ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

脱原発の1点で小泉元首相を中心とした国民共闘を実現しよう

d0174710_22273945.jpg

脱原発の1点で国民共闘を実現しよう小坂正則

小泉元首相が千葉県木更津市で10月16日に行った講演会の模様がNHKなどのマスコミに初めて公開されました。この小泉元首相の発言を伝えるNHKのニュースの反響は相当なものだろうと思います。なぜなら保守的な人びとは共産党など、いわゆる左翼の人間が「反対、反対」と叫んでも、「彼らは政府のやることには何でも反対だから」といって、聞く耳を持っていませんが、元首相の小泉純一郎が「原発はやめるべきだ」という発言には心を動かされる可能性が大きいからです。安倍首相の支持率を下げる効果や、「なぜ安倍首相は小泉元首相の助言を無視し続けるのか」という自民党支持の国民の声が大きくなることでしょう。私たちがデモをする以上の効果が16日の小泉元首相の講演のニュースにはあったと思います。また、これまでは小泉さんの講演会は非公開で実施されていましたが、なぜここに来て全面公開としたのかと考えれば、彼なりのマスコミを利用して一大旋風を巻き起こそうという戦術が隠されているのではないかと私は思うのです。
しかも、彼の話の内容は至極まともなのです。
「日本は原発ゼロで十分に経済成長できる。また、日本企業はその力があるし、国民の協力度合いも強い。原発ゼロの方向を打ち出すべきだ」とか、「東京電力福島第一原子力発電所の事故のあと、このまま原発を推進していくのは無理だと感じ始めた。一番の理由は高レベル放射性廃棄物の処分場が日本にないことで『核のゴミ』の捨て場所もないのに原発を再稼働すればゴミはどんどん増えていく」など、また「原発ゼロをいうのは無責任だという人がいるが、私にいわせれば核のゴミの処分も出来ないのに原発を動かそうとする方が無責任だ」などなど。そのほかにも「原発はコストが安いといわれてきたが、それがウソだということは、もう国民の大多数が分かっているのではないか」とか、「私も総理大臣の時には原発を推進してきたが、311福島原発事故を経験して、原発が危険なものだということを初めて知った」と、素直に自分の間違いを認めているのです。

志位共産党委員長も小泉元首相との共闘を呼びかけている

今日の朝日新聞によると、「脱原発を呼びかけている小泉純一郎元首相について、志位和夫共産党委員長は17日の記者会見で「核のごみ処理が出来ないから原発を無くすという点は理が通っている。私たちとも接点があると評価し、脱原発で連携する「一点共闘」の可能性を示唆した」また、「みんなの党の渡辺喜美代代表も17日の代表質問で「小泉元首相は『総理大臣が決断すればできる』と安倍首相に迫った」とあり、「小沢一郎生活の党代表や菅直人元首相らも賛同している」と伝えているのです。
ここは大同団結で保守から共産党まで含めた一大国民運動を年内に作って行こうではありませんか。日本の将来を大きく左右するエネルギー政策の舵を右に切るか左に切るか、まさに天下分け目の関ヶ原の決戦です。小泉元首相や細川、菅、鳩山など、歴代首相にご登場頂いて元首相のみなさんによる安倍ご意見行動を実現させようではありませんか。そうそう、もう1人、大事な人を忘れていました。大分の村山元総理大臣もいましたね。村山首相の冥土のみやげにもなるでしょう。
そのためには、共産党主催で小泉さんの講演会を開催するとか、マスコミや国民が「アッと驚く」奇抜なアイデアで勝負しなければならないでしょう。勝算は十分あります。だって、大阪の堺市長選挙では維新の市長候補に対して自民・共産共闘が実現して維新候補を打ち負かす闘いが実現しているのです。自民党支持者の大半がが脱原発を望めば、気の弱い安倍坊ちゃんの気が変わるのは意外に簡単かもしれませんよ。





ニューヨーク・タイムズも社説で小泉元首相を絶賛
米紙、小泉氏の脱原発主張を評価 「健全な論議を」
 【ニューヨーク共同通信】15日付の米紙ニューヨーク・タイムズは社説で、小泉純一郎元首相による原発ゼロの主張を取り上げ「日本は小泉氏の介入を歓迎し、原子力発電の将来に関する健全な議論を始めるべきだ」と訴えた。
 東京電力福島第1原発事故後も健全な議論は行われていないと指摘。国会の事故調査委員会が「福島(の事故)は人災だったと結論づけたのに、国会での真剣な議論にはつながらなかった」と批判した。
 社説はまた、小泉氏の「大胆で新しいスタンス」は、原発の再稼働や海外輸出を追求する安倍晋三首相に対する異議申し立てになると分析している。
by nonukes | 2013-10-18 22:28 | 脱原発大分ネットワーク | Comments(0)

  小坂正則