ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

民主党員は原口首相を選出して「脱原発救国政権」を構築しろ

自民党やチンピラ弁護士の「維新の会」に政権を渡さない方法は1つしかない

民主党は原口首相を選んで小沢、社民、無所属(共産は閣外協力)による救国政権を樹立せよ
小坂正則

d0174710_22592679.jpg


野田首相の下、総選挙に突入すれば民主党は選挙に負け党が崩壊する

世論調査の結果やマスコミの論調は「3年間の民主党政権はこの秋には終わる」という話は半ば公然と行われるようになってきた。小沢元代表の離脱や、民主党の選挙に負けそうな議員がどんどんと離党して維新の会へ逃げ出している様などを見るに、国民の一人として見るに堪えない。このままでは総選挙前に民主党は崩壊して、大半の選挙に負けそうな議員は維新の会へ逃げ出すのではないかとさえ思ってしまう。
民主党の代表選びは自民党の総裁選に比べてマスコミの取り上げ方も低調だ。だって、それは当たり前だろう。自民党の総裁が次期首相になるのだから、マスコミは飛びつくに決まっている。しかし、雁首を並べた総裁候補の5人は、どれも代わり映えのしない旧態依然の右翼議員ばかりだ。それに全員が「積極的に原発を支持する」という。そんな輩に、この国の舵取りを任せられるものか。しかし、もう転げ落ちていくばかりの民主党を救う方法などないのではなかと半ば諦めかかっていた。しかし、たった1つだけ方法がないわけではない。その方法とは?

原口首相の下「脱原発救国政権」を樹立するのだ

野田首相の再選が一番本命だと言われているが、民主党の国会議員の皆さん考えてくれ!野田では総選挙はボロ負けだ。それなら自民党バリに若い生きのいい首相を選んでみてはどうか。負けたとしても傷口は小さくて済むだろう。いや、原口首相を選出し、小沢とトップ会談を行い、消費税の見直しを約束する。または消費税を導入する前に徹底的に財政支出の削減と脱原発を約束する。それなら社民党や民主党を抜けた無所属議員らも一緒に政権に入ってくることもあり得る。そして、共産党へも協力を要請する。もし、共産党が協力しないのなら「共産党は自民とへ漁夫の利を捧げるのか」と全国的に批判が湧き起こるだろう。そして、維新の会のお株を取るように、民主党結党の理念であった官僚政治から政治家主導の政治へと舵を切るのだ。小沢氏を大臣に抜擢してもいい。実質小沢政権を実現してもいい。そして自民党からもかまわず一本釣りを行って、参議院の不足する定数を補強するのだ。参議院が過半数割れだから、これだけ民主党政権はもたついたのだから、過半数を獲得したら、自民も公明も鼻くそほどもない。何の抵抗も出来なくなるだろう。そして選挙は任期ぎりぎりまでのばしてもいいし、衆参同日選挙でもいい。そうすれば「脱原発」は実現し「消費税」は見直され「tpp」参加は否決される。この政権は国民の大多数が支持できて、この国を滅ぼさなくていい、唯一の方法なのだ。そして1年間の時間をおけば「チンピラ弁護士」の「インチキ維新の会」もボロを出すだろうし、加熱したマスコミの異常な「維新の会」の報道ぶりも沈静化するかもしれない。そんな政治状況をぜひ民主党や小沢氏は作ってほしい!私たち国民の切なるお願いだ。
by nonukes | 2012-09-17 23:22 | 脱原発選挙 | Comments(0)

  小坂正則