ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

秋の澄み切った空気の下で山羊と戯れながら薪割り作業など

d0174710_17353417.jpg
d0174710_17354956.jpg

d0174710_17381850.jpg

d0174710_17355339.jpg


秋の透き通った空気の下で早く冬支度をしなければ、冬はすぐ来る小坂正則

巷では明日から秋の3連休で、行楽地はどこも賑わうのでしょうか。私はそんな世間の喧噪とは別世界の生活を送っているせいか、隔絶の感がありますが、それでも家から見下ろす水族館「うみたまご」の賑わいから連休なのだとわかるものです。
今日はまだそんな賑わいは感じませんが、我が家は早くも冬支度をはじめなければなりません。薪ストーブ用の薪は薪小屋にはほとんど蓄えられてはいません。販売用に薪を毎日出している所なのです。そんな忙しい日々でも来年の薪を割って乾燥させなければならないのです。貧乏暇なしとはよく言ったモノです。この冬の薪の配達をしながら、来年の薪を作りながら、自分家の薪の確保もしなければならないのです。それに山羊の散歩もしなければララたちはメイメイ鳴いてうるさくてかないません。
そんな秋の何でもない日々の今日一日が終わろうとしています。何もないという幸せを感じながら…。
by nonukes | 2012-10-05 17:49 | 小坂農園 薪ストーブ物語 | Comments(0)

  小坂正則