ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

関西圏の人びとは関西電力の「計画停電」の脅しに屈しないで!

d0174710_9314278.jpg

偽装「計画停電」で大飯原発の再稼働を目論む関電

政府は電力需給の検討委員会を開き、この夏の電力需要を検討している。その4月23日の会議で3つの電力会社が「この夏の電力が足りない」という報告を発表した。ただし、これは電力会社が言っているだけで、それを第三者が検証したわけではない。関西電力が16.3%、九州電力が3.7%、北海道電力が3.1%で、それ以外の電力会社はどこも電力は余っている。

関西電力の偽装マイナスを暴けばこの夏は原発無しで乗り切れる

関西電力は関西圏の夏場の電両需要を一昨年の猛暑の最大ピークを見込んでいる。そして、節電によるマイナスも10%以下で、昨年実績を下回る数値しか見込んでいない。だから16%足りないと言うのだ。彼らにとっては何が何でも大飯原発の再稼働ありきなので、口が裂けても電気が足りるとは言えない。実際に関電の幹部の発言で「大飯原発の再稼働と夏場の電気が足りる足りないは別問題だ」と発言している。彼らはどうしても電気が足りない演出をしながら、それがバレても原発は動かすという決意なのだろう。
だから、大口電量への「需給調整契約」(電力需給が切迫したら、あなたのところは電気を止めることもありますよ。その代わり電気代を安くsますわという契約のこと)でどれだけピークカットできるかを公表していない。

また、一番やらなければならないことに、「時間帯別電力料金」の実施だ。多くの方が昨年の夏節電した。でも、節電したからといって、節電した方には何の得点もなければ節電しなかった方にもペナルティーはない。今はやりの「見える化」を実施するのだ。節電した方は少しだけ電気料金が安くなって、恩恵はあるがそれは微々たるもの。そこで時間帯別料金を導入すれば、節電できない方はたくさんの電気料金を支払うというペナルティーを科すのだ。この方法は実にフェアーな方法なのだ。例えばどうしても節電できない病院や老人施設などは若干の割り増し料金を支払えばそれでみんなは納得できる。しかも、そんな長い時間帯に電気が足りないわけではない。16%や15%(政府の見積)は総量でそれだけ足りないのではない。ピーク時に発電能力で15%足りなくなるというだけだ。その時間帯も夏場の土日を除く昼間の11時から3時頃で天気が良い日だけだ。述べ時間で換算すればほんの何日分だけだ。

電力ピークカットが実際に成功すれば電力独占が壊れてしまうと電力会社は恐れている

これまで電力会社は地域独占で我が圏内の商売には誰からも口を挟めなかった。だからしたい放題の商売が出来た。ところが市民や消費者から電力商売の方法に口を出されては、今後も自分たちのやりたい放題の商売が出来なくなると恐れているのだ。だから私らが①時間帯別電気料金を導入してほしいとか②自家発電の電気を購入してほしいとか③発送電の自由化をして、新規の発電会社の参入を認めてほしいとか、④電力需要のピークを押し上げるオール電化キャンペーンをやめほしいと言っても、その全てを無視してきた。
だから、もっともっと関電管内の消費者が声を上げるしかない。一緒に知恵を出し合おうと。関電を交渉のテーブルに引きづり出そう!

楽しく節電して、この夏を原発ゼロで乗り切ろう

田中優さんは「関電は偽装計画停電を狙っている」と心配している。
http://tanakayu.blogspot.jp/2012/05/blog-post_2393.html?spref=fb
それに橋下大阪市長は、この間の威勢のいい発言から近頃は随分トーンダウンしている。橋下市長は「電気が足りないなら大飯原発の再稼働はやむを得ない」と言いだしている。気をつけよう!関電のウソと大阪市長の威勢のいい発言を!大阪橋下市長に騙されないようにしよう!奴の威勢のいい発言に騙されてとんでもないことになるかもしれないから。
とにかく私たちは何の我慢などしなくて「楽しく節電して、この夏を原発ゼロで乗り切ろう」を合い言葉に無駄な電気は使わず、照明はLEDに替えて、ガスをもっと使って、当然オール電化などやめて、原発のない日本社会を作ろう!
Commented by 駆け出しのエコ推進派 at 2012-05-06 16:50 x
何度もコメントすみません、この問題ですが・・・何を根拠に関電がウソと言っているのでしょうか?
あまりに過激で自己中心的な感じが目立ちます。
橋下さんの発言は「だろう」ではなく「かもしれない」というリスク回避のプランを立てておくべきだという意味でしょう?
電力不足で日本経済を止める訳にはいきません。
国民全てが路頭に迷うことにもつながりかねません。
その責任感を持っていれば安易に全ての原発を稼働させないという発言は出ないと思います。
原発「0」は理想ですが、今必要なのであれば、それを不要にするビジョンと代案が急務であると考えます(有識者の間ですでに議論されているようです)
その案の1つが自然エネルギーの推進ではないでしょうか?
Commented by nonukes at 2012-05-06 17:34
関電がウソを言っているというのは、その証拠が私にいまあるわけではありませんが、関電はこの夏を原発無しで乗り切るわけにはいかないから、橋下大阪市長が「関電は霊感商法だ」と批判されても、データを出さないのです。「大阪の市民は東京都民に比べて節電に協力的ではない」などという大阪市民をバカにした発言などを取って私はウソを言っているといったのです。
私の発言が過激なのはお許しください。これまでさんざん原発村の方々にコケにされたので過激な発言になるのです。自己中心的というご指摘はその通りでしょう。私は国の役人や原発村の方々の立場に立って物事を語りません。原発を止めて、日本の将来を明るい社会になるように進めることが私たち大人の義務だと思っているからです。消費税の10%導入には私は賛成です。でも公務員の給与の削減や無駄な公共事業の削減も同時にやってもらわなければいけませんが。
国民が路頭に迷わないためにも脱原発社会の筋道を作るべきです。夏を原発ゼロで乗り切って、その後にどの原発は廃炉にしてどれを動かすかの国民的な議論をするべきだと私は思います。小坂正則
Commented by nonukes at 2012-05-06 21:38
それから私の発言が過激な理由はもう1つあります。これが一番重要でした。これまで国も電力会社も「日本ではチェルノブイリ級の原発事故は起こりえない」と言ってきたのです。それがフクシマのような大事故を起こして、何の責任も取らずに「国民全員に責任がある」というような首相の発言を許しているのです。東電は放射能は「無主物」であり、その責任はないと裁判でものたまっています。そんな国や電力会社にマスコミに対して過激な発言がなぜ悪いかと言いたいのです。福島や東日本から大分に疎開している母子はほとんどが亭主から離婚を突きつけられています。彼女らには何の責任もないのです。過激な発言は私の責任を取る決意だと思ってください。
Commented by 駆け出しのエコ推進派 at 2012-05-06 23:55 x
いろいろとお答えを頂き、ありがとうございます。
市民の電力会社を作る構想や自然エネルギーの推進についてはいいプランだと思い、同志になれれば活動に参加させて頂きたいと思いましたが、個人の主観が強すぎて、どうも私の意見とは合わないようですね。
自分とは違う反対意見にも耳を傾けて、総合的に合理的な判断をして欲しいと思います。
どうもありがとうございました。
Commented by nonukes at 2012-05-07 08:08
駆け出しのエコ推進派さんへ。同志になり得なかったのは残念ですが、私は強烈な個性の持ち主ではないのですが、理念だけは確固としたものを持っていなければ、夢は決して実現できないと思っています。そういう割には結構現実主時者で妥協の人生なのですが。私はたった一回の人生を生きるのに後悔のないようい過ごしたいと思っています。それに、私がやらなければならないことは、私にしか出来ないことをやるべきだと思っています。自然エネルギーを商売にするなどは私でなくとも誰でもやれます。私は市民電力会社設立のために人生をかけているのですが、そんな夢は強烈な個性を持って突き進む人間でなくては出来ない事業だと思いますよ。それだけでもダメでしょうが。
あなたもどこかですばらしい社会的貢献事業をすることを期待しています。
by nonukes | 2012-05-06 10:18 | 原発再稼働は許さない | Comments(5)

  小坂正則