ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

第8回竜一忌に参加しました

d0174710_127354.jpg
d0174710_1272756.jpg
d0174710_1274959.jpg
d0174710_128897.jpg
d0174710_1282582.jpg
d0174710_1292242.jpg
d0174710_129447.jpg
d0174710_12103479.jpg


松下竜一氏を偲んで280名が中津に集まりました
「松下竜一の思想は生き続ける」


松下センセが亡くなって8年になります。今年の竜一忌の統一テーマは「反原発」です。そして、松下竜一氏の唱えた「暗闇の思想」が今ほど問われていることはないと参加者のみんなが思っているからです。そして、何と松下竜一氏の書いた「暗闇の思想を」が復刻します。それも「明神の小さな浜にて」という暗闇の思想をの次に出版された、たたかいの続編を報告した本の合本が出るのです。何ということでしょう。松下センセが亡くなっても、松下氏の「思想」は現代に生き続け、人々を引きつけ続けることができるのです。
今回の竜一忌は昨年にも増してスバラシ集いでした。「私たち自身の生き方が問われている」ということがひしひしと私の胸に伝わってきました。ちょうど大飯原発再稼働を野田首相が表明したそのときに、280人の心の中で「どう生きるか、どう生きればいいのか」を語り合ったのです。
小出裕章さんの講演とその後のリレートークで、一人一人のお話の中に、それぞれの人々に生き方の決意を聞きました。ある新聞記者の「自分がどの位置に立って記事を書けばいいのか苦悩の連続だ」という言葉と、弱い側に寄り添って書き続けた松下さんのように生きようとすると語る記者の言葉などに、私はまだ新聞記者やマスコミの中に良心が残っているという気持ちになりました。

松下竜一の暗闇の思想を明神の小さな海岸にてが出版されます

影書房から7月中旬には松下竜一の「暗闇の思想を明神の小さな海岸にて」が出版される予定です。解説は鎌田慧さんです。この本は松下竜一の思想の神髄を書いた本です。当方でも取り扱います。ぜひ読んでください。私の本もついでに読んでもらえればうれしいです。
by nonukes | 2012-06-17 12:59 | 脱原発大分ネットワーク | Comments(0)

  小坂正則