ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

志賀原発直下にも活断層。原子力保安院がわざと無視する!

d0174710_1661624.jpg

保安院:志賀原発「活断層」…再調査は不可避に
毎日新聞 2012年07月18日 


活断層とみられるS−1断層

拡大写真 「典型的な活断層だ」「(都合の)いいように解釈しすぎだ」−−。北陸電力志賀原発1号機(石川県志賀町)の直下を走る断層を巡り、経済産業省原子力安全・保安院が17日に開いた専門家会合では、活断層が強く疑われる断層をこれまで“放置”していた北陸電と保安院の双方に厳しい意見が相次いだ。保安院による再調査は不可避となった。
問題の断層は、敷地内を南東から北西に走る「S−1」で、1号機原子炉建屋の下を通る。北陸電は87年、1号機の設置許可申請で断層部分について「波などによる浸食作用で生じた」と活動性を否定した。当時の通産省は翌88年、現地で地層などを調査し、この見方を追認した。

97年の2号機増設申請時、耐震設計審査指針改定(06年)に伴う09年の耐震性再評価(バックチェック)中間報告でも安全審査の機会はあったが、書面のみの確認に終わるなど問題とされなかった。
この日の専門家会合で、北陸電は「浸食によるもの」と、改めて活断層の可能性を否定。しかし、委員の今泉俊文・東北大教授は「(北陸電は)あらかじめ(断層が)動かないというシナリオを作っているかのようだ」と断じた。杉山雄一・産業技術総合研究所主幹研究員も「断層がずれ若い地層が変形した可能性が非常に高い」と語った。
また、「よくこんなのが審査を通ったというくらいだ」「他の専門家に見せたらあぜんとするのではないか」など、国の審査を批判する声も続いた。
森山善範・原子力災害対策監は17日の記者会見で「東日本大震災で、動かないとされていた断層が動いたケースがあるなど、新たな知見が得られたので全原発を再検討している。そのときそのときで、最新の知見を基に判断してきた」と述べ、「見落とし」との見方を否定した。
9月までに発足する原子力規制委員会の下で検討される新たな法規制では、安全指針などが改定された場合には、既存の原発が新指針に適合しているかどうかを調べ、適合していない場合は運転を認めない「バックフィット制」が導入される。それだけに、志賀原発や関西電力大飯原発以外の原発でも、廃炉や再稼働の議論が再燃する可能性がある。
.
.
by nonukes | 2012-07-18 15:01 | 原発再稼働は許さない | Comments(0)

  小坂正則