ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

まやかしのストレステストをインチキ保安院が評価する

d0174710_10591834.jpg


d0174710_10594654.jpg


大飯原発3、4号機を保安院がストレステストを妥当と評価


1月18日に経産省原子力安全・保安院は関西電力大飯原発3、4号機のストレステスト1次評価を妥当とする審査結果を専門家による意見聴取会で得たとマスコミは伝えています。しかし、この評価を審議する専門家委員会とは6名の原発推進派の委員で固められており、反対派や良識派の委員は元原子炉設計者の後藤政志さんや井野東大名誉教授の2人しかいないのです。結果ありきの議論であることは分かっているのですが、その議論をきちんと公開で行い、矛盾点を国民の前に暴露させることに、審査の意味はあるのですが、今回は別室でテレビ画像による放映へと交代させるという経産省のやり方に抗議した市民の行動により、審査会の開催が大幅に遅れてしまったのです。その結果、審査別会場を別の場所に移して密室で議論するという大幅に後退した審査会になったのです。
審査会の委員の後藤政志さんや井野さんは、あくまでも開かれた議論を行うべきだとして密室の会議への参加を拒否したといいます。
その後、審査の傍聴に参加した山本太郎さんなど多くの市民によって夜遅くまで経産省前では抗議行動が続けられたそうです。傍聴に参加された皆さん本当にご苦労様でした。私たちも自分たちの周りで出来る限り「ストレステストがいかにインチキテストであるか」をマスコミや国民へアピールしていきましょう!


ストレステストとは「安全」という答を導くために必要なデータを入力するだけで「問題なし」は最初から決まっている

ストレステストはヨーロッパでは普通に行われているといわれていますが、このテストを行っている当事者ですら、「これにより事故を防ぐことは出来ない」とマスコミへのインタビューで答えています。本来このストレステストはテストすべき問題を受験者が作り、それへ回答するとう流れとなっています。そしてその回答が正しいかだけを安全保安委が審査するのですから、自分で問題を作ってその解答が×という電力会社がいるはずはないではないですか。たとえば震度6の地震が襲っても、岩盤が強固なので原子炉へ到達する揺れは震度3に軽減されるという答えを先に出しておけば、後で数値は道にでも入れられるのです。だから、ストレステストとは原発事故への何の対策強化にもならないのです。
また、アメリカのNRC(原子力規制委員会)のような独立機関が評価を行うのならまだしも、日本のような推進派の経産省の部局の中の人間が、それも電力会社や原発メーカーの息のかかった委員で構成されたメンバーにより審査されるなどという漫画チックな委員会が審査しても時間とお金の無駄なだけです。この国には独立で審査するなどという民主主義の基本的な構成などないのですから。法の番人であるべき裁判官ですらほとんど全ての判事が原発や国の顔色を伺って判決を出すという自立心のない人たちで成り立っているのですから。その証拠にこれまで54機の原発の原子炉設置の異議申し立て裁判や原子炉運転差し止め裁判に対してたった能登原発の裁判で、たった1人の裁判官だけが原告の訴えを支持して運転差し止めを認めただけなのです。米国ではNRCによって建設許可が下りなかった原発はいくらでもあるということです。これは大きな違いです。


大飯原発の耐性「妥当」 保安院素案 意見聴取会は混乱 
          朝日新聞2012年1月18日


定期検査で停止した原発を再稼働するための条件とされるストレステスト(耐性評価)について、経済産業省原子力安全・保安院は18日、関西電力大飯原発3、4号機(福井県)の1次評価を妥当とする審査結果の素案を専門家の意見聴取会に示した。審査結果を示すのは全原発で初めて。
関電は、東京電力福島第一原発事故後に、電源車の配備などの安全対策をとった結果、大飯原発では想定していた地震の揺れに対する余裕が事故前の1.75倍から1.8倍に、津波は1.6倍が4倍に増えたと評価した。素案では、一部に修正を求めたがおおむね認める内容だった。

意見聴取会には開催前から原発反対を訴える市民らが詰めかけ混乱。約3時間半後に再開した。この間に枝野幸男経産相は2度の臨時会見を開催。「一部の妨害で開催されないことは筋が違う。再稼働を急ぐ気持ちは全くない」とした。

保安院は23~31日に来日する国際原子力機関(IAEA)の調査団から意見をもらいながら、最終案をまとめ、原子力安全委員会に結果を送る。安全委も公開の場で何度か議論する。最終的に首相や経産相ら閣僚が判断する。

ただ、電力会社が自治体と結んだ「原子力安全協定」に基づき、地元の了解も必要。福井県知事は耐性評価だけでは十分でないと反対している。
by nonukes | 2012-01-19 11:55 | 脱原発大分ネットワーク | Comments(0)

  小坂正則