ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

「大分県原子力防災計画」市民検討会のお知らせ

d0174710_14234821.jpg

「大分県原子力防災計画」市民検討会のお知らせ 2013/08/09
呼びかけ人
脱原発大分ネットワーク代表:小坂正則

伊方原発の再稼働がいよいよ目前に迫ってきましたが、大分県は「原子力災害対策」の計画書の見直し作業を進めてるそうです。しかし、その内容は福島原発事故を想定した十分なものだとは思えません。骨格は出来たのかもしれませんが、具体的な避難の方法や避難訓練などの詳細は今後作るものと思われます。まだ防災計画が出来ていないからといって、伊方原発や玄海・川内原発が再稼働すれば、南海トラフ地震や原発事故は待ってはくれません。いつ大事故が起こるかもしれないのです。
そこで、私たちは大分県から「原子力災害対策」の説明を受けて、個別具体的な疑問点などを議論したいと思っています。そして私たちは、いつ大事故が起こっても県民の生命と安全が保障される原子力防災対策が出来るまでは「原発再稼働」はできないことを明らかにしていきたいと思います。また、そのような問題点を広く県民へ訴えることで、原発再稼働の危険性や問題点について多くの県民が関心を持つことを願っています。

8月8日会議報告

参加者9名で会議は1時間30分行いました。小坂より「原子力災害対策」の問題点や今後の交渉へ向けての進め方などを説明し、説明会の日程及び、「原子力災害対策」の作業チームを立ち上げて、そこで内容を精査して、大分県から説明を受けることが決まりました。説明会は県内の市民グループや団体に呼びかけて、各団体から代表者を出してもらい、そのメンバー及び参加希望者により、まずは説明を受けることになりました。
なお、説明会で聞きたいことなどは18日までに「作業チーム」へメールなどで届けてもらえたらうれしいです。と言うのも、県の担当者が「十分説明できるように資料などの準備をしたい」ということです。防災計画に関連することが中心の説明会にですが、学校給食のセシウム検査や食品の放射能汚染など、原発事故に関する内容であればかまわないです。


決まったこと

作業チームによる打ち合わせ会議

日時:8月18日(日)17時~20時ころまで
場所:松明楼(大分市田の浦12組:小坂邸)
連絡:090-1348-0373(小坂)

「原子力災害対策」説明会日程

日時:8月26日(月)午後(時間は調整中)
場所:大分県庁(予定)

今後広く参加団体を募集します

現在の参加団体

脱原発大分ネットワーク
NPO法人九州・自然エネルギー推進ネットワーク
放射能から子どもを守る会・日豊

by nonukes | 2013-08-09 14:22 | 原発再稼働は許さない | Comments(0)

  小坂正則