ブログトップ

小坂正則の個人ブログ

手を取り合って原発なしでも生き延びていこう

                           小坂正則
マグニチュード9.0という破壊的な東北大地震と、それに伴い引き起こされた福島原発事故。全てが想像を絶する災害だが、私たちは自然の恐ろしさを目の当たりにした。地震を防ぐことはできないが、地震による被害を最小限にすることは可能だった。世界一の地震国に住む我々には、できるだけ災害を最小限に食い止めることはできるはずだった。
ところが、原発の放射能汚染事故は私たちの手には負えない災害だ。だから私たちは「電気ぐらいのために命をかけるのはバカげている」と、これまで繰り返して訴えてきた。それも私たちはチェルノブイリ原発事故以来25年間にも渡って。
しかし、私たちの力不足で既存の原発を1基も止めることはできなかった。そればかりか、それまで原発の寿命は16年から20年と言われていたものを電力会社の都合のいいように次々と寿命を延ばして、40年から、今では当初の3倍の60年もの長期間運転するとウソぶいている。
そんな電力会社や国のいいなりになって、ごまかされてきた私たち国民だ。それが今回の事故はチェルノブイリ原発事故の次に大きな事故である、今回の福島原発事故という史上2番目の事故を経験した私たちは、これ以上国と電力会社にだまされてはならない。「たかが電気のために命と引き替えにするな」と叫ぼうではないか。

今こそ原発是非の議論を深めよう

私たちの生命を守るために私たちは選択しよう。「生命をかけても電気がほしいのか」それとも「電気よりも生命を大切にしたい」のかと。この選択は私たちの価値観と民主主義の瀬戸際の選択だ。これまでこんな本質的な議論を曖昧にして、生ぬるい社会で何となく生きてきた。だから、ヨーロッパに比べて日本はエネルギー政策の議論が行われてこなかったのだ。
また、全てを政治家に委任してきた私たちの責任も大きい。それをうまく利用した政治家や労働組合の幹部たち(連合などというエセ労働組合の幹部)は電力会社と結託して自分たちの利益のために私たちの生命を犠牲にしてまでも金儲けをしたいと願っていた。だから原発は作り続けられてきた。

エネルギーは電気だけではない

「原発がなければ電気が足りなくなる」とか、「電気の30%は原発だから原発がなかったら電気は足りなくなる」という恫喝を原発推進派や電力会社に脅されたら「やはり原発や嫌いだけど仕方ない」と思っている国民は多い。しかし、そのこと自体がだまされている。確かに原発を止めれば一部には足りなくなるだろう。しかし、それはほんの数時間に過ぎない。しかも昼間の数時間に過ぎない。それ以外の時間は電気は足りるし、仕組み次第で電気を節約すればどうにでもなる。また、夏場の電気は足りなくなっても、みんなでいまある電気を分かち合えばいい。それにエネルギーは電気だけではない。薪ストーブのまきもエネルギーだし太陽熱温水器を使えば電気温水器の電気を使わなくてもいい。電気でしかできないことには電気を使い、お湯を沸かすことなどはガスや太陽熱を使えばいい。オール電化などという電力会社のウソにだまされてはいけない。私たちが行っている木質バイオマスなどは森林資源を活用して山を再生して雇用を生み二酸化炭素も削減できるのだ。(詳しくはHP)を見てほしい。

原発推進派は頭をまるめろ

これまで大学教授など学者という看板を盾に、願発推進派の御用学者たちは「原発は安全で破局的な事故は絶対に起きない」と私たちと論争してきた。チェルノブイリ事故後は「日本の原発は絶対あのような放射能を外部に漏らすような事故は起こらない」とウソぶいてきた。それがこのざまだ。もう国民の多くはあなた方のウソにだまされないだろう。彼らにひとかけらの良心でもあるなら、国民の前でこれまでの説を謝り、教授職を辞することぐらいの責任は取るべきだ。それができないならせめて頭をまるめろ。

自分たちの住む電力会社へ全ての原発を止めるように要求しよう

あなたの管内の電力会社に「今すぐ原発を止めて点検をしろ」とか「大地震のくる前に原発を止めて」という要求を突きつけよう。みんなで一緒に行ってもよいし、一人でもできる。あなたの近くの反原発団体のホームページを見れば連絡は取れるだろう。そして私たちの生き延びるために、あなたの子どもや孫のために行動を起こそう!あなたの住む近くの原発が福島原発の二の前になる前に。
いま、私たち反原発の団体や脱原発団体は統一行動を起こそうと連絡しあっている。でも、何も一緒にやらなくてもいい。あなたの意志を電力会社に国に届ければいいのだ。同じ目的と同じ意志を共有して共に立ち上がろう!!
Commented by 平和 at 2011-03-19 22:53 x
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13894075
上記でベンジャミン フルフォードさんが東日本大震災の真相について、命がけで糾弾しています
きくち ゆみさんとお仲間の皆さん これは事実ですか!
Commented by nonukes at 2011-03-21 12:13
こんなデマを流してはなりません。全くのインチキ!広瀬隆氏や原子力資料情報室などの科学的な論評までが一緒くたにされてしまいますよ。デマということは誰でもちょっと見れば分かりますが‥。
Commented by マットウくじら at 2011-03-22 08:25 x
原発に重大な不具合があると判った後、直ちに気象庁が今まで使用してきたマグニチュードスケールをモーメントマグニチュードに変更して9.0にし「想定外」としました。(おまけに優秀な日本の測定器が何箇所かで破損?という奇妙な事も間髪入れずに発表されました)
原発の事故を簡単に「想定外」にして、致し方無い事もあるとした人を小馬鹿にしたような発言は、許せないですね。
原発推進者名簿を作るのも急務の一つです。
Commented by nonukes at 2011-03-22 10:36
マグニチュードの改ざんの可能性を広瀬隆氏も話しているそうです。そのことは十分考えられますね。信用できるのはこれまでの発言が正しかった人の発言だけです。原発推進のエセ学者やタレント弁護士や自称経済評論家勝間和代先生など紙くず以下です。
by nonukes | 2011-03-13 16:18 | 脱原発大分ネットワーク | Comments(4)

  小坂正則