ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

選管は憲法21条違反の表現の自由を規制する政治活動の規制をやめろ!

d0174710_20573391.jpg

JA北海道が選管の警告でTPP反対運動を中止?
小坂正則

7月11日政府の環太平洋連携協定(TPP)交渉への参加に反対して街頭でビラ配りをしたJAに市選管から「公職選挙法に触れる可能性がある」と警告が来たのでJA北海道は活動を中止した。道選管によると、「公選法では政党その他の政治活動を行う団体が、政治活動で公示日から投開票日までビラを配ったり拡声器を使うことなどを禁じている。立候補者らはこの限りではない」という。公選法によると政党やその他の政治活動を行う団体は選挙期間は一切の政治活動はしてはならない。公職選挙法は明らかに憲法21条違反だ。憲法21条では「.集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」とあるではないか。役人は「下々の者どもがお上の行う政治や選挙に興味を持つべきではない」と思っているのだろう。

私に電話する暇があったら県民の生活を守る仕事でもしろ

先日私にも県庁の役人から電話がかかってきた。「あなたのブログがNPO法に触れる可能性があるので削除してほしい」と。また私が昨年の鹿児島県知事選挙の応援にいっている間、毎日向原さんの選挙活動をブログにアップしていたら鹿児島県選管から私の携帯に電話がかかった。「あなたのブログは候補者の名前や顔写真を載せているので削除してください」と。翌日には「まだ削除していないようですね」と、念押しの電話までもらった。選対幹部と相談して警察の手入れがあったら陣営に不利になり得るので削除することになった。しかし私は向原さんの顔写真やたすきに「選管より警告」という画像を貼ってブログは削除しなかった。そしたら戦前の憲兵による検閲写真のようになっていっそう迫力が出てカッコ良くなった。そんな結果に彼らはしてやられたと思ったのか、その後電話はかかってこなくなった。ざまあ見ろだ。権力の攻撃には創造力で対抗しよう。選管職員さん、私に電話する暇があったら県民の生活を守る仕事でもしたらどうですか。
Commented by サムライ菊の助でござる^^ at 2013-07-15 04:33 x
>権力の攻撃には創造力で対抗しよう。
まさしくその通り!今こそ、吉四六さん一休さんの、とんちとユーモアと反骨精神が必要ですね^^
by nonukes | 2013-07-14 20:58 | 脱原発選挙 | Comments(1)

  小坂正則