ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

ワタミやユニクロと同じようなブラック企業と指弾される郵便局の元職員としての弁

d0174710_21363874.jpg
d0174710_21365415.jpg

ワタミやユニクロと同じようなブラック企業と指弾される郵便局元職員の弁
小坂正則

私は2年と8ヶ月前まで郵便事業会社の社員でした。郵便局に入って33年間、このブラック企業に席を置いていました。その間、何度、辞めようと思ったことか。起業したいと思ったり、生協に来ないかと誘われたこともありました。でも、子ども4人を育てるには高額の給料をくれる公務員の職を投げ打って自由な生活に飛び出すことはなかなかできませんでした。
それでも3年を残して早期退職したのは、あまりにも職場が荒廃していて、こんな職場に居ては私もおかしくなると思ったからです。私が辞める直前はうつ病の職員が続出するブラック企業そのものでした。
私は市民運動や労働運動もやっていたので、はなから出世など諦めていたし、する気もありませんでした。だからごまをすったりする必要もなく、職場ではよく気にくわない上司とぶつかってケンカをしていました。でも、そんな私の一本気なところが逆に「骨がある」と思ったのかどうかは知りませんが、へそ曲がりの局長や課長に気に入られて、よくかわいがられたりもしたものです。
私を局長にするという話さえあったのです。その件は、郵政局が素行調査を行ったところ「共産党員らしい」ということになり、あえなく立ち消えになりましたが。「そんな調査しかできない組織とはやはり三流企業だなあ」と私は落胆しました。私はてっきり、「全てを調査して、小坂のようなはちゃめちゃな男でなければ、困難局を立ち直らせることはできない」と私の実力を買ってくれたものだと思って、「さすがに近頃の郵政も太っ腹になったものだ」と、勘違いしたのですが。
まあ、私のような人間でも、良心を無くさないことと、悪に対してはキッパリとした姿勢で臨んだつもりです。だから、アルバイトの職員やパートの職員からは慕われていました。そんな私でも「自爆営業を拒否する」ことはできませんでした。「年賀はがきを金券ショップには絶対持って行くなよ」と、部下には注意していました。私は年賀はがきや営業はできる限りはやっていました。それは私の会社を守るためだからですが、でも民営化された後の行きすぎた営業指導や労務管理は異常でした。そんな異常な職場に1人いて、「私1人で何ができるか」といつも自問自答していました。だから職場の後輩には「無理はするな」としか言えませんでした。それ以上のことは私にはできませんでした。私に対するいじめも凄まじいものが直属の上司から行われていましたが、私はそんな、鼻くそのような人間を屁とも思わなかったのです。しかし、できる限り抵抗してたたかいました。ただ、そんないびつな職場ではうつ病の仲間が次々に出ていました。だから私は、今でも残って頑張っている後輩たちが愛おしくてたまりません。彼らには何の責任もありません。
みなさん郵便職員を暖かく見守ってやってください。もちろん郵便局よりももっと厳しい職場はいくらでもあります。そんな職場で頑張っているみなさん、苦しかったら、さっさとそんな会社は辞めなさい。病気になってもばからしいですよ。「いっそ死んだ方が楽になれる」なんて間違ったことは決して考えてはいけませんよ。逃げることも時には必要です。私なんか、辞めたらスッキリしました。私は二度と郵便局で働きたくはありません。でも、かわいい後輩たちのためにゆうパックや年賀はがきの販売手伝っています。
それにしても労働組合がまともだったころは労働者は労組に相談に行けたのですが、今では労組の幹部が手当も付かない時間外営業の先兵です。勤務時間外に妻や家族が年賀はがきを売り歩くなどという違法労働を見て見ぬ振りをしている労働組合とは何なのでしょう? 違法行為を行っている郵便局を総務省は厳しく指導すべきです。コンプライアンス違反の企業は、職員が明るく元気な職場で働けなくて病人ばかり増えて、営業成績も上がることはなく、結局は業績は伸びることもなく、企業生命は長くは続かないのです。不当な指導や締め付けにはマスコミや労働基準監督署や私にでもいいから訴えてください。私も今なら何の処分も不当な弾圧もされることはないので、仲間のために一肌脱ぐこともやぶさかではありません。
それにしても荒畑寒村(社会主義者で宝樹文彦氏と一緒に全逓信労働組合を結成した私たちの先輩で、私の人生の師)が草場の影で泣いているぞ!
Commented at 2014-06-13 09:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nonukes at 2014-06-16 17:16
風船さま
郵便局のパートタイマーの方々も自爆営業は当然あります。日常的に営業を強要されています味奇行や母の日ゆうパックや父の日ゆうパックやお中元にお歳暮に年賀葉書などなどエンドレスに営業させられます。
もちろん職員ほどの大きな目標ではありませんが、ゼロだったら居づらくなるような空気を作っていますね。これは労基法違反なのですがね。労働組合が死んでしまったので、まったく歯止めがかからなくなってしまったのです。
Commented by まーくん at 2014-07-08 09:58 x
私も昨年6月まで地元の郵便局にて12年あまり外務員をしていました。

民営化が始まってからは、年少営業ノルマが増加するなど働く環境は徐々に悪化していきまして…。
昨年6月からはさらに局内外の作業の一つ一つに至るまで端末機に入力させて監視するようになって…こうした局員をないがしろにするような郵便局は自分がいるべき場所ではありません!
Commented by nonukes at 2014-07-08 23:11
まーくん さん書き込みありがとうございます。あなたのいうことはよく理解できます。私たちは辞めたのでもう苦悩はありませんが、残った後輩や非正規雇用のみなさんはブラック企業で働いているのですから、何とかしなければならないと思いますね。
Commented by 怒り拳 at 2014-08-02 17:17 x
私は職場が原因で、うつ病になった郵便局員です
定年迄10年以上ありますが職場に戻る気は全くありません。戻ったら間違いなく職場に殺されるでしょう
退路を断って迄でも、あっさりと決断出来ました
これから、どう生きれば良いのか途方に暮れては居ますが、いつか必ず日は昇ると信じて、1日、1日を大事に生きて行きたいと想います
Commented by ウルトラセブン at 2015-01-17 13:54 x
3年前より郵便局脱出作戦開始、アパート2棟GETして食べてく見込み付いたので去年辞めました。リスクですか?郵便局に居続けるほうがよほどリスクでしょう。
郵便局社員は銀行などからみた属性は無敵です。
皆さん未練は捨てて早く辞めて人間になりましょう!!
Commented by nonukes at 2015-01-18 00:46
怒り拳さんの書き込みを今見つけました。ありがとうございます。あなたのような仲間は至る所にいます。私は仲間に言ってます。「苦しかったら逃げればいい。決して死ぬな。病気になるな。人生はどこででもやり直せる。」と。それに「あなたの人生はどこで誰と出会うかも分からない。あなたがアンテナを張っていたらチャンスは向こうからやって来るかもしれない」と。無理しないで明るくいきてください!
Commented by nonukes at 2015-01-18 00:50
ウルトラセブンさん
書き込みありがとう。素晴らしい第二の人生ですね。うらやましい限りです。私も自営業をやってます。郵便局の仲間も良かったのですが、利害で繋がっている仲間よりも、夢で繋がっている仲間の方が豊かで楽しいですね。あなたの第二の人生が素晴らしい時間と空間でありますように願っています。
Commented by 元期間雇用社員 at 2015-09-24 13:55 x
こんにちは、郵便局 ブラックで検索していたら、こちらのHPにヒットし拝見しました。
私も短期から長期バイト、期間雇用を含め3年ほどですが勤めていました。
国営のときは地元の郵便局で短期バイトで働いて、周りがすごく親切で、郵便局はすごくいい職場だな~って、その時は思っていました。
が、郵政民営化の話が出た年の国営から公営になり始めたころからおかしくなり、この時は別の郵便局で働いていたのですが、次第に周りがギスギスしだし大変なことが多くあって、この時は人間関係は少しマシでしたが、もう郵便局は終わりだろうと思って退職しました。
数年後、別の仕事を辞めたときに2010年ごろ、再び期間雇用社員として働き始めましたが、ここから地獄が始まりました。まず営業ノルマが半端なく高くて、達成できない人も多く、中には局長などに詰められて契約を切られる人も多々いました。2010年はペリカン便を合併したために大赤字になり、私が入った年は本当に最悪で、そのお詫びのビラをまいていました。その翌年には震災や定年者のリストラなどの災難が降りかかり、人手不足のなか、2倍働けっていう課長の口癖を聞きながら、必死で働いていました。
私の班は、さらに最悪で人間関係も悪く、班長は仕事すら教えてくれない、パワハラばっかりする班長と、怒鳴るばっかの正社員との班で働き、非常に辛い思いをしていました。
それでも正社員になりたくてがんばりましたが、上記の災難が降りかかって、正社員登用の話はほぼ難しくなり、班長や班の人間との折り合いが悪く、髪の毛が抜けるぐらい2年ほど頑張りましたが、耐え切れず退職しました。今思えば2010年に短期間でさっさと辞めればよかったかなって思っています。現在は別の仕事に就いていますが、私が最後にいあた郵便局は班長が私たちをコキ使ったおかげで、自分だけ課長代理に昇進し、自慢していましたが、その後、私を裏切った非正規の同僚が不祥事を起こして逮捕されたので、そこは問題の多い局って罵られていました。その班長も信頼していた奴なので面目丸つぶれでしょうね。
長くなりましたが、もう郵便局では働きたくないって今でも正直思います。国営の頃の働き始めがいい思い出も多くあっただけに残念に思います。
Commented by nonukes at 2015-09-25 16:56
元期間雇用社員さま

書き込みありがとうございます。あなたのように命をすり減らして働くだけ働いても、ボロぞうきんを捨てるように無慈悲に使い捨ての多くの非正規雇用の職員がばかりですね。
この職場には労働組合がありません。御用組合しかないから労働者の権利も何もあったもんじゃないんですね。でも、独立系の労働組合も都会ではできていますよ。そこに入れば随分労働者の権利は守られるようですよ。
ただ、そこに入った非正規の職員は絶対に正規雇用にはなれませんがね。でも考えようによったら、人参ぶら下げてほんんの一握りの若者だけをすくい上げて、絶対多数の若者を使い捨てる職場なんだから正規雇用など諦めたら、いっそスッキリして労働組合運動にのめり込めますがね。
あなたが郵便局で働いた経験が。今後のあなたの人生に何らかのいい経験になったのならいいのですが。
Commented by 英米ポストマン at 2015-11-10 19:09 x
歴史学ぶのに参考になりました。
酷すぎるものですね。ネットで調べるも大体の噂が、筋が通り真実の内容がわかります。会社とは良い悪いができていて、課長以上が給料もよく、不正権限もあり。気に入った奴がいれば誤配もモミ消せ横領でき嫌いな奴に擦り込めるらしく、恐ろしい事実知りました。当然一線を越えれば大問題で捕まりますが、お金を持って一線を越えるニュースが出てるのが証拠です。まず今どきこんなブラック上場できる品位ではないです。年金を株化仕手で使い込む手はずです。弱い社員非正規などを警察沙汰にして封じ込めてより格差を拡大しブラック企業を増やす手伝いを国がしています。ここのせいで、労働基準監督署も抜け穴を作っている。本来管理職と事業主が責任をとるべくところを、doosみたいな天下り上納金システムの勤怠管理を使っている。これを強要してサー残や休憩なしで仕事させてます。本人に最後責任転換。責任の証拠をあげようとすると横領を捏造し警察沙汰にして口封じ、ブラックの殿堂入りですね。
ネットで出ている事例は間違いなく真実です。
自民党の力が絡んでいるので、恩顧地域では緩いかもしれません。
Commented by at 2015-11-10 19:58 x
若い人、郵便局系に絶対に入らないでほしいです。年寄り退職者の企業年金で食いすてられますよここ入ると。簡単に入社できるし仕事は無くならないですがね。若い人は大手よりどりみどりですから。まぁ上場では年金機構が不正犯罪祭りしそうですね。
Commented by ミンミン at 2016-03-05 17:50 x
先月に雇用期間社員として入社したアラフォー主婦です。
公営化の時に配達をしておりました。
このブログを見つけた時、本当にブラック以上の職場になってしまったと思います。
具体的には、端末で全ての業務勤怠を入力していく際に、配達の遅い社員には、どんなに部数が過酷だろうが部長からの叱責を班の皆の前で言い、業務が出来ない者と見なされ、人間関係が悪化する…ノルマも半端ない。書留を紛失したら、対面会議という、他局の局長達も交えた会合に紛失した本人を呼び出して問題を問いただす。
普通の業績が伸びている民間企業より、やらない処分の制度を作っていく事に、正にヘドロの会社に来てしまったと、こちらのブログを見て、さらに納得しました。
自分には夢があり、その夢の資金を貯めたく、経験のある郵便局を選びましたが、集配営業部の部長からは配達が遅いを理由に不敵材と判断をされた事で、転職の決意が出来ました。(試用期間中だから、仕方ないのもありますが)
社会貢献度のより高い職場を目指します。


Commented by nonukes at 2016-03-05 21:03
ミンミンさん
かきこみありがとうございます。あなたのような苦労して頑張ったけど報われない方がたくさんいることに、私も心を痛めます。なぜ働く人びとをもっと大切にできないのでしゅかねえ。人間は機械ではありませんよね。働く喜びと、働く尊厳を否定されたら労働者はやってられません。仕事はお金だけではないとをもっと経営者は学ぶべきですよね。あなたは早くやめたのでよかったのかもしれませんせんね。もっといい仕事に出会えるように祈っています。
Commented by ミンミン at 2016-03-06 15:28 x
こんにちは。早速返信をありがとうございます。
私達、非正規労働者に対する圧力やノルマ、doosという1日の流れを入力する端末システムは、ヤマトや佐川、他の物流会社はあるのでしょうか。doosシステムは明らかに労働者に対するコンプライアンスに大変違反している、時代に逆行したやり方なのではと思いました。それを厚生労働省に訴えたり、民間の組合にお願いしても、モミ消されてしまうのでしょうか。
民営化前も、働く現場の職員や、非正規職員はそれなりに必死で働き、それでも、生き生き笑っていたと思います。でも、今はピリピリ感が漂い、自分の評価の事しか考えてない。民間会社より大変に酷いです。
不正はあってはいけないが、もっと、中で働く現場の職員が働きやすい様、私は泣く泣く戦力外で職場を去りますが、せめて、働いている方達を守って欲しいと切に願います。
Commented by nonukes at 2016-03-06 17:25
ミンミンさま
あなたは項郵便局をお辞めになったのですか。もし、やめていないのでしたら、郵便局の職場にはJP労組という大きな組合ともう一つたたかう組合があるのですよ。昔はJP労組もたたかっていたのですが、民営化して腐ってしましました。ですから郵政産業労働組合とかいうもう一つの組合があなたの職場にあるといいですね。たぶんないのでしょうね。その組合は非正規労働者の方が多い組合ですから、まともです。JP労組があまりにも経営者の御用聞きのような組合に成り下がってしまったので労働者の人権がどんどん踏みにじられているのです。
私が居たときはもう少しはまともでした。私は組合費を払うだけの組合員でしたが、課長代理という役職でしたので非正規労働者や部下の皆さんを出来るだけ守り抜いていました。そんなん人間もどんどん辞めてしっまったのでしょうね。それでも私への嫌がらせなどはひどいものでしたがね。
頑張ってくださいとしか、言えなくて申し訳ありません。交通事故や怪我や病気にはけっしてならないように自分の身は自分で守ってくださいね。
Commented at 2017-04-06 11:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nonukes at 2017-04-11 17:59
ナナシさんコメントありがとうございます。

あなたはがんばっているのに、誰が1つの胆務をたった3日や5日で覚えられるでしょうか。私も係が変わったときはつきっきりで教えてもらったものです。OJTと言って仕事を一緒にしながら新たな業務を覚える仕組みです。あなたは一生懸命にできる限り覚えて、分からないことは先輩に聞いて作業をすればいいのです。そして聞いたことは忘れやすいので、必ずメモを取りましょう。そのメモを見ながらできる限り間違いがないように仕事は1つ1つ丁寧に覚えていきましょう。いい加減に覚えて、適当に自分の感覚で仕事をすれば、それだけ正確に覚えることができずに間違いのもとです。
私はマニュアルなどを作って後輩にそのマニュアルを使って新しい胆務は覚えさせていました。そんなやさしい先輩はいないのでしょうね。まずは、諦めずにがんばってくださいね。あなたが頑張って早く仕事を覚えて、穴端野後輩にはそんなつらい思いをおさせないようにしましょう。
あなたは「なにくそ」という反発心で頑張りましょう!
Commented at 2017-04-14 01:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by たま at 2017-05-26 00:33 x
来月郵政を去る者です。パワハラと過労が原因で鬱を発症し、結局休職期間中に完治せず辞めることになりました。

私は国営の時から勤務している20年選手です。郵便で区分や計画に従事していたころは人生が充実していました。全くその当時も不当がなかったと言えばウソになりますが、それでも曲がりなりにも公務員でしたので、国民の奉仕者としての郵便局員魂みたいなものは、みんな持って働いていたように思います。

民営化してからのパワハラの横行、自爆の強要、従業員を人とも思わぬ対応、無駄ばかりのシステム・・・そして、民営化に移行する際の混乱の中の、国営時代の年末繁忙をはるかに凌駕する超勤。到底耐えられるものではなく、私はもっと早く体を壊す前に辞めなかったことを後悔しています。今は、体調が完全に戻らず、まだ正社員での就業が困難な状態です。

どうか、このページにたどり着き、この記事をお読みになった現在の社員の方で、心を病みそうな方がいたら、本当に小坂様のように早く辞める決断をして他の道に迷わず行ってほしいと願います。倒産はしないかもしれませんが、市場は縮小の一方で、自爆営業なしではとてもじゃないですが採算を民間企業として維持するのは不可能だと思います。
国営時代の郵便の仕事を本当に愛していただけに、職場を去るのが無念でなりませんが、今の郵政には健常であってもいられなかったろうと思い去ることは後悔していません。
by nonukes | 2013-11-19 21:36 | その他 | Comments(20)

  小坂正則