10部以上でお願いします。

【カンパの送り先】

通信欄に「現地闘争カンパ」、漫画パンフ(   )部、とお書き下さい。
郵便振替/口座名:反原発・かごしまネット   口座番号:01780-7-137859 
 
/口座名:脱原発ネットワーク・九州  口座番号:01760-4-8156
「川内原発建設反対連絡協議会」会長 鳥原 良子
「反原発・かごしまネット」代表 向原 祥隆
「脱原発ネットワーク・九州」代表 深江  守
Commented by 瀬良修 at 2014-06-04 12:52 x
「火山の噴火の予兆」
らしい
「かもしれない」

「一部の科学者が言った」

段階で、
「即時」


「日々電気料金を産んでいる、原子力発電所を停止」
して
「中の燃料棒が冷えて、取り出せるまで」
待って
「予定していなかった定期点検に匹敵する人員を招集」
して
「敷地内にある使用済み核燃料」

「まだ熱を持っていて取り扱いに十分気をつけなければならない燃料棒」

「特別なトレーラーに積載して、別の原子力発電所まで運搬」
して
「核燃料プールに、燃料棒を格納する」

さらに

「噴火の危険は去った」と
「すべての火山学者が太鼓判を押す」まで
その(川内)原発は再稼働させない。

という条件。。。。。。
なんて、守れるワケが無いですね。九州電力に。
Commented by nonukes at 2014-06-04 14:29
瀬良修様
投稿ありがとうございます。まさに絵に描いた餅です。だって、1年異常持ち出しに時間がかかるというのですから、少なくとも火山噴火の予兆がちょっとでもあったら、さっさと川内原発を停止して、どこかの施設に使用済み核燃料と使用中の燃料を運び出さなければならないのです。しかし、どこに持っていくというのですか。持って行き場もありません。限界(玄海)原発もすでにいっぱいだから川内の原発分を受け入れる余裕はありません。
つまりはどこにも持ち出す気など端からないのです。「ただ言ってみただけ」の口から出任せです。こんな不誠実な会社を黙って見過ごすわけにはいきませんね。
Commented by クマさん at 2014-06-04 18:41 x
原発のすぐそばに活火山が存在していることを無視する九州電力。断層帯が5km北に存在しているのに、それを活断層ではないと言う中国電力。どちらも一緒。自社の利益だけを考えている。
本当に冗談みたいな態度で国民を小馬鹿にする電力会社。もうそろそろこういう冗談はやめてほしいものです。
by nonukes | 2014-06-03 12:51 | 原発再稼働は許さない | Comments(3)

  小坂正則