ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

佐賀県庁前でも座り込みを始めた仲間を応援しよう!

d0174710_21445380.jpg


佐賀県庁前での座り込みにどんな意味があるのかって?

そんなことは私にも分かりません。でも、黙って佐賀県議会の議員に玄海原発の再稼働の審判を任せるなんてことは私にはできません。なぜって、それでは福島原発事故の責任が東電にあるのはもちろんですが、その運転をこれまで何の疑いもなく、チェルノブイリ事故を経験したことも忘れて、運転を認め続けた県知事や県議会の議員に何の責任もないのでしょうか?私は東電の社長に会ってやらないと憤慨している福島県知事の間抜けな映像を見るたびに「おまえも東電の社長と同罪だ」とテレビに向かって叫んでいました。「プルサーマルの運転も何もかも全てをお金のために認め続けた知事と議会も東電と同罪ではないか」と私は言いたいのです。
それはちょうど戦後の民主化で1億総民主主義者のような顔をして戦争責任を追及しなかった、この国のお人好しの私たちを見るようです。もっと怒らなければ!もっと責任を追及しなければ!必ず悪いやつがいるはずです!必ず責任者はいるんです。
だから佐賀県議会でもそのことを県民がもっと主張すべきだと私は思っているのです。そんな県民の思いを議会にぶつける意味でも座り込みは有効です!少なくとも「私は運転再開を認めない」という意思表示だけはできます。事故があった後では遅いのです。

県庁前で1人で座っているなんてかわいそうじゃないですか

私は明日は昼間は講演ですから夕方から参加します。そして翌日には帰らなければ仕事がありますから、それ以上は無理です。議会中の2日と3日はちょうど講演と仕事と、補助金申請の締め切りと仕事を積み残しているので佐賀へは行けません。誰か佐賀県民で座り込みに参加して頂ける方はお願いします。あなたの意志を表しましょう!そして佐賀県民以外の方も参加しましょう!佐賀県民だけの問題ではありません。玄海原発が事故れば福岡市は死の灰が降り積もる放射能汚染地区ですよ。天神でショッピングなど二度とできませんよ。

佐賀県議会の結論がいかに重要かを理解してください

いま玄海2号に3号、川内1号が止まっています。それに対して、何とか九電の社長は運転再開を狙っています。実はこの運転再開は九電だけの問題ではないのです。関電も四電も東電も実は九電を突破口にして何とか、運転再開をめざしているのです。「九電は電事連の青年将校だ」これは私の九電評です。プルサーマルもそうでした。九電は電力業界では急進主義の危険分子なのです。だからこの青年将校を何とか思いとどまらせて、夏を乗り切れば大きな可能性も生まれるかもしれないのです。
だから私は最初で最後のこの夏のチャンスにかけているのです!
皆さんの支持と支援をお願いします。とにかく佐賀県庁に集まりましょう!

連絡先 090-1348-0373(小坂まで)
Commented by 吉盛 信行 at 2011-05-28 00:28 x
一人の力が大きい波になる予感します頑張って下さい応援します
Commented by nonukes at 2011-05-28 00:36
吉盛 信行様 ありがとうございます。1人ででも行動する人でなければ結局、その人は何もできませんね。仲間は多い方がいいに決まっていますが、最後は1人です。そんな1人1人が集まった集団が一番強いのだと思います。
Commented by 濱本 緑 at 2011-05-28 17:05 x
同じことをTVに向かって叫んでました。現在神戸在住ですが、主人の里は長崎です。座り込みに行けませんが、心から応援します。日本の原発が全て廃炉になるまで、自分たちの生き方の根本の変革を問いつつ応援します。
Commented by nonukes at 2011-05-28 17:12
濱本 緑様 心強い応援ありがとうございます。これから佐賀に行ってきます。佐賀の様子はリアルタイムに流します。もっともっと多くの方が関心を持って、そして行動することで原発は必ずとめられます。もう一押しです。諦めずに粘り強くたたかいましょう。九電の中にも同調してくれる職員の出てきつつあります。どちらの言ってることが正当かは、誰が見ても分かります。もう少しで内部崩壊が始まります。九電の職員からポツポツと私へ激励を受けるようになってきました。彼ら電力会社のまじめな職員のためにも頑張りましょう!
Commented at 2011-05-29 20:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 濱本 緑 at 2011-06-09 08:41 x
小坂様、5/28にコメントした濱本です。玄海町長が運転再開を容認したようですが、遠くに居るわれわれのような脱原発を希望する者は、どのように小坂様たちと共に反対したらよいのでしょうか?抗議文を送るなどどこへ送ると有効なのでしょうか。主人の父は長年五島で漁師をしておりました。海水温が高くなって魚の獲れ方が変化してしまったと言ってます。地球温暖化で仕方なしと思ってましたが、原発が高温の河を絶えず流していると知りました。玄海町付近だけの問題ではないのに小さい町の財政問題で左右される理不尽さを痛感いたします。取りあえず6月11日は神戸のアクションに参加しパレードします。
Commented by nonukes at 2011-06-10 08:54
濱本 緑様メールありがとうございます。玄海町長は原発交付金中毒患者です。気にする必要はありません。お金しか目にないのです。原発と心中したいのでしょう。それよりも玄海町の町民や周辺の住民への呼びかけなどが重要だと思います。個別ビラ入れや戸別訪問行動を今後やる予定です。また市長や市議会への防災の見直しの申し入れなども有効かと思います。九電の営業所へ電話するのも効果がありそうですよ。あなたの思いを周りの人に伝えることが一番大事だと思います。ただ、あまり浮き上がってしまうとかえって敬遠されるかもしれませんので、そこは丁寧に話しかけましょう。以上、偉そうなことを言って申し訳ありませんが、何かの参考になれたらうれしいです。(小坂)
by nonukes | 2011-05-27 22:16 | 原発とめよう!九電前ひろば | Comments(7)

  小坂正則