ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

no nonukes 松山集会に参加してきました

d0174710_22161710.jpg
d0174710_22163120.jpg
d0174710_22164417.jpg
d0174710_2217511.jpg
d0174710_22171777.jpg
d0174710_22173390.jpg
d0174710_2217504.jpg
d0174710_221866.jpg
d0174710_2218241.jpg
d0174710_22183778.jpg
d0174710_22185393.jpg

no nonukes 松山集会に参加してきました小坂正則

30日の土曜日から本日の2日まで私たちは大分から松山の伊方原発再稼動反対集会に行って来ました。大分からは社民党・平和センターと共産党がバスを出したので、そのバスで来た大分の皆さんもたくさん集会に参加していました。私は12月1日の集会に朝から参加したかったので、前日の30日に大分を出て、ゆっくりと秋の行楽シーズンを堪能しながら参加することにしたのです。2泊もして松山に行く人など誰もいないだろうと思って、大分から1人バイクで行こうと思っていたのですが、私の周りの方々が一緒に行きたいという方が何人も居ましたので、ご一緒に行くことにしました。だから私の小さな車に5人がぎゅうぎゅう詰めになって松山まで行って来ました。
初日は早めに行って、道後温泉に入って、鯛飯など食べました。翌日の集会では午前中の三宅洋平と山本太郎さんのトークなどを聞きながら松山城に散歩に行ってきたりしてゆったりとした前段のイベントと出店を覗いてゆっくりした時間を楽しみました。会場では偶然に福島から福岡に避難していたAさんとお会いして久しぶりの再会しました。子どもさんが皆さん大きくなっていてビックリしました。福島原発事故からもうすぐ3年が過ぎようとしているのですから当たり前と言えば当たり前ですが、時の経過を実感させられました。

広瀬隆さんや鎌田慧さんの訴えや亀山ののこさんの訴えが心に染みました

広瀬さんは相変わらず元気でした。広瀬さんは「伊方が再稼動の先陣を切ることは間違いないのです。ここを止めたら全国の全ての原発を止めることになるのです。ここの闘いが最も重要なたたかいになるのです。全国の皆さんがもっと、もっと結集したら伊方は止めらっれます」というような話しだったと思います。鎌田さんは「私は71歳になりますが、まだまだ死ねません。この世に原発を残してあの世に行くわけにはいきません。」というような発言だったようです。亀山ののこさんは「私たちが後で後悔するよりも今できる限りの声を上げて原発を無くしていきたい。私は311までは原発の危険性を全然知りませんでした。先輩の皆さんがこれまで何十年と続けてきてくれた原発を立てさせない運動や原発反対のたたかいをやって来てくれたから、いまこうして私たちも反対の声を上げることができるのです。今度は私たちがもっともっと大きな声を上げて、ここに参加していないような普通の人を私たちの仲間になってもらえるような大きな運動を作り出して行きたい。私たちはお金のためではなく、いのちを引き継ぐための運動なのだから必ず原発は止めることができることを私は確信しています」というような話しでした。
集会の真っ最中に雨が降り出して、集会が終わる頃には雨は上がったのですが、皆さんびしょびしょのなりながら8000人の参加者は最後まで集会に参加していました。

夜の交流会と翌日の伊方原発風船行動などてんこ盛りの2日間でした

夜は「再稼動阻止全国ネットワーク」主催の交流会が松山のコミニュティー会館で開催されました。現地の反対派の斉間順子さんの報告や全国の原発現地のたたかいの報告などとお酒と豪華な料理を地元の皆さんが用意してくれて、楽しい交流会が繰り広げられました。大分から参加したEさんが集会の最後に大分の反原発運動の報告と決意を表明しました。翌日の2日は伊方原発現地で風船を上げて放射能がどこまで飛ぶのかを確かめるための行動に参加して、その後伊方町の原子力安全推進課の課長などとの交渉と申し入れ行動にも参加しました。いつものような腹立たしい回答ばかりでしたが、私が最後に質問した「伊方町民の内、原発よりも西側に住む住民5000人は私たちの大分に原発事故が起こったら避難するそうですが、5000人をどうやって大分まで運ぶ計画ですか。津波が来るかもしれないし、時化で船が出ないときはどのようにするのですか」と聞いたら、課長は「実際には全員を避難させることは不可能です」と、言いました。私は「再稼動を認めるまでには最低でも5000人の避難計画を作ってください。それまでは再稼動の議論はしないでください」とお願いしました。

デモで大きな声を上げる私たちはテロリストだそうですから

松山では伊方のたたかい始まって以来の人数の8000人が集まって「再稼働反対」の声を上げたのです。たたかいはこれからです。今度は1万人とは言わずに10万人でも50万人でも集まって、政府や中村県知事が再稼働を企んだら私たちは松山に集まって県庁にでもどこでも占拠して「再稼働」を止めたいと思っています。私たちがデモで声を上げることは石破自民党幹事長にいわせれば「テロ」だそうです。デモで大きな声を上げるだけで逮捕されて10年の刑になるかもしれないのです。石破や国家権力から見れば、私たちは「テロリスト」だそうだから、どうせ逮捕されるなら、声を上げるだけではなく、県庁占拠などの非暴力実力行動で「再稼働」を止めてやろうではありませんか。
by nonukes | 2013-12-02 22:19 | 原発再稼働は許さない | Comments(0)

  小坂正則