ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

愛媛県庁へ伊方再稼働を許さない緊急行動を行いました

d0174710_16481875.jpg


d0174710_171842.jpg
d0174710_1715144.jpg
d0174710_1722117.jpg
d0174710_1725235.jpg
d0174710_173554.jpg
d0174710_1735288.jpg
d0174710_1741063.jpg
d0174710_1745083.jpg


4月16日に愛媛県原子力安全対策課へ申し入れに行ってきました

申し入れ
http://www.ustream.tv/recorded/21887342
抗議行動
http://www.ustream.tv/recorded/21889532

15日の伊方原発の再稼働に反対する西日本集会が終わった後に、松山ユースホステルで交流会を70名近くの方々が集まって行いました。そこでは各地から様々な意見や歌などが披露されました。
16日は愛媛県庁へ申し入れに行ったのですが、原子力安全対策課の大政係長が対応しました。私が名刺を出して挨拶したにもかかわらず彼は名刺を持っていないそうです。愛媛県はこれまで地元の市民グループに対して徹底して不遜な扱いをしてきたそうですが、私への対応からも十分感じ取れました。
いつもは原子力関係の技官が対応するそうですが、今日は留守だそうです。大政さんはとにかく時間ばかり気にしていました。先週の金曜日には大政さんから電話で「10人の部屋しかないので代表の方10人にしてください」と言って来たのです。「10人の部屋しか空いていない。そんな馬鹿なことがあるのか。30人や40人入る部屋が本当にないの」と私は追求したのですが、「たまたま月曜日は会議が多くてどの部屋もふさがっている」とのことでした。「それなら私らは椅子はいらないので立ったままでもいいし、10人ずつ順に申し入れをしてもいい」と返答しました。「でも、廊下に座って待っている方がそちらの迷惑になるんじゃないの」と言いましたが。

わざわざ椅子も机も片付けた部屋を用意して彼らは立ったままで私らは座って話し合いました

約束の10時に行って5階の部屋に案内されたのですが、廊下を隔てた両側の部屋はどこも使ってない部屋ばかりが並んでします。何と私たちをバカにしたものです。それに、わざわざ椅子や机を片付けてくれる気遣い?までしていただいたようです。
最初に15日の決議を読み上げて、質問や感想を聞きました。答えるのは大政係長だけでと影須技官です。例えば国が東海、東南海、南海地震の想定域の見直しによって震源域の範囲を拡大したことについて質問したところ、「伊方原発は震源域の中というよりもちょうど線の上ぐらいの所で微妙な位置なんですよ」と言うので、私が「中か外かはあなたがた原子力安全対策課にとっては最も重要なことなんではないですか。中か外かは確認していないのですか。国に確認したらすぐ分かることでしょう」と怒りが爆発してしまいました。影浦技監は人を小馬鹿にしたような笑い顔で一貫して私たちと向き合っていたのですが、「小さな声で中です」と訂正しましたが。彼が答えるのは一貫してオウムのように「国の指示に従って安全を十分確認して運転します」や「国の指示にしたがって安全対策を取っていきます」と言うだけで、独自の判断や独自調査など一切いやっていないし、やる気もないということを露呈していました。こんな原子力安全対策課の主体性のない役人に危険な原子力を任せるなんて、恐ろしくてたまりません。そのほかのやりとりはユーストリームで見ることができます。ぜひ見てください。あなたも怒り心頭になること請け合いです。

東北から大分へ避難している被災者の訴えに皆さん涙して聞きました

岩手から大分へ昨年の7月に避難してきたIさんの申し入れに一緒に参加した仲間はみんな涙を流しながら聞き入っていました。家族が引き裂かれている現状や夫婦の仲が壊れかけている現実など、全てが福島原発事故さえなかったら、こんな悲惨な仕打ちは受けることはなかったのです。そのほかにも多くの方が申し入れや手紙を読みあげました。全体で約20団体・個人の申し入れがありました。その申し入れの文は添付します。




      要望書
         2012年4月16日

愛媛県知事 中村時広様
大分県に住ものです。

私は、福島原発事故当時は岩手県に住んでおりました。

地震の停電、断水からスーパーの食料品、日用品、ガソリンは買い占められとても混乱している中3月12日福島第一原発で爆発が起きました。

停電のためテレビが見れないため原発爆発の詳細が分かりませんでした。

地震の後は様々な混乱が起きます。
正確な情報は得られません。

東南海地震が起きた場合、伊方原発は大丈夫なのでしょうか?
国民が避難しなければない状況にならないでしょうか?
また居住できない地域ができるのでしょうか?

5月になり長男が夜になると咳が出て毎日1時間程止まらなくなりました。
小学校でも先生が咳の子どもが多いとおっしゃっていました。

次男は5日連続で鼻血がでました。

福島原発から230キロの距離に住んでいたため、少しでも遠くにと九州に避難先を探し
6月大分県に避難先を見つけ、7月に引っ越しました。

それまで毎日続いていた咳が大分に来ると同時になくなりました。
次男の鼻血もほとんどなくなりました。

お盆に岩手に帰りました。
一緒に大分に避難していた姪が岩手に着いた日から帰る日まで毎日鼻血をだしていました。

今年3月春休み岩手に帰りました。
知人の娘さんが子宮が痛いと言っていると聞きました。
病院で検査をしたところ原因は分からなかったようです。
同じ幼稚園のお友達も同じく子宮が痛いと言っているようです。

また少し離れた一関市の女の子も子宮が痛いと訴え病院で検査したところ、セシウムが検出されたようです。
200キロから250キロ離れた地域で症状が出ています。

伊方原発が爆発したらどこまで被害が出るのでしょうか?
愛媛県だけでしょうか?

愛媛県だけで決められる問題でしょうか?
放射能に県境は関係ありません。

311地震後すぐに停電、断水しました。
スーパーの食料品、日用品、ガソリンが買い占められ混乱が起きていました。
みんな先が見えない中スーパーに並び、ガソリンスタンドに並び生活するために必死でした。

情報も不足し放射能について気にしている余裕はありませんでした。

地震が起きたら必ず混乱が起きます。
その中で国民を守れますか?

わたしの周りには東北、関東から避難した方たくさんいらっしゃいます。

新築したばかりの家、仕事、生まれ育った土地を捨てて逃げてきた方。

いつも子どもたちと楽しく遊んでくれていた父親を残し誰も知らない地に
小さな子どもを連れて3人で避難してきた母親。

お父さんと年に2回しかあえない母と子。

生まれ育った地、仕事を捨てられない父親。
仲良くやってきた義理の母に「息子を捨てるの?」と言われた友達。

避難して良かったのかと先が見えず悩む母。
一番大事な幼少期に父親のいない子どもたち。

これがあたりまえになっている今の世の中。

全て原発、お金のせいです。

本当にこのまま原発に依存していて良いのでしょうか?

人として心を持ち本当に正しいと思うことを口に出す勇気を持ってください。

耐用年数の越えた老朽化が進んだ原発。
いつ事故が起きてもおかしくありません。

西日本だけは守ってほしい。
日本からでなくてはならなくなるなんて考えたくありません。

今あなたの行動が日本を変えるかもしれません。

ぜひ県の職員としてではなく、1人の人間として正しい判断をしていただきたく心よりお願い申し上げます。
by nonukes | 2012-04-17 17:42 | 原発再稼働は許さない | Comments(0)

  小坂正則