ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

鹿児島県知事選脱原発候補選挙報告4日目

d0174710_17282014.jpg

d0174710_17223312.jpg
d0174710_1723918.jpg
d0174710_17251465.jpg

d0174710_18495711.jpg

d0174710_17291799.jpg

d0174710_18204783.jpg


4日間の鹿児島県知事選行動は一旦終わります

私には7月1日からのあっという間の4日間でした。最後の日には「選管からの警告」という落ちまで付きました。でもそのおかげで私のブログの閲覧数がぐんぐんうなぎ登りです。「ザマー見やがれ」というような下品な言葉を私は使いませんが、隠せば隠すほど人は見たくなるものです。だからヌード写真が売れるのです。自由に解放すればあんなもの見飽きてしまうものですが。性表現の議論はさておき、今回も選管の指示に従って候補の写真と名前には「警告」の文字を入れました。これで文句ないでしょう。
そんなことはどうでもいいのです。県知事委候補は元気に一日中鹿児島県内をかけづり回っていました。夕方4時には東京から俳優の山本太郎さんが駆けつけてくれました。彼は相変わらず元気です。「向こうはお金で結束しています。こちら側は生命で結束しています。お金のつながりと生命のつながりはどちらが強いと思いますか。生命でしょう。だから私たちは必ず勝てるのです。もう少しみなさんが頑張れば必ず勝てるのです…」と言っていました。
私たちはその前に伊集院文化センターで行われた「高木善之」さんの講演会会場にも公選ビラを撒きに行きました。そこでも一人一人に脱原発候補のお願いをしてきました。
夕方には交差点の近くで手振りもしました。私にとっては悔いの残らないようにやれるだけのことはやりました。ついでに貴重な鹿児島の知り合いにも電話を入れました。その女性は「母親と一緒に不在者投票を済ませてきましたよ。ご心配なく。友人にも声をかけています」と、心強い声が受話器の向こうから聞こえてきました。「投票箱が閉まるまでが選挙」だとよく言われます。油断したり、気を抜いたり、諦めたりした方が負けです。投票箱が閉まるまで気を抜かずに頑張りましょう!

(下から3番目の写真は私が撮ったものではありません。ネット上に流れている写真でした。でも選管に怒られないようにちゃんと修正しました。みなさん選管にご迷惑をおかけしないように修正しましょう?)
by nonukes | 2012-07-05 17:29 | 脱原発選挙 | Comments(0)

  小坂正則