「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

橋下大阪市長の作った君が代条例は違憲条例だ!

d0174710_16222710.jpg

橋下大阪市長は脱原発で人気を集めているが教育へ介入する独裁政治家だ

2月28日に可決成立した「君が代条例」により初めての卒業式が始まった。大阪では校長や教頭が卒業式で口を監視して、歌っていない教員を教育委員会へ報告したという。また、3回処分を受けたら懲戒免職という条例も発効した。もちろんこんな懲戒免職などという条例は職権乱用にあたるため裁判では違憲判決が降りるだろうが、こんな条例により学校現場が萎縮してしまって、創造的な教育など大阪で出来るわけがない。
私も現代の公教育がこのままでいいとは思っていないが、一方的な管理強化で公教育の改革が出来るわけはない。教育改革は自由化により行われるべきなのだ。
例えば、義務教育は誰でも受ける権利はあるが、自由に学校を選ぶ権利はない。だからおかしな先生の学校でも教室でも、子どもたちはそこに行くしかしょうがないのだ。オランダではいくつもの学校の中から子どもたちが自由に学校を選ぶことが出来るそうだ。そこで子どもたちが来てくれない学校は閉鎖の危機を免れないという。つまり、一定の競争と自由な選択肢を与えることが創造的な教育の原点なのだ。しかもオランダの教育水準は世界トップで、子どもたちが学校に行きたいランキングでもトップだという。
だから私はまず日本でも義務教育への民間参入を許し、子どもたちへ選択の自由を与えることを始めるべきではないのかと思う。橋下市長は大阪の子どもたちの全国一斉テストの点が悪いことから、これら一連の君が代条例などを持ち出したのだが、問題の本質をはき違えている。もし、教育レベルを上げたかったらくだらな強権発動などやめて、公教育への民間参入そこ進めるべきではないか。公教育の教育労働者も教育内容の中身や質を問われることは教育者として当然のことだし、教師としてふさわしくない労働者は転職なり、配置転換なりの処置を受けるのはやむを得ないことだろう。
それにしてもこんな条例に賛成した大阪市議会の自民党と公明党の人権意識の低さには辟易してしまう。こんな議員集団だから「震災ガレキを受け入れ」などという議会決議を各地で上げさせるのかもしれないが。いや、こんないい方をするのは彼らに失礼だ。震災ガレキを受け入れるべきだというのは連合も民主党も共産党でも一緒だったか。この国の民主主義や民度はまだまだ低いことの証明だろう。
大阪の子どもたちこそ一番の犠牲者なのだから、子どもたちの輝く瞳を曇らせないように教師の皆さんや大人も子どもたちも頑張ってほしい。
Commented by Together! WE CAN!! at 2015-06-14 22:10 x
白虹日を貫く
^^^^^^^^^^^^
沖縄の皆様
二度と再び国体護持のための捨石にされない為に、
以下の二枚のカードを利用されてはいかがでしょうか?
□基地カード
□独立カード

□基地カード
憲法改正により、日本国憲法から天皇に関する条文を全て削除する。
これを、普天間基地の辺野古への移設受け入れの条件にする。
ということが考えられます。

□独立カード
国体護持の為の捨石にされるくらいなら、
むしろ日本国から独立する。

独立を実現するにあたって、参考となるのがスコットランドです。
マッサンで知名度が上がったスコットランドは、昨年2014年、独立の賛否を問う住民投票を行いました。
沖縄も、住民投票により、日本国からの独立を図られてはいかがでしょうか?

ただし、独立の際に、以下の条件を残留の為の条件にする案も考えられます。
憲法改正により、日本国憲法から天皇に関する条文を全て削除する。

国体護持のために沖縄の皆様が犠牲になった
沖縄戦の悲劇を繰り返さない為に、
天皇制を廃止しましょう

そして、沖縄の皆様
天皇制を廃止するために
一緒に戦いましょう

m9(゚∀゚)Идиот!> номенклату́ра
נומנקלטורה עמלק
Ceterum autem censeo, Nomenklaturam esse delendam.
Commented by 春九千 at 2016-08-15 09:58 x
日本州
^^^^^^
日本をアメリカの州にしてはどうか?

>トランプ氏:「米軍駐留費、全額負担を」…共和指名確定 - 毎日新聞

>米軍駐留費全額負担
このような事態に対応する方策として次の手段が考えられます。

日本をアメリカの州にする

本方策の方針は以下の通りとなります。

日本をアメリカの州にする。
 これにより、日本における米軍の駐留をアメリカの自国内という位置づけにする。
  これにより、「米軍が駐留する同盟国」というトランプの主張の前提を打ち消す。
   これにより、「米軍駐留費全額負担」の回避を原因とする、日本に駐留する米軍の撤退という事態を回避する。

加 盟

これが本方策のコンセプトです。
by nonukes | 2012-04-04 17:19 | その他 | Comments(2)

  小坂正則